キアシシギ

入り江の渚に鳥がいました。小さいほうはソリハシシギ。 大きい1羽は? キアシシギでした。 曇り空ですから足の黄色がはっきりしませんけど。 キアシシギはアオアシシギに比べてちょっと短足。 ピューイー ピューイーとよく鳴きます。

アオアシシギ

少し水のある田んぼにアオアシシギがいました。 わりと大きなシギです。 足が青いかなあ? 飛んだら腰が真っ白。 別の田んぼ。 このアオアシシギと一緒にいるのは? コアオアシシギのようです。一緒に 南に渡っていきます。 餌をたくさん食べて遠い南の国へ…

イヌタヌキモの黄色い花

池に黄色い花が沢山立って咲いています。 これはイヌタヌキモの花です。 池の中のこの葉は別です。 イヌタヌキモの葉は藻のような葉ですが水中にあって見えません。 葉には捕虫嚢があり、水中のプランクトンなどを捕まえて食べる食虫植物だそうです。 イヌタ…

ハマシギ

ハマシギがいました。 浜辺で見ることの多いハマシギですが、田にもよく来ます。 一緒にいる大きいほうはムナグロです。 しきりに餌を食べています。 ハヤブサが来ましたので飛びました。 ハヤブサがいるので、のんびりできません。

ハヤブサがやってきました。

小雨の中、広い田んぼに秋の渡りのシギやチドリ類を探しに行きました。 ハマシギやセイタカシギなどが餌をついばんでいました。 すると突然全員が固まって身動きしなくなりました。 どこかにタカが来たのではないかと探しましたら、私の後ろの電柱にハヤブサ…

ソハヤキミズ

珍しい植物を見に連れて行ってもらいました。 川沿いの崖に小さな植物。 指さされたこれはいったい何? なんだかどこにもあるような植物だけど、ソハヤキミズという珍しい植物だそうです。 10センチから20センチくらいの、か弱そうな植物が崖のコケにしがみ…

ツユクサシュスラン

こちらは渓谷に咲いていました。 シュスラン?ツユクサシュスラン?アケボノシュスラン? ツユクサシュスランだと思いました。 ツユクサシュスランというのは、葉が波打っていて、ツユクサに似ているからツユクサシュスランだそうです。そういわれれば葉はそ…

シュスラン

シュスランを見に山に行ってきました。渓谷ではありません。 ちょうどいいころで、きれいい咲いていましたが、見始めたら曇っていた空から雨粒が落ちてきました。 急に寒くなりました。 葉が赤黒っぽいです。 こんなにきれいに開いているのを写真に撮ること…

タマゴタケ

今はタマゴタケの最盛期のようで、行く先々の森の中で見ます。 いろんな段階のタマゴタケ。そして個性もあるようです。 暗い森の中でも目立ちます。 卵の殻を破って出てきた赤ちゃん。 大人になりました。 出会う度に写真を撮ってしまいます。 毒はありませ…

ヒガンバナ

今、お彼岸です。 仏壇に頂いたおはぎを供えました。 一昨日は田舎道を走りました。 いたるところにヒガンバナが咲いていました。 ヒガンバナは都会の公園より田舎に似合います。 ヒガンバナに来ている黒いチョウ。 カラスアゲハでした。 お彼岸の意味はよく…

ヤクシマアカシュスラン

滝の音に負けないくらいツクツクボウシが鳴く夕方、やっとヤクシマアカシュスランの谷に辿り着きました。 咲いていました、ヤクシマアカシュスラン。 ここには沢山はなくて、探している中で見つけたのは5本だけでした。 少なかったら少ないで趣があります。 …

セイタカシギと?

水の張られた田んぼに鳥がいます。 アオサギ、アマサギそしてセイタカシギです。 最近よく見るのはセイタカシギです。 セイタカシギのところにやって来たシギ。なんでしょう。 タカブシギかと思いましたが足の色がダーク。 コアオアシシギでしょうか。

広くなった砂浜にミユビシギ

台風10号の後、砂浜の様相が変わりました。 砂浜が少なくなったところと広くなったところがあります。 この日行った砂浜はとても広くなっていてびっくりしました。 飛行場みたい。 北側です。 南側です。 そして真ん中の海です。 波打ち際をよく見たら鳥が一…

サギ達の渡り…チュウサギ、アマサギそしてアオサギ

今日はサギを沢山見た日でした。 秋になったのでサギ達が南下しているところです。 宮崎の川や田んぼで羽休め中です。 まず大きな川にいたチュウサギ。 チュウサギの中にアマサギが混ざっていました。 田んぼに行ったらここにはアマサギがたくさん。 まだ亜…

タコノアシ

今年もタコノアシの花の季節になりました。 毎年見ている海岸近くの道路わきのタコノアシ。 目立たない花です。アリさんが来ています。 秋が深まるころ、ゆでだこのように赤くなります。 その時の方がタコノアシという名前にぴったりです。

猫の乳

最後の人家を過ぎて山の上の方に登って行きました。 すると道端に見たことのある黄色い実。 ネコノチチです。1回聞いたら覚える名前です。 この黄色が赤ちゃんを育てている猫の乳首。 黄色が赤くなって、そして黒くなります。 わが家で猫を飼っていて、子猫…

この鳥は?ハリオシギ?チュウジシギ?

畑の脇でじっと佇んでいる小鳥。 水のない荒れた畑です。これ1羽だけ。 とっても近いのに逃げません。 尻尾を立てています。警戒しているのでしょうか。 タシギではない感じがしました。 ハリオシギ?チュウジシギ?その付近の感じ。 とことこ歩いて全身が…

ダイシャクシギ

ホウロクシギを見た後、別な川に行きました。 そこでまた大きなシギに出会いました。餌を探して歩きまわっていました。 これは色白美人です。幼鳥でしょうか。 ダイシャクシギのようです。 向こうにいるのはソリハシシギです。足がオレンジ色です ソリハシシ…

秋の渡り ホウロクシギ

台風10号の後初めての鳥見。 最初に出会ったのは川口にいた鳥。 向こうにいた鳥が近くの草原にやって来ました。 大きな鳥の後ろにも小さな鳥がいます。 シギのようです。 大きい方は嘴が長い。 ホウロクシギかダイシャクシギ。 羽の色が濃いです。 うまい…

萩の花にキタキチョウ

山の上では道路わきに次々と萩(はぎ)の花が現れます。 萩の花は雑草のごとく・・・あまり気に留めたことがありませんでした。 やはりざわざわっと花が着いているので、一つ一つの花の良さがあまりわかりません。 一つ一つの花はこんな花でした。 マメ科の…

この花何の花、サフランモドキ

宮崎市内のはずれにある溜池の堤防です。 カヤ類やシダ類など草が生い茂った中にピンクの花が点々と。 これはまた艶やかな花です。 この艶やかさは外来種に違いありません。 帰って調べてみました。 サフランモドキでした。思ったとおり外来種です。 江戸時…

ナガコガネグモ

野原を歩いているとクモの巣・・・大きなクモが巣を張っていました。 何クモだろうと思って近づいてみました。 ジョロウグモかコガネグモか? 違いました。 黒と金の縞模様が見事。 ナガコガネグモでした。 見ていたらいつの間にか小さなオスがその糸に来て…

2枚の花びらハグロソウ

台風10号が過ぎ去った近くの林の中、小さな枝や葉が一面に落ちていました。 小さな川沿いを登っていくと、可愛い花が一面に。 近づいたらハグロソウでした。 遠くの山では見たことがありますが、こんな身近にたくさんあるなんてびっくり。 2枚の花びら、…

ミヤマウズラ

大きな台風が近づいていますがまだ大丈夫な日。 尾根伝いに林道が走っていますが、車は全然通りません。 遠くまで眺望がきいてとても気持ちのいい道です。 それでそこで車を止めて休憩しました。 反対側の崖を見るとミヤマウズラが咲いていました。 まだ三分…

この山道の葛(くず)の花

今、葛の花が満開です。 山道を行くとこれもいたる所で繁茂しています。 少なかったら大切にされるのでしょうが。 外来種・・・いえいえれっきとした日本の花。 秋の七草のひとつです。 秋の七草は万葉集の山上憶良(やまのうえのおくら)の歌からきているよ…

ヤマジオウ

山道に沢がありました。 水が少し流れ落ちています。 その沢を登ってみました。 ヤマジオウが花を着けていました。 地面に這いつくばった葉に、花もその葉にくっついています。 低姿勢の花です。 葉が綺麗です。 とても小さな花ですが、こちらも低姿勢になっ…

平和台大橋のカゲロウとオニグモ

午後8時半の平和台大橋。 宮崎市の大淀川に架かっている橋です。 ここから平和台公園の平和の塔が見えます。 下の写真、中央の山の上にライトアップされているのが平和の塔です。 平和台公園に近いから平和台大橋。 橋の歩道から宮崎市街地の方を見ました。…

落石の上のウラギンシジミ

標高の高い山道を走っていると前方道の真ん中に動くもの・・・いえいえ今回は動きません。落石です。 時々こんな場面に出会います。動かせるときは動かしますが、一人ではどうしても動かせないときは引き返して別な道を走ります。 今回は動かせるくらいの石…

シデシャジン

シデシャジン。 花が面白いです。まるで船のスクリューです。 藪の中に何本か固まって咲いていました。 シデとは、神社で玉串などに付ける白い切れ込みのある紙、あれが四手だそうです。 それに似た切れ込みだからシデシャジン。スクリューシャジンではあり…

ウリ坊

山道を車で下っていました。 車に驚いて、ウリ坊が崖を掛け上って行きました。 そのままいなくなると思ったのですが、立ち止まってこっちを見ています。 「この四角い動くものは何だろう?」 ウリ坊と言ってももうウリの縞が消えかかっています。小学生くら…