絶滅危惧種

ウスキキヌガサタケ 見事な黄色のレース

森の入り口に着いたのは午前9時を少し回ったころでした。 入り口から中に入ろうとするとそこにびっくりするようなもの。 一目見てわかります。 ウスキキヌガサタケ。15センチ位。 朝早くからこんなのに出会うなんて縁起のいいこと。 ウスキキヌガサタケはど…

ハヤブサ  超高速で追っかけっこ

日向灘に流れ込む大きな川の左岸砂浜で、鳥がいないか波打ち際を見ておりました。 すると頭上でキッキッキッという鳥の鋭い声。 その直前、田んぼで会った友達から「さっきハヤブサを見ましたよ」と聞いていたので それがハヤブサの声とわかりました。 声の…

タコノアシ  蛸が ゆで蛸になります

渡り途中の鳥を見に砂浜に寄りました。 その途中、もうすぐ砂浜というところに水が湧き出ているところがありました。 そこに生えていたのがこのタコノアシ。 大きいのは私の胸の高さぐらい。 花は小さくていくつもついています。地味ですねえ。 蛸の足に見え…

ダイサギソウ  幻の野草

晩夏です。 家にいてもつくつくほーし 野原に行ってもつくつくほーし そう、野原に行ってきました。 そして幻の野草といわれるダイサギソウを見てきました。 ダイサギソウは晩夏に咲く花。 ダイサギソウってサギソウの大きいの? まあそんなとこです。 大き…

ヘラサギ   今頃ここで何をしているの

ヘラサギがいるよと友達に教えてもらったのは8月25日ですからもう1週間以上前です。 まだ滞在しているらしいという情報で、その田んぼに立ち寄ってみました。 コサギ、アマサギ、チュウサギの中1羽だけヘラサギが混ざっていました。 アマサギの隣。田んぼの…

ナンゴクカモメヅル クリーム色の小さな花

いつものことで山道を走っていて、車を止められそうなところがあれば止めて、その付近を見て回っておりました。 海岸からは随分遠い宮崎県南部の山の上の道です。 眼下に遠く家並みや道路が見えます。 入道雲が沸いています。 夏の間に何回「いい入道雲」に…

ヒナノウスツボ こんなに小さかった

8月5日にオオヒナノウスツボを書きました。 その時はヒナノウスツボを見ていませんでした。オオヒナノウスツボより少し小ぶりかなと思っていました。 今回白岩岩峰を下りる途中、小さな沢に寄ったら、ヒナノウスツボを見つけました。 うれしかったこと、うれ…

キレンゲショウマ 白岩山で一番人気

白岩山に登ってきました。 白岩山というのは宮崎県五ヶ瀬町にある標高1,620メートルの山です。冬の間五ヶ瀬ハイランドスキー場が開設されるのが隣の向坂山。登り口は一緒です。 登山口までは車で行きますが、ずいぶん高くまで車で上がれます。 車を置いたら…

カシノキラン 立派な花が咲いていた

私がいつも行く山のカシノキランは、すでに花が終わっているのですが、今時「花が咲いているよ」と教えてもらって半信半疑で行ってみたら、見事に咲いていました。 カシノキランというのはいわゆる着生植物で、木の幹などに着いています。主に樫の木に着くの…

モミジコウモリは葉がモミジ?葉がこうもり?

加江田渓谷の道を歩いていて1番目についた花がイワタバコ。2番目はヒュウガギボウシ。そして今日は3番目に目に付いたモミジコウモリです。 花はとても地味です。 もう少し季節が動いたらきれいになるのかもしれません。 だけど葉が独特です。 葉だけでも見る…

シロバナナガバノイシモチソウ  虫も石も捕まえるらしい

川南湿原に行って植物を見てきました。 宮崎県児湯郡川南町にあります。湿原というほど広くはなくて見渡せる程度です。 だけど変わった植物がいっぱい。 この湿原自体が「川南湿原植物群落」として、「国指定天然記念物」だそうです。 トンボもいろんな種類…

ベニシュスラン 長いこと待ち望んでいてやっと見れました

待望のベニシュスランに会えました。 ウリ坊を見た後、山を上って行きました。 朝が早いので山には誰もいません。 川の流れる音がします。ちょっとひんやり。 だけどなかなか見つかりません。葉だけの株が何株か見つかりました。 葉は白い筋が通っているので…

スズサイコ 小さな鈴が風に揺れています

五ケ所高原の草原を歩いていると、目の高さのところに見たことのある実が目に入りました。 あった!と思わず叫びました。 スズサイコです。とても珍しい花です。 可愛い鈴です。とっても小さい。直径1センチ位。 風に揺れるのでなかなか写真が撮れません。 …

アソノコギリソウにジャノメチョウ 高原の夏

最終目的地の五ケ所高原に着いたのは午後4時ころ。 まだまだ日が高い。 車から降りると遠くにカッコウの鳴き声。これだけでもう高原の気分。 少し歩くだけで見晴らしのいいところに出ます。 この付近は牧草地がとても広いのです。あっちもこっちも牧草地。…

シデシャジン アキアカネの止まっている土手に

山の中腹の道で休憩しているとトンボがいっぱい。 ときどき下りて止まります。アキアカネのメスのようですが、オスは全然いません。オスはどこに行ったのでしょう。 そのトンボが止まった先に目をやると、小さな青い花が目に入りました。 ほんの20センチく…

オオヒナノウスツボ 古風な名前

家の中にいても大変な暑さなので、山のほうに行ってみました。 日之影町と高千穂町の山の中腹を縫っている道路を走りました。 標高が高いと、少しばかり涼しいです。日の当たるところを歩いても気にならないくらいです。沢があったりすると車を止めて、その…

オオハラビロトンボのメス発見 腹が広い

この私のブログの7月5日には、オオハラビロトンボのオスを見つけて載せていますが、その時「本当はメスがいれば、いっそう腹が広いのですが・・・」と書きました。それから、時々オスのいた池に足を運びましたが、メスは見つからずオスもいなくなっていま…

ヒメナミキ 海辺の湿地にて

海辺の湿地に通ずる小道。 けもの道みたいだけど本当は魚釣りの人がつけた小道。 そこをなんとなく歩いていると小さな花をつけた丈2、30センチの植物を見つけました。 しゃがみ込んでよーく見るとヒメナミキのようです。これも花が小さすぎて写真を撮って…

シルビアシジミ ハマゴウの花の蜜を吸う?

シジミチョウというのは貝のシジミの殻を開いたくらいの大きさの蝶という意味でしょうか。 シジミチョウにはいろいろの種類がありますが、小さくて肉眼ではなかなか見分けがつきません。そこで望遠レンズの出番です。私がチョウやトンボを撮るとき主に使うの…

オニバス  葉の上に乗らないように棘があるけど

宮崎県木城町に岩淵池というところがあります。田んぼ用のため池です。 ここは「県指定天然記念物オニバス自生地」という看板が設置してあります。 昨日、今年のオニバスの状況はどうかなと思って行ってみました。 池はとっても大きくてヒシの葉がたくさん浮…

ヒツジグサ 溜池の中の純白

トンボたちで賑わう池には、珍しい花が咲いていました。 スイレンの一種でヒツジグサ。なかなか出会うことのない植物です。 私が知っている蓮の花は、大きくてピンク色で「私は咲いているよ」と言っているように立派でした。 がこのヒツジグサは、それこそ小…

ヒュウガトウキ 川沿いの崖で生き残っていました

大きな川に注ぎ込む小さな川沿いの道を数キロ上って行きました。 道の水たまりにはアオスジアゲハが何羽も給水中。 ここでもオオルリが鳴き続けています。オオルリは葉隠れに姿がちらっと見えましたが、姿はそれっきり。 道が上り坂になったころ、川とは反対…

ブッポウソウは赤い橋が好き

毎年宮崎県にやってきて巣作りをし、子を育てた後南に帰る鳥、それがブッポウソウです。探し続けた青い鳥がこんなところにいました。 大きな川沿いの曲がりくねった道を走ること1時間半。赤く塗った橋が見えてきました。アーチ形状に鋼材が組まれて出来てい…

ネアカヨシヤンマ 1回見たかったトンボ

オオハラビロトンボに出会って晴れ晴れとした気持ちで、もうきょうはこれで満足と思いながら、森の中の小道を歩いていました。 するとどこからか大きめのトンボが目の前を横切りと、小道の上の竹の枝に止まりました。 大きさと動きからするとどうもサナエ系…

オオハラビロトンボが目の前にいてびっくり! 幻のトンボ

午後散歩しようと思って近くの池に行きました。トンボがいろいろ出て来るので写真を撮ったり。 タイワンウチワヤンマが多いですが、私の目的はウチワヤンマ。残念ながらタイワンばっかり。池側だけ見ていましたがひょいと反対側の木に目をやると、そこになん…

アコウの木にサクラランの花

日南海岸を南下していると小さな神社があり、そこには大きなアコウの木が何本もあります。アコウの木は高い枝から根が下りて地面に着き、それがまた幹のようになっています。いかにも南国的な木です。 それに蔓状の植物が巻き付き、まん丸いきれいな手毬(て…

ダルマエビネ~なかなか出会えない花

ユウコクランに会えて、きょうはついていたなあと思って沢を上って尾根状態のところを歩いていました。すると目の前にびっくりするようなランが。 一目でそれとわかるラン。ダルマエビネです。滅多に見ることはありません。 だいたい南方の植物ですから。 ま…

ソハヤキトンボソウ~祖母傾大崩ユネスコパーク~宮崎県の植物

いつものとおり、深山を歩いていたら、目の前に絶壁が立ちはだかりました。 これ以上登れないのかなあと思いながら、その絶壁を見ていると、見なれない一枚の葉っぱがあちこち岩にくっついています。一枚の葉っぱというのは何だろうと思って双眼鏡で見るとラ…

絶滅危惧種~ツクシテンナンショウ

沢の一番上。滝の横。もうそれ以上は登れないというところに変わった植物がありました。サトイモ科のテンナンショウ族の植物ですがとっても淡い緑色をしています。 ツクシテンナンショウ(オガタテンナンショウ)だと思います。 環境省の絶滅危惧1A(CR)…