絶滅危惧種

無傷のキバナノツキヌキホトトギス

今年もキバナノツキヌキホトトギスの咲く季節になりました。 葉が日焼けしたり虫食いになるのが多いですが、この1本はほとんど無傷。 こちらは少し虫食い。花はとってもきれいです。 これも道端にありました。

クロホシクサ

湿地にホシクサが白っぽい花をつけていました。 クロホシクサです。黒という名前なのに白っぽい。 拡大してみると別世界がありました。宇宙の星だから別世界です。 アマノホシクサもあると聞いていたのですが、私には違いが分かりません。 葉は下の写真です。…

鉄塔クマタカ

車で小さな川沿いの道を遡っていました。お昼になったので対岸の山が見える見晴らしのいいところに車を止めておにぎりを食べました。 クマタカでも飛ばないかなあと思って。 対岸の中腹に高圧送電線の鉄塔が立っていました。そのてっぺんに黒っぽいものが。 …

チュウシャクシギ

【朝ホウロクシギと書いていましたが、チュウシャクシギの間違いではないかというご指摘がありました。見直しましたらそのとおりチュウシャクシギでした。訂正します。いつも見ていただいてご指摘いただき感謝いたします】 秋の気配が漂う人っ子一人いない砂…

ツルシギ

湿地にシギ類が休んでいました。 左からアオアシシギ、アカアシシギ、昼寝中のセイタカシギ、そしてまたアカアシシギ・・・かと思いました。 しかし2番目のアカアシシギと4番目のアカアシシギが大きさが随分違います。 それでよく見てみたら大きい方はツルシ…

シュスラン

今年は渓谷に咲くシュスランは見過ごしてしまいました。行ったときは花が終わっていたのです。 だけど山の上の林の中で遅咲きのシュスランに会うことができました。 随分花の咲く時期が違います。 とても小さいのです。横の枯葉と比べたらわかります。ほんの…

道端のガガイモ

道端のどこにでもある藪。 よく見ると見慣れない赤っぽい花がありました。 教えてもらって分かりましたがガガイモです。 毛深い花のガガイモ。 やって来たのはアカタテハ。 つる性で、ヘクソカズラと一緒に巻き付いて藪を作っていました。 ガガイモ、私は初…

ホソバヒメトラノオ

草原の中にところどころ咲いていたホソバヒメトラノオです。 緑の中の青が目立ちます。 顔を近づけてみると一つ一つの花びらが綺麗です。 下のように葉が細いから細葉でしょうけど、細葉でないヒメトラノオというのがあるようです。私は見たことがありません…

ミシマサイコとスズサイコ、そしてスズサイコの花

同じ野原にミシマサイコとスズサイコがありました。 この黄色い小さな点々がミシマサイコの花です。右下の赤いのはヒメノボタンです。 ミシマサイコは線香花火みたいです。 野原でミシマサイコの花に目を近づけても、咲いているのか蕾かわからないくらい小さ…

ヤクシマアカシュスラン

日中は暑いので、朝早く川沿いの道を遡りました。 ヤクシマアカシュスランがところどころ咲いていました。 ヤクシマアカシュスランは今が見ごろみたいです。 と言っても花は小さくて、目を近づけてもなかなか見えません。 両手を広げた米粒。 朝の谷に日が射…

草の中で咲くダイサギソウ

草の中に埋もれるようにして咲いていました。 ダイサギソウです。 草の中にあっても、花が咲くと白く目立つのでわかります。 こちらにも。 大きなサギが舞っています。 こちらの株は最後のサギが1羽だけ残っていました。 この最後の1羽も趣があります。

タイワンツバメシジミ

草いきれのする道を草をかき分けながら進んでいると、目の前を小さな白いチョウが飛び回っていました。 シジミチョウですが何のシジミチョウかなと思ってカメラを向けて拡大しました。 しっぽ(と私が呼んでいる後翅の尾状突起)が見えましたのでツバメシジ…

タコノアシの花

海岸近くの道路の土手にタコノアシがありました。 1本だけ花が開いていました。 まだ蕾の株もありました。 秋になると実が赤くなって、茹でたタコのようになります。

ハヤブサ

この季節初めてハヤブサを見ました。 田んぼの上や入り江の上をすごいスピードで飛び回っていました。 小鳥たちが逃げまどっています。 猟をするというより遊んでいる感じでした。 今からいろんなタカ類がやって来ます。

グンバイヒルガオ

この日は晴れ時々にわか雨。 にわか雨の後の海に行きました。 海は少し濁りがありました。 海の見える海岸段丘。 グンバイヒルガオが咲いていました。 蔓になって砂の上を伸びています。 雨粒がついています。 葉が相撲の行司さんが持っている軍配の形です。…

自然の中のカシノキラン

今の季節に咲く着生ランです。 自然の中の木に着いているカシノキランです。 小さなクモがぶら下がっています。 雨の中、傘をさして見ました。

神秘的な花、キリシマシャクジョウ

こんな小さな白いものがありました。 枯葉に比べてもこんなに小さくて、なかなか目に入りません。 高さは10センチくらいでした。 ちゃんと茎があります。これでも植物です。 葉のない菌従属栄養植物です。 体は透き通った白。そして一番上に黄色い花? どん…

コシジロヤマドリとアカヤマドリの中間型?

また山道でヤマドリに出会いました。 腰が白いです。コシジロヤマドリです。 だけど腰の白さがとても少ないです。 これはいったい何。 コシジロヤマドリとアカヤマドリの中間型かもしれません。 以前も出会ってこのブログに書きました。 ww.nekoton.com これ…

オスだけ紅色ベニイトトンボ

池の中の葉にベニイトトンボが止まっていました。 最近はなかなか出会いません。 連結のベニイトトンボ。 メスは紅色ではありません。

ほんのりピンクの花、シシンラン

宮崎の長雨の時季が終わり、やっと晴れ間が戻って来ました。 晴れたと思ったら真夏でした。 山奥に行ってきました。谷あいの大きな木の幹に白い花が咲いていました。 着生小低木のシシンランです。 大きな苔の生えた木の幹に着生して枝を伸ばし繁茂していま…

尾の短いサンコウチョウ

近くの池の端の小道でトンボを探していました。 するとけたたまし声がしてサンコウチョウがやって来ました。 尾があまり長くないのでメスかなと思いましたが・・・。 アイリングがコバルトブルーですが、これがくっきりはっきりしているのでオスだと思います…

ヤマドリが座っていました。

車で2時間くらいかけて山に行きました。 昔集落のあったところの坂を山の方に登っていました。今はまったく車の通らない道です。 すると道路わきの草むらに何やら大きめの鳥がいました。 すぐ逃げると思ったのにうずくまったまま動きません。 ヤマドリならす…

ヒナノシャクジョウ

苔の生えた湿っぽい土手に、米粒位の大きさの白っぽいもの。 ヒナノシャクジョウです。 こんなに小さいのです。よっぽど気を付けて見ないと見逃します。 葉がなくて葉緑素を持たない菌従属栄養植物です。 不思議な世界。

暗い林、イモネヤガラが咲いていました。

鬱蒼とした暗い林の中、イモネヤガラが咲いていました。蚊が多いところです。 高さは70センチくらい。結構大きくて立派です。 何本もありました。 地下に芋のような塊茎があるそうです。だから芋根なのですね。 これも葉のない菌従属栄養植物です。 というこ…

こんなに小さいヤクシマラン

森の小道でヤクシマランを探しました。 やっと見つけました。 今年の株は小さい。こんなに小さい。 一株見つけたら目が慣れて、近くに小さな株を何株も見つけました。 少し大きめの株も見つかりました。 ヤクシマラン~屋久島蘭。 私は小学生のころ屋久島に…

オオバヨウラクラン

森の中、オオバヨウラクランが咲いていました。 木の幹に ひものようにぶら下がった着生ランです。 風が吹くとゆらゆら揺れます。 着生ランにもいろいろあって面白いです。

コシジロヤマドリが出てきました。

サンコウチョウを見た後車でゆっくり林道をを進んでいました。 暫く進んだところで前方右側に大きな鳥の動き。 車を止めて窓から見ました。 コシジロヤマドリのオスでした。腰の白が目立ちます。 頭が小さい、そして尻尾がオスにしては短い。 ゆっくり道路を…

オオハラビロトンボ

郊外の池に行きました。 池の周りの鬱蒼とした森にオオハラビロトンボがいました。 昨年見た場所です。 写真で見るより真っ赤に感じました。 下は別のオオハラビロトンボです。 こちらは赤の色が薄いのです。 メスもいたのですが、飛んでばかりでどこかに行…

ナゴラン

遠くの山にナゴランを見に行ってきました。 余り大きくない木の中ほどに着いているナゴラン。 花が咲いていました。 普通、唇弁などに赤紫の筋が通っているのですが、これはほんのうっすらとついているだけでほとんど白でした。 花一個一個を見るのが好きで…

フシグロ~節黒

今季もフシグロを見ることができました。 なかなか出会わない花です。 開いた花や蕾もあって丁度いいころでした。 花の中、こんなになっているのですね。 茎の節が黒いです。 だから節黒。 数が少ないので、今年も咲いているかどうか心配しながら行きました。…