絶滅危惧種

広い葦原の上を・・・

広い葦原がありました。 その葦原の上の遠くを飛ぶ白っぽい鳥。 ハイイロチュウヒのオスです。 今季初めて見ることができました。 だけど遠い。 こっち来てという私の願いもむなしく、葦原に下りてしまいました。 近くで見たかった。 だけど見れただけでも幸…

カリガネがやって来ました。

カルガモと一緒に泳いでいるのはカリガネです。 カリガネはなかなか見ることができない鳥です。 遠くで寝ていたのですが近づいてきました。 こんなに近くで見られて幸せです。 この後遠くに行って、寝てしまいました。

枯草色のホオアカ

畑の脇にスズメくらいの鳥が1羽。 草に同化しています。 群れていないのでスズメではなさそうです。 双眼鏡で見たらホオアカでした。 ホオアカはいそうでなかなか出会いません。 ホオジロに対してこちらは頬が赤い・・・栗褐色というのでしょうか。 小さな…

早くも満開、ヒュウガオウレン

ヒュウガオウレンの花が満開だよと教えてもらって、見に行ってきました。 家から2時間かけて。 小さな川沿いの杉林です。 見事に満開。 今年が今まで見た中で一番花が多いように感じました。 こんなに小さいのです。 座り込んで花を見ながらぼんやりしてい…

突然車の前にハイタカ

小さな川沿いの堤防道路を、小鳥を探しながら車でゆっくり走っていました。 するとその川にいたカモたちが突然飛び立ちました。 何事かと思っていると私の車の前にタカが舞い降りました。 舞い降りたというより突進してきて止まった感じでした。 私はとっさ…

チョウセンイタチがすぐ近くに来ました。

大きな森のはずれに小さな池がありました。 夏は蛍が飛び交う池です。 その池の脇で、小鳥たちが水飲みに来るのを待ってカメラを構えていました。 暫くして左手のすぐ近くに何か気配を感じました。 びっくりしてカメラを向けましたが近すぎ! 少しづつ近づい…

尻尾のないオオタカ

池の対岸の木にタカらしき白っぽい鳥が止まっています。 随分遠いです。 双眼鏡で見るとなんだか変な鳥。 だけどよく見るとオオタカのようです。胸が横斑。成鳥です。 尻尾が短い。というかないような感じです。 どうしたのでしょう。 こんなオオタカ初めて…

チュウヒ 大陸型成鳥

川辺の木に大きな鳥が止まっていました。 ミサゴかノスリかチュウヒかオオタカか? 背中の羽がきれいですねえ。 チュウヒでした。 チュウヒの大陸型と呼ばれている成鳥のようにあります。 腹の方は見えませんでしたが、見た人によると白っぽかったそうです。…

オオタカ 雨に濡れた後

葉の落ちた大きな木の真ん中付近に鳥が止まっています。 なんだか羽と尾を広げています。 つい先ほどまで雨が降っていましたから、羽を乾かしているようです。 この目つきの鋭さ、オオタカのようです。 胸が縦縞ですからまだ幼鳥です。 枝の間から見る目はと…

ツクシガモがやって来ました。

海の近くの大きな池。 クロツラヘラサギを数えていたら、その向こうにツクシガモが到着していました。 今年は飛来が遅いようにあります。 だけど今から続々と到着するかもしれません。 ツクシガモは以前はとっても珍しいカモでしたが、宮崎では近年飛来数が…

マルバテイショウソウ

マルバテイショウソウ咲いていると教えてもらいました。 小さな川が流れている脇の林道の土手です。 川のせせらぎの音が聞こえます。 マルバテイショウソウはとても写真にとりにくい花です。 葉は地面近くにあって、そこから細い花茎が普通50センチ以上に…

イヌセンブリ

今年もイヌセンブリを見ることができました。 なかなか見られない植物ですので心配していましたが、立派に花を沢山つけていて安心しました。 よく見ると。独特の色をしています 来年も会いに行きます。

クロツラヘラサギとヘラサギがやって来ました。

毎年やって来るクロツラヘラサギがやって来ました。 宮崎市一ツ瀬川の川口近くの池で羽を休めています。 クロツラ「コサギ君今年も宮崎にやってきたよ。よろしく」 コサギ「待っていたよ。賑やかになって嬉しいよ」 下の写真の右側はヘラサギのようです。体…

アリモリソウ

海岸のの杉林の近く、今年もアリモリソウが咲いていました。 30センチ位に伸びる花です。 小さな花でかわいいです。 葉です。 ここでは環境が変わっていくので、少しずつ少なくなっていくような気がします。 南方系の植物ですから、周りの木が少なくなって…

ツルシギが入り江の渚に

川口の入り江の渚に少し大きめの鳥が昼寝中。 脚が赤いから アカアシシギと思って写真を撮りました。 羽がきれいです。 帰って写真を拡大してみると、嘴の赤色の入り方からツルシギのようです。 アカアシシギなら嘴の上下が赤いはずですから。 これは下だけ…

キイレツチトリモチ

海風の吹く海岸林にキイレツチトリモチが出ていました。 まだ出たばっかりで初々しい。 シャリンバイの根に寄生していました。 今年も見ることができました。感謝!

ヒナヒゴタイを見に行ってきました。

今年もヒナヒゴタイを見に串間の草原に行ってきました。 咲いていました。ススキの中に。 背が高い。ススキに負けない。 なんだかちょっとうすぼんやりした色です。 満開。 葉にはトゲトゲがありません。 キタテハがやって来ました。 今年も思ったよりたくさ…

ヘツカリンドウの自生地 花弁が5枚と4枚

ヘツカリンドウの自生地に行ってきました。 昨年友人と一緒に見つけた大隅半島の自生地です。 丁度良い頃でした。 昨年は薄暗くなるころでしたので、ゆっくり見ることができませんでしたが、今年は谷川沿いの道を片道1時間くらいかけてゆっくり見て回りまし…

オオヒシクイとヒシクイのペア?

カモが少しずつ増えてきています。 どんなカモが来ているか見てみると、カモたちの中にとっても大きなカモがいました。 この大きなカモは?? ヒシクイでした。 やはりカモと比べたら大きくて堂々としています。 ヒシクイは宮崎にはめったにやって来ません。…

ヤッコソウ

朝早く山道を登りました。 小さな小川沿いの道は、木の間(このま)からお日様が道と川の水を照らしていました。 1時間位かけてゆっくり上って行ったら、目の前にヤッコソウがびっしりでびっくりしました。 今年は豊作! ここにも。 奴さんひとりひとりのか…

モミジバセンダイソウ  滝の植物

モミジバセンダイソウが咲いているよと教えてもらって行ってきました。 山道を登って滝に到着。 その滝の瀑布のすぐ横の両岸に咲いていました。 写真を撮ろうと近づくと水しぶきが懸る所です。 モミジバセンダイソウの花は何だか花が多すぎて、もじゃもじゃ…

キバナノツキヌキホトトギス

今年もキバナノツキヌキホトトギスの季節になりました。 いつも見ている場所で見た後、今回は教えてもらった初めての場所まで足を延ばしてみました。 どちらも車の中から見られるような道路端です。 と言ってもほとんど車の通らない道沿いです。 だけど車で…

オオクサボタン

見たいけどまだ見たことのない花、 オオクサボタンを見ることができました。 水が滔々と流れる渓谷沿いの土手でした。 時期的には少し遅いようですが、花が残っていてよかったよかった。 落葉の小低木です。1m位ありました。 県北の遠いところまで出かけた…

コキンバイザサ 公園の木の下に

コキンバイザサは小さな植物です。 地面からササの葉のような葉が出て、そこから花茎が出ています。 なかなか見られない花で、最初に見たのは都井岬の馬の通る丘でした。 今回、宮崎市の大きな公園の大樹の下に出ていました。こんな所にとびっくりしました。…

コシジロヤマドリとアカヤマドリの中間型

コシジロヤマドリとアカヤマドリの中間型かなと思う個体に出会いました。 10月28日のことです。 場所は日向市で、耳川とその南の石並川の中間付近の山です。 下の写真、腰の白い部分がまばらです。 以前私はコシジロヤマドリとアカヤマドリの境界を一ツ…

ヘラサギ

クロツラヘラサギが毎年やって来る池に、それらしいサギがいました。 最初やぶの中だったのでなかなか区別ができませんでしたが、写真を撮ってみるとヘラサギでした。 クロツラヘラサギは、嘴の黒と目が一体化していますが、ヘラサギは目が独立しています。 …

ツクシコゴメグサ  高千穂の植物

野原の土手に咲いていたツクシコゴメグサです。 とっても小さい。10センチ位。 葉があって光合成する植物としてはとっても小さい方だと思います。 葉も花も小さい。 花は7ミリ位。 米粒くらいの大きさです。 だから小米草。 小さいけど写真で引き伸ばした…

ノタヌキモ

クロハラアジサシが飛び回っている池の隣の池です。 浮草で池が覆われています。 緑の葉の上に小さな黄色の花がいっぱい。 いっぱいの葉はヒシの葉ですから、黄色い花とは関係がありません。 藻のようにみえるのが茎と葉です。 花の色と形は、高鍋湿原で見た…

サシバの渡り  金御岳(かねみだけ)10月4日

今年もサシバの渡りの時期になりました。 今日、金曜日朝早く出発して、都城市の金御岳に行ってきました。 着いたのは7時20分。 私が行く一番高いところはここ。 見下ろす都城盆地は少し靄がかかっていて、視界が余りよくありませんでした。 飛ぶ日は、着…

ホウキボシイヌノヒゲ

新富町の池に行きました。 水辺にホウキボシイヌノヒゲがいっぱい咲いていました。 全国でここ付近しかない独特のイヌノヒゲだそうです。 花序を包むように苞(ほう)がついています。この苞が国内のホシクサの中で一番長いのだそうです。ほうき星というのは彗…