キビタキ

雨が一時止んだので、傘をもって照葉樹の森の中を歩きました。 賑わっていた森も小鳥たちの子育てが終わったのか、すっかり声がしなくなりました。 しばらく歩いたところ、前方の木の枝に小鳥がぴょんと止まりました。 キビタキでした。 ちょっと前までは、…

オサラン

森の中の大きな木の、手の届かいない高いところに綺麗な着生ランの花が咲いていました。 オサランです。 着生ランは、花もそうですが、葉と根とバルブも見る価値があります。 バルブというのは葉と根の間についている大豆のような丸い塊です。 種類によって…

サクララン

日南海岸にある神社の杜のサクラランを見に行ってきました。 綺麗に咲いていました。 手毬のようなサクララン。 今年は豊作です。見に行った時期もよかったのかもしれません。 ここは港町。 その昔、南からやってきたのでしょうか。 アコウの木に着いていま…

ガガブタ

ガガブタです。 スイレンのような葉っぱに白い小さな花。 ここは農業用の広い広い池です。 その端っこにヒシの葉に交じってガガブタが咲いていました。 ガガブタとはまた変な名前です。 鏡蓋と書くのだそうです。 この葉の何処が鏡の蓋でしょうか。 ガガブタ…

ヤクシマルリシジミ

山の中の草の生い茂ったところにシジミチョウがいました。 ヤマトシジミかなと思いましたがちょっと模様が違います。 ヤクシマルリシジミでした。 翅の上面が、黒いところが多いので、これはヤクシマルリシジミのメスだと思います。 今の季節いろんな生き物…

ヤマガラのヒナ

ここも山奥です。 鳥の鳴き声はするのですが姿が見えないなと思っていたら、目の前に現れた小鳥。 ヤマガラの声がしていましたから、ヤマガラのヒナだと思います。 首をかしげて私を見ています。 「この生き物はなんだろう?」という顔して。 まあ、何と可愛…

ミヤマムギラン

森の中をひたすら歩いていると大きな木が朽ちて倒れていました。 黄色の矢印のところに着生ランが着いています。 花が赤い。ちょうど咲いていてよかった。 ミヤマムギランでした。 反対側にも。 何ヵ所かに着いていました。 偽球茎も可愛いです。 花は小さな…

タシロラン

今回は宮崎県の北の方の山に行ってみました。 ヤイロチョウのいる山です。 鳴いている森に近づいて声を聞いていると、近くにこんな植物がありました。 茎も花も白い植物。 タシロランです。 見渡すとあちこちにありました。 タシロランは菌従属植物ですから…

ネジバナ

草原にネジバナが咲いていました。 今の時季あちこちで出会います。 この花がめったに見られない花なら、見つけたら大喜びすることでしょう。 いつも通り過ぎてしまうけど、しゃがみ込んでよく見たらなんと綺麗なこと。 色の薄いネジバナもありました。。 前…

細い体だからホソミイトトンボ

野原でカキランの花を撮ろうと思ってしゃがみこんでいると、目の前のチガヤの葉に小さなイトトンボが止まっているのが見えました。 イトトンボにしても細いこと、細いこと。 ホソミイトトンボでした。 飛ぶところを見ました。 なんだか「よちよちと飛ぶ」と…

ナギラン まだ梅雨

ナギランを見に行ってきました。 宮崎の梅雨はまだ開けません。 小降りになった時を見計らって薄暗い林内に入りました。 咲いていました。 ナギランの花、綺麗な花。 まだ蕾もありました。 ナギランの葉は木の葉みたいです。 梅雨の真っ最中なのでそれほど暑…

コクラン

コクランは山に行けば時々出会いますから、いつでも写真は撮れると思っているといつの間にか時機を失してしまいます。 今年は何とかまだ咲いている株に出会いました。間に合ってよかった。 コクランの花は? 一人一人は面白い形です。 下の真ん中の人、野球…

過酷な条件で細々と生きるヤマジソ

海岸の岩場。 小さな小さな花が咲いていました。 どのくらい小さいかというと・・・。 一円玉に比べ花がこんなに小さい。 ヤマジソはなかなか見れない植物で、絶滅の可能性が高いそうです。 しかし見つけた所は海岸の岩場。磯釣りをする人が通る岩の隙間です…

イモネヤガラ

今年もイモネヤガラが咲いていました。 梅雨時の雨の合間に会いに行きました。 イモネヤガラは葉がありません。菌従属栄養植物です。 共生する菌類から栄養を貰っています。 だけどシンビジュウムのような立派な花です。 大柄です。30~50センチ位ありまし…

オカトラノオ~暑くなってきた草原

草原では、虎の白い尾っぽがなびいています。 オカトラノオです。 やってきたのはベニシジミ。 そしてイチモンジセセリ。 ツマグロヒョウモン。 あまり咲いている花がないので、オカトラノオは今人気者です。 ユーラリユラリ、ユーラリユラリ 、ユーラリユラ…

ササバラン

ササバランが咲いているよと教えてもらって、見に行ってきました。 そろそろ梅雨が上がるころの晴天。まだうだるような暑さということではないですが、それでも暑いので、時々車に戻ってクーラーに当たったり、昼寝をしたりしながらの野山散策です。 ササバ…

ギョクシンカ

木の花、ギョクシンカ・・・玉心花 宮崎では、海岸近くの鬱蒼とした森に行けば比較的容易に出会えるので、そんなに珍しい花とは思っていませんでしたが、北の方にはないのだそうです。 私の背の高さ位の常緑の低木です。 梅雨の時期、ダルマエビネを見に行く…

コノシメトンボ

山の頂上付近、トンボが止まっていました。 生まれたてのほやほや。 翅の先に黒いところがあります。 胸の模様からもコノシメトンボのメスのようです。 だけどどうしてこんな山の上に。 今、山にはいろんな生きものが生まれています。

ダルマエビネ

小雨の森の中、まるで熱帯の森みたいに蒸し暑いところです。 藪を分けて入っていくと、ダルマエビネが咲いていました。 1週間くらい前行ったときはつぼみでしたから、もうそろそろかなと思ったのです。 今日はちょうど見頃。 今年も見ることができました。 …

ムラサキニガナ

森の小径。 せいたかのっぽのムラサキニガナ。 1枚の写真に入れるのが大変。 花が少し開き始めました。 時々花と葉に木漏れ日が当たります。 遠くでシカの鳴き声。

梅雨時のミサゴ

海近の入り江。 真中の流木に大きな鳥が止まっています。 トビかな? ミサゴでした。冬の間沢山いたミサゴはほとんどいなくなって、今の季節は見かけることがなくなりました。 だけどたまにこのように出会うことがあります。 ミサゴは一部留鳥になっているよ…

カキラン~高鍋湿原

高鍋湿原に沢山咲いていた花。 草に埋もれて咲いています。 カキランです。 カキラン以外の花。 ハッチョウトンボの先の黄色い小さな花や紫の小さな花。 黄色いのはミミカキグサ。 紫はムラサキミミカキグサです。 こんなのも出ていましたが、これはニラバラ…

ハッチョウトンボ

高鍋湿原のハッチョウトンボを見に行ってきました。 小さすぎて・・・2センチ位・・・なかなか目に入りませんがやっと見つけました。 私の後から見に来たご夫婦が、ベニトンボを見て「いたいた、ハッチョウトンボ!」と叫んであられましたので、 「いや、そ…

カラスアゲハ

雨上がり、坂道を登っているとアゲハチョウ。 つかの間の太陽の光。 なんと美しい。 カラスアゲハです。

梅雨空・・・山の中のヒュウガアジサイ

梅雨空です。 山奥に行きました。 小さな滝がありました。 そこの崖にヒュウガアジサイの花が咲いていました。 アジサイは今の時季街の街路でも見かけますが、山の中に咲く自然のものはまたいいものです。 感動します。 滝の水しぶきがかかるので葉もきれい…

オオヨシキリ

今日も葦原で大きな声で鳴いています。 ギョギョシギョギョシギョギョシ・・・・。 あちらでもこちらでも。 梅雨の晴れ間、日がな一日鳴き続けます。

ツルコウゾの実は黄イチゴ。

山に黄色いイチゴがなっていました。 背が高くて、高いところの実は手が届きそうにありません。 ツルのようです。絡まっています。 葉がモミジではありません。 ツルコウゾでした。 ツルコウゾの実はもうすこし赤いと思っていましたが、ここのは黄色い。 食…

アマサギと灰色チュウサギ

田んぼ。 稲にも種類があって、もう大きくなった稲もありますが、今から田植えの稲もあります。 アマサギの色が亜麻色になりました。z 亜麻色よりも鮮やかで飴色? 今植えたばかりの稲はヒノヒカリかな? 「この人、背中が変。汚れてる、クスッ」 「君はどう…

ウミガメの足跡とシロチドリ

梅雨の晴れ間。 砂浜に行きました。 日が照るとなんだか急に世の中が眩しい。 砂浜を横切っている足跡。ウミガメが上陸した足跡です。 宮崎に上陸して産卵するのはアカウミガメです。 ここから海に帰って行ったようです。 砂浜の近くの草原にいたのはシロチ…

ジャケツイバラ

綺麗な花が咲いていました。 写真にしたらランの花のよう。 実体は下の写真のように山の斜面に生えていた結構大きな木です。 ジャケツイバラ。 木の下に入ると蔓性の植物で蔓の枝がもつれ合って異様な感じです。 ヘビがもつれ合っているように見えるというこ…