コミヤマスミレ  卵型の葉がびっくりするくらいきれい

スポンサーリンク

延岡市北方町から五ヶ瀬町までの6つの峠を結んだ延長57kmの林道が六峰街道です。

標高が高い峰を結んでいますので、とても眺めのいい林道です。

 

この林道の途中で小さな沢があったので登ってみました。

するととっても綺麗な葉のスミレがありました。

葉は卵型で、分厚くて模様が入り、ビロードの布みたいです。

f:id:tonji44:20190505094118j:plain

このスミレがあった沢です。

f:id:tonji44:20190505094223j:plain

岩陰にあってとても感じがいいです。薄暗く日が当たらないところが好きみたい。

f:id:tonji44:20190505094454j:plain

f:id:tonji44:20190505094510j:plain

その付近にあちらにもこちらにもありますが、葉は全部斑入りの卵型。

大きさはこのくらい。

f:id:tonji44:20190505094529j:plain

花は葉に比べて目立ちません。

f:id:tonji44:20190505094714j:plain

帰って友人に写真を送って名前を教えてもらいました。

コミヤマスミレ。

一番の特徴は、下の写真で分かるように萼片(がくへん)が反りかえっているところだそうです。

そこが、似ているフモトスミレとの違いのようです。

そして、毛が多いのも特徴のようです。これはぴったりコミヤマスミレ。

 

f:id:tonji44:20190505094556j:plain

だけど図鑑等で見てみましたが、こんなに綺麗に揃った卵型は載っていませんでした。

f:id:tonji44:20190505094750j:plain

 

そういうことで、このスミレに私が付けた名前「六峰卵葉コミヤマスミレ」