絶滅危惧種

ベニイトトンボ 久しぶりの出会いです。

池の端っこの草の上に赤いイトトンボ。 リュウキュウベニイトトンボなら普通にいます。それなら複眼が緑です。 これはよく見ると複眼が赤い。 ベニイトトンボのようです。 ベニイトトンボにはなかなか出会いません。 嬉しい出会いです。 連結もいました。 拡…

ササバラン 小さなお猿さん

一昨日の土曜日、6月22日は夏至でした。 今から少しずつ日が短くなると思えば、ちょっと寂しい気持ちになりますが、いやいやそんな感傷に浸る気になれない「うだるような暑さの夏」が目の前に。 その一昨日は曇ったり晴れたりの日、一人で野山を歩いておりま…

ヒツジグサ 丁度未の刻(ひつじのこく)に開花しました。

ジュンサイの池にもう一つ水草が咲いていました。 ヒツジグサです。 ここで面白いことがありました。到着してすぐヒツジグサの花の写真を撮りました。 下の写真、花が開き切っていません。これが12時34分です。写真のファイルを調べればわかります。 この写…

ジュンサイの花

ジュンサイの花が咲いている頃だと思って行ってきました。 宮崎県の西の方の山手にある小さな池です。池の向こうは木が茂っていて近づけません。 付近にはぽつりぽつりと農家があります。 この池のジュンサイは栽培ではなくて自然のジュンサイです。 自然の…

コアジサシ 川の中流の中州に

昨年の6月2日のブログは「コアジサシ~夏はやっぱりコアジサシ」でした。 海岸の砂浜に100羽以上のコアジサシが群れていて、集団で沖に行って魚を獲ったり、戻ってきたり賑やかでした。 ところが今年は・・・。 最近の鳥仲間の話題は「今年はコアジサシが来…

深い森の中、ダルマエビネが咲き始めていました。

雨上がりの日、リュックにペットボトルの冷たい水を入れて、熱帯雨林みたいな湿度の高い森に分け入りました。 去年ダルマエビネを見た森です。 去年見たのはどこだっかか、目印をつけていないのでなかなか辿り着けませんでした。 そして苦労の末やっとダルマ…

ヒメコウホネにクロイトトンボ

延岡市北川町の家田湿原に行ってきました。 真中を流れる小川にはヒメコウホネがたくさん咲いていました。 水量が豊富で、藻が繁茂しています。水底からスーッとヒメコウホネが伸びてきて、真ん丸の黄色い花を咲かせています。 そのコウホネの1本にイトトン…

ハマボウフウ 砂浜に落ちているカリフラワー

波打ち際から少し陸側に行くと草地になります。 そこは海浜植物の生育地。 こんな花がありました。 ハマボウフウです。 浜防風と書きます。風を防ぐ? 一説には、この花が砂浜に深く根を下ろして葉を広げ、砂が風で飛ばないように頑張っているとか。 砂浜の…

チョウジソウの自生地に行ってきました。

全国的に絶滅が心配されている植物の一つです。 今回私が行ったところは数少ない自生地ですが、荒れ野で、ほかの植物がいっぱい繁茂しており、ここも危機的な状況でした。 時期が遅かったのか、花はほんの数えるほどでした。 植物自体は80センチ位の背丈です…

サンコウチョウのメス

月日星ホイホイホイと鳴くサンコウチョウのことは、昨年5月16日に書きました。 その時出会ったのはオスのサンコウチョウでした。 今回運よくメスに出会いました。 メスはオスに比べると地味です。しっぽも短いです。背中が茶色っぽい。 だけどアイリングはオ…

ハタザオ  芯の強い人

海岸近くの草原の中に全く目立たない植物がありました。 どうしてこんなにひょろっとしているの思うくらい長い茎と花穂。 そして小さな花。 どこからどこまでが植物かわかりにくいですから、一番高い所と根元に赤い矢印をつけてみました。 「長いですねえ、…

トラツグミ ブランコみたいな鳴き声

昨日早朝、山道を走っていると道の真ん中に佇む鳥がいました。 ヒヨドリくらいの大きさです。 落葉と同化して色がよくわかりません。 真中に右向きでいるのですが。 拡大してみます。これがトラツグミです。 この後すぐ右の森に入ってしまって、しばらく待ち…

ツチアケビ 秋にはウインナーソーセージ

雨模様の日が続いています。 気象庁は九州南部が5月31日梅雨入りしたと発表しました。 そんな中、落葉の多い近くの森にツチアケビを見に行きました。 ランの花です。 だけどこれも葉がありません。菌従属栄養植物です。 ナラタケ属の菌糸を取り込んでラン菌…

ナミキソウとコナミキ 波が来るところに

宮崎県北の海岸で、ナミキソウとコナミキを見てきました。 今までなかなか花と時期が合いませんでしたが、今回は丁度良い頃でした。 タツナミソウ属の海浜植物です。 だけど生えている環境が少しだけ違いました。 ナミキソウは砂地。コナミキは海岸の荒地と…

コクワガタ  昆虫ではありません。植物です。

宮崎県北部の標高の割と高い山の中.。 杉が植林されている林で、陽はほどほどに当たる斜面でした。 コクワガタがところどころに咲いていました。 昆虫のコクワガタは子供がよく遊んでいましたが、植物にもコクワガタというのがあります。 高さは20センチ位。…

今年もソハヤキトンボソウが咲いていました。

祖母・傾・大崩ユネスコパークのゾーン内の山の中腹、今年も行ってみました。 去年よりたくさん咲いていました。よかった~。 なくなるのではないかと心配です。 上の4本を、2本ずつに分けて撮っててみました。 独立した1本です。 高い崖の上。 花の拡大です…

エビネ 北のエビネと南のエビネ

宮崎県の北の六峰街道と、南の霧島山系に行きました。 両方とも標高千メートル位の車で行ける所です。 両方でエビネを見ました。 エビネといっても色が違うなあと思いました。 まず下の写真は六峰街道のエビネ。 次に霧島山系のエビネ。上に比べて色が濃いで…

ブッポウソウ 連続3つの橋にペア

延岡から高千穂に向かう国道218号線は神話街道と呼ばれています。 2車線道路でとても走りやすい気持ちのいい道路です。 途中橋がたくさんあります。一番有名な橋は青雲橋です。その高さはなんと137mもあります。びっくりする位の高さです。 暑いので車の窓…

ラショウモンカズラ 切り落とされた鬼女の腕

沢沿いを歩いていると、ラショウモンカズラがたくさん咲いていました。 なかなか出会える花ではありません。 何年振りかに見ることができました。 唇弁の色が鮮やかです。 白に赤い紋様。 これがラショウモンカズラと名前の付いた所以です。 切り落とされた…

野生のガンゼキランを見ました。

ガンゼキランはあちこちの家の庭に植えられています。 しかし、常緑樹林に生えているという野生のガンゼキランを見るのは至難の業です。 というのがこのランは体が大きいし、花も大きく黄色で目立ちますから、見つかってしまい、掘られてしまうのです。 その…

マメヅタランの花 大きな木に着生

マメヅタランというのは、大きな木とか岩などにくっついいている着生ランです。 なかなか見ることができない花です。 今回、家から車で1時間半以上走った山の方の木に着いているのを教えてもらって、見ることができました。 それも手の届くようなところにも…

レンリソウ  連理の枝のような夫婦

レンリソウが咲いていました。 レンリソウのレンリとは何でしょう。 「連理の枝」という言葉があります。 結婚式の祝辞などでも聞きます。 「順境にあっても逆境にあっても、連理の枝のように、二人寄り添い支えあって生きてください・・・」という風に。 連…

今年もブッポウソウがやってきました。

毎年やって来る赤い橋。今年ももう来ていました。 幸せの青い鳥。 橋の上側と下側のケーブルに1羽ずつ。まだ抱卵はしていないようです。 下の写真が川下のブッポウソウ。A個体とします。 そして下が川上に止まっていたブッポウソウ。B個体とします。 ペア…

ユキザサ  雪の笹・・・いい名前を貰いました。

六峰街道に車を止めて脇の小道を入ったら、きれいな花に出あいました。 ひょっこり出会うとうれしいものです。 これは開き始め。 2~30センチ位の背丈です。 ユキザサは雪笹です。 花が雪のように白く、葉がササの葉に似ているからだそうです。 運よくいい名…

サクラスミレ  華やかなスミレ

土曜日に諸塚村、高千穂町を大学生の孫と巡ってきました。 その時標高の高い草原で見たサクラスミレです。 以前はたくさんあったのですが、今年はほんの数株しかありませんでした。 花が大きいそうですが、びっくりするほど大きくはありません。 だけど花が…

ウスギムヨウラン   ムヨウ・無葉・葉が無い。

ウスギムヨウランとは薄黄無葉蘭・・・薄い黄色の花が咲く、葉の無いランです。 それが咲いているという林の中を探して回りましたが、何しろ葉がなくて細い茎が30センチ位伸びたひょろっとした植物です。なかなか見つからなくて帰ろうとしていたら、偶然友人…

ルイヨウボタン 花ではなく葉がボタンに似ています。

これも六峰街道で出会った植物です。 ハシリドコロと同じ森にありました。 なかなか出会わない珍しい植物です。 そこにはたくさんありました。花が咲いているのはところどころ。 背丈は70センチ位。結構背が高いです。 花のように見えるのは萼片です。花の直…

ハシリドコロ 食べたら幻覚が来て走り出します。

六峰街道の植物です。 林の中にこんな植物がありました。 左の黒っぽい花を2個付けた植物です。 これは全長30センチ位でした。 この黒っぽい花。 ハシリドコロという植物です。 名前が面白いですが、トリカブトと同じように猛毒植物です。 全草が猛毒ですが…

クロフネサイシン よく見ないと花が分かりません。

高千穂町の林道を登って、クロフネサイシンを見てきました。 見たのは10年近く前ですから、今でもあるのかどうか確認したかったのです。 やっとそこに到着して、前見つけた時と同じように橋の上から双眼鏡で川岸の岩をのぞきました。 葉がありました。真中の…

ヤマシャクヤク 誰にも知られていない山で

連休で宮崎県の北部、日之影町、高千穂町、五ヶ瀬町を回りました。車中泊しながら。 ヤマシャクヤクの咲いている山へも行ってきました。 静かな山です。時々カケスのうるさい声がしてびっくりするくらい。 いっぱいありました。あちらにもこちらにも。 今、…