宮崎の野鳥

チョウゲンボウ もうやってきました。

田んぼにシギ・チドリなどを探しに行きましたら、シギやチドリはいなくて、チョウゲンボウが電柱に止まっていました。 もうやってきました。 気の早いチョウゲンボウ。 何か草むらで動くものを狙っています。 狩りは成功?失敗? 何か虫を口にくわえています…

コオバシギの子供の羽には、サブターミナルバンドがあります。

広い休耕田にシギが1羽。 トウネンやヒバリシギよりは一回り大きいシギです。 なんだか背中の色がとても素晴らしいです。 銀色っぽくくすんだ輝き。渋い! 下の写真、脚の色は黄緑色。 ということはコオバシギのようにあります。 他のシギと一緒なら大きさで…

コブハクチョウ

宮崎市の北部の川口です。 その川口には入り江が出来ていて、池のようになっています。 シギやチドリの休憩地にもなっています。 そこに行きましたら、大きな白いものが浮いていました。 オオハクチョウかと思いました。 首を水の中に突っ込んでしきりに餌を…

ヒバリシギ

水が張られた広い田んぼの向こうに、大きいシギや小さなシギが動いていました。 双眼鏡で見てもなかなか種類が分かりません。 暫く待つことにしました。 10分くらいしたら、一番小さなシギが10羽位こちら側にエサを食べながら近づいてきました。 とても小さ…

アカアシシギ 

アカアシシギが立ち寄っていました。 幼羽から冬羽に換羽中でしょうか。 まだ足が赤くて綺麗です。 アカアシシギも今から南下します。

トウネン 当年生まれみたいに小さなシギ

シギや千鳥でも大きさは千差万別。 サギ位大きいダイシャクシギもいるかと思うとスズメ位の大きさのシギもいます。 きょうのシギはそのスズメ位の大きさのシギのトウネンです。 今年生まれのように見えるシギ。 当年生まれのようにみえるシギ。 だからトウネ…

これはアカヤマドリのオス?

山への行き道では、コジュケイの家族に会いました。 帰り道は夕方になっていました。 また何かに会えるかなと思いながらゆっくり走っていると、道路脇に動くもの1羽。 コジュケイではありません。 今度は大きくて姿勢がいいのです。 だけどそこは1車線の狭い…

コジュケイは大家族

宮崎はぐずついた天気が続いています。 小雨の中、山の方に行ってみました。 山に続く道を走っていると、道路に動くもの。 ハトくらいの大きさなのでキジバトかと思いました。 双眼鏡で覗いたらコジュケイでした。 チョットコイ、チョットコイと鳴くコジュケ…

ハヤブサがやってきました。

もうそろそろシギ類やチドリ類が渡ってきているかもしれないと思って、小雨の中川口や田んぼを回ってみました。 しかし、ソリハシシギなど少し見ただけでした。 本格的なシギチの渡りはもう少し先でしょうか。 そんな中、田んぼの電線に大きな鳥が2羽。トン…

クロツグミが餌を咥えていました。

宮崎県の西の方のえびの市、そこの山から車で下りてきていたところ、道路脇の枯れ葉が積もった中で何かが動いていましたので車を止めました。 冬になるとシロハラがそういう行動をしますが、今は夏、そしてその動くものは黒い。 望遠レンズで撮影しました。 …

ハヤブサ  1年中いるみたい。

うだるような暑さとはこのことかというような毎日です。 そんな日の早朝「今ならハヤブサが止まっているから見られる」 と電話を貰いました。 駆けつけてみるといました。 青空に突き刺さるように建っている高い高い鉄塔の上。 この鉄塔は宮崎市の大淀川を渡…

「浜千鳥」 親にはぐれたダイゼンの子

『浜千鳥』 鹿島鳴秋作詞・弘田龍太郎作曲 青い月夜の 浜辺には 親を探して 鳴く鳥が 波の国から 生まれでる 濡れたつばさの 銀の色 夜鳴く鳥の 悲しさは 親を尋ねて 海こえて 月夜の国へ 消えてゆく 銀のつばさの 浜千鳥 川口の砂浜に行きました。 一羽のダ…

ブッポウソウは子育て中

赤い橋のところに毎年やって来るブッポウソウ。 通りがかったので寄ってみました。 餌をもっていました。今から巣に運ぶようです。雛が孵ったのでしょうか。 何の虫でしょう。拡大してみます。う~ん、分かりません。 エサを探して、忙しそうに飛び回ってい…

ヒクイナの赤ちゃんは「真っ黒くろすけ」

小雨が煙る中、田んぼに行ってみました。 田んぼではもう稲穂が垂れている所があると思えば、まだ植えたばかりの田んぼもありました。 少しだけ稲が育った田んぼの端にヒクイナがいました。 左の草の方をずっと向いていると思ったら、草の中に真っ黒な頭。 …

イヌワシ  宮崎県に11年以上住んでいました。

大雨が降り続く中で、写真の整理をしていたらイヌワシが出てきました。 宮崎県に、私が知っている期間だけでも11年間住んでいました。 今ではあまり知る人もいなくなりました。 忘れられてしまうのはイヌワシがかわいそうな気がしますので、ここに書いて一人…

バンの子無事誕生

23日にバンの巣のことを書きました。 その時は抱卵中でした。 池の近くに住むNさんから「行ってみたら1羽は巣の中で抱卵中。もう1羽が雛2羽を連れて泳いでいる」というメールが来ました。 それでバンの雛を見に行ってきました。 巣は空っぽになっていました…

クロハラアジサシ ちょっと立ち寄って餌の補給

一ツ瀬川の中州に40羽位のアジサシ類が来ていました。 旅の途中の休憩です。 クロハラアジサシが殆どでその他アジサシ、コアジサシ、ハジロクロハラアジサシが少しづつ。 クロハラアジサシは餌取りに夢中です。 皆で砂州に下りました。 だけど遠すぎてよくわ…

バン  始めて見たバンの巣

村はずれにある小さな溜池。 周りは田んぼ、そしてその向こうに人家があります。 溜池の堤には遊歩道が作ってあって、1周できます。 その池にはヒシがいっぱい。 ヒシの花です。 その池にはカイツブリ家族5羽とバン1羽がいました。 バンは最近あまり見なく…

コアジサシ 川の中流の中州に

昨年の6月2日のブログは「コアジサシ~夏はやっぱりコアジサシ」でした。 海岸の砂浜に100羽以上のコアジサシが群れていて、集団で沖に行って魚を獲ったり、戻ってきたり賑やかでした。 ところが今年は・・・。 最近の鳥仲間の話題は「今年はコアジサシが来…

ツバメのヒナの大きな口

国道沿いの道の駅の建物の軒下。 ツバメが巣を作っていました。 ヒナが見えます。 まだ白い産毛も残っています。 親が近くに来ました。 大きな口を開けるが勝ち。 夫婦で子育て、どこも大変。

アオサギ 雛が孵っていました。

5月22日に、大きな池の対岸でアオサギが巣作り中の写真を載せました。 その後どうなったのかなと思って見に行ってみました。 向こうに見える3本の木で巣作り中でした。 雛が孵っています。親が見守っています。 そこをもう少し拡大。可愛い雛です。 下は別の…

シジュウカラが巣立ちました。

家の庭のクロガネモチに懸けている巣箱で抱卵していたシジュウカラは、6月5日水曜日に巣立ちました。 巣箱に来てから39日目でした。 巣立った日の朝は、親鳥が餌を咥えてきては巣箱に入らずに、鳴きながら巣の周りをうろうろしていました。 ヒナが時々巣箱か…

サンコウチョウのメス

月日星ホイホイホイと鳴くサンコウチョウのことは、昨年5月16日に書きました。 その時出会ったのはオスのサンコウチョウでした。 今回運よくメスに出会いました。 メスはオスに比べると地味です。しっぽも短いです。背中が茶色っぽい。 だけどアイリングはオ…

トラツグミ ブランコみたいな鳴き声

昨日早朝、山道を走っていると道の真ん中に佇む鳥がいました。 ヒヨドリくらいの大きさです。 落葉と同化して色がよくわかりません。 真中に右向きでいるのですが。 拡大してみます。これがトラツグミです。 この後すぐ右の森に入ってしまって、しばらく待ち…

コチドリ

海を見ていました。 向こうに青島が見えて、こちらではサーフィンをしています。 砂浜から一段高くなった松林との間は砂地に草が生えています。 そこを歩いているとけたたましい鳥の声がしました。キッキツキー、キッキツキー 近くにタカがいるのかと思いま…

キョウジョシギとメダイチドリと・・・

宮崎も夏が近づいてきました。 川口には川に入って魚釣りする少年。 その手前の岸右側にキアシシギ。 のんびりとした風景です。 満ち潮です。 釣りをしている少年の近くに、鳥が何羽も飛んできました。シギのようです。 他の所にいたけど、満ち潮で陸がなく…

ブッポウソウ 連続3つの橋にペア

延岡から高千穂に向かう国道218号線は神話街道と呼ばれています。 2車線道路でとても走りやすい気持ちのいい道路です。 途中橋がたくさんあります。一番有名な橋は青雲橋です。その高さはなんと137mもあります。びっくりする位の高さです。 暑いので車の窓…

シジュウカラの巣箱のその後

わが家の庭の木に懸けてあるシジュウカラの巣箱では抱卵中です。 宮崎も昨日から暑くなりました。 日中は真夏みたいです。 そのせいか、巣箱からメスが時々顔を出して1分くらい外を眺めています。涼んでいるのかもしれません。 ヒナはまだ孵っていないようで…

アオサギ 巣作り中

宮崎市のとっても大きな池です。 その池の堤の対岸の木にアオサギが営巣中です。 対岸ですから人は近づけません。 大きな木の途中に、枯れ木の枝を持ってきて大きな巣を作っています。 500ミリの望遠レンズで堤の上から撮ったのをトリミングしています。 こ…

今年もブッポウソウがやってきました。

毎年やって来る赤い橋。今年ももう来ていました。 幸せの青い鳥。 橋の上側と下側のケーブルに1羽ずつ。まだ抱卵はしていないようです。 下の写真が川下のブッポウソウ。A個体とします。 そして下が川上に止まっていたブッポウソウ。B個体とします。 ペア…