無傷のキバナノツキヌキホトトギス

今年もキバナノツキヌキホトトギスの咲く季節になりました。 葉が日焼けしたり虫食いになるのが多いですが、この1本はほとんど無傷。 こちらは少し虫食い。花はとってもきれいです。 これも道端にありました。

クロホシクサ

湿地にホシクサが白っぽい花をつけていました。 クロホシクサです。黒という名前なのに白っぽい。 拡大してみると別世界がありました。宇宙の星だから別世界です。 アマノホシクサもあると聞いていたのですが、私には違いが分かりません。 葉は下の写真です。…

田舎の風景、カラスウリ

秋の土手の藪にはカラスウリ。 昔からの定番です。 カラスウリの蔓がほかの木に巻き付いて伸びています。 緑色のスイカみたいなカラスウリもありました。 熟す前の実です。 だけど、なんといっても私にとってはこの赤がやはりカラスウリです。 カラスウリの…

チョウゲンボウが来ました。

「チョウゲンボウを見たよ」と友人が言っていました。 海岸に行ったらそれらしき鳥が竿の先に止まっていました。 一寸遠すぎ。 飛んで・・・ 近くの松の木に止まりました。 さらに目の前の棒の上に来ました。 お利巧さん。 帰り道、空にはイワシ雲。 宮崎も…

セイタカアワダチソウにキオビエダシャク

セイタカアワダチソウが散歩道にも田舎道にもいっぱい咲いています。 そこに止まっているのはキオビエダシャクです。 今年はどうしたことかキオビエダシャクが大発生。住宅街のイヌマキの生垣はほとんど葉がなくなってしまいました。 セイタカアワダチソウも…

アケボノソウ

山の中を歩いていたら時々アケボノソウに出会いました。 出会ってうれしい花です。 清々しい気持ちになるのです。 とても静かな配色です。 アケボノソウという名前もよいです。

緑色の体、オオアオイトトンボ

緑色のきれいなトンボに会いました。 オオアオイトトンボです。 今まで見たオオアオイトトンボの中でも最も緑色が綺麗でした。 メスだから胴体が太くて緑がよりよく見えるようです。 大きな川沿いの小さな道の土手、目を近づけても逃げませんでした。

ミユビシギは三指シギ

波打ち際を走っている鳥。 ミユビシギです。 波に飲み込まれそうだけど走って逃げます。 下は波の来ない入り江の砂浜でのんびり餌を捕っているミユビシギ。 ミユビシギという名前は、普通指が4本あるはずなのに、3本しかないから3指…3趾です。鳥は元来、後ろ…

彼岸庵

田んぼの広がった小道を歩いて行くと、小高い古墳のような山があって、その傍らに花が咲きほこった別天地のような所があります。 小さな家らしきものが建っています。 今の季節はコスモスなどが咲きほこっています。見事です。 その一角に何やら立て札。 そ…

マミジロタヒバリの到着

農地の間の小さな道を歩いていたら、道路の先の方に鳥がいました。 大きくて姿勢がいい鳥、マミジロタヒバリの到着です。 この付近で毎年冬を過ごします。 例年3月ごろまで滞在します。 マミジロタヒバリは、よく道路に出ていますから見つけやすいです。

尾根道の秋の花・イヌタデとミズヒキ

尾根道を秋の花を探して歩いた日、狐の嫁入りの日でした。 晴れていると安心しているのに急に雨が降り出すことがあって、慌てて車に駆け戻ったことが何回もありました。 そんな道の脇に咲き誇っているのは、イヌタデの花です。 殆ど誰からも見向きもされない…

尾根道の秋の花・ホトトギスとキバナノホトトギス

小高い山の尾根道を歩きました。 今ちょうどホトトギスの季節です。 ホトトギスとキバナノホトトギスが一緒に咲いていました。 ホトトギスは茎が長くて、いっぱい花をつけています。 キバナノホトトギスは土手に咲いています。 垂れていません。茎が短いので…

カエルを捕ったアオアシシギ

アオアシシギが何かくわえています。 なんと大きなカエル。 飲み込むまで見ていようと思いましたが、すぐ葦原に隠れてしまいました。

真っ赤っ赤のナツアカネ

ナツアカネのオスがいました。秋なのにナツアカネ。 きれい。 全身真っ赤っ赤。 おみごと!

ウズラシギとコアオアシシギ

朝日が昇ったばかりの湿地。 水辺で鳥たちがのんびりしていました。 セイタカシギの手前には小型のシギ2羽。 小さい方はウズラシギでしょうか。 そして大きい方は、コアオアシシギのようです。 この二人いつも一緒に動いていました。 のんびりした湿地の朝。…

タンナトリカブト

山に花を見に行ってきました。 秋の花を色々見ることができました。 秋とはいえ暑い日でした。 見た花の一つタンナトリカブトです。 綺麗な色です。 シカが食べないのでなくなりません。 シカはこの花が毒だということをどうして知っているのでしょうか。

鉄塔クマタカ

車で小さな川沿いの道を遡っていました。お昼になったので対岸の山が見える見晴らしのいいところに車を止めておにぎりを食べました。 クマタカでも飛ばないかなあと思って。 対岸の中腹に高圧送電線の鉄塔が立っていました。そのてっぺんに黒っぽいものが。 …

オオバヤドリギの花

川沿いの道オオバヤドリギが咲きました。 いつみても面白い形の不思議な花です。 この花を見ると秋が来て…冬鳥がやって来る頃・・・と思います。

トウネンとカエル

「君はだれ?」 「ウシガエル」 「君は?」 「トウネン」 「ぼくも空を飛んで南の島へ行きたいなあ」 「いやいや、遠すぎて大変。途中で死ぬ仲間がいっぱいいるよ。ここでのんびり過ごす方がいいと思うよ」

チュウシャクシギ

【朝ホウロクシギと書いていましたが、チュウシャクシギの間違いではないかというご指摘がありました。見直しましたらそのとおりチュウシャクシギでした。訂正します。いつも見ていただいてご指摘いただき感謝いたします】 秋の気配が漂う人っ子一人いない砂…

カイツブリ親子

湿地の葦原にカイツブリの親子がいました。 子供が3羽。ピピピピと鳴いて賑やかなこと。 あっちに行ったりこっちに来たり。子供は親から離れません。 親が潜って餌を捕って子供に与えているのです。 子供のかわいいこと。 カイツブリのことを「ケツグロ」と…

今の季節のシマアジ

池の中に沢山のカモが浮いていました。 その中の3羽、ちょと変わった顔をしていました。 カルガモに比べて随分小さなカモです。なんだろう? 今の季節のカモは難しいです。繁殖羽ではないし、非繁殖羽かもしれないけどエクリプスかもしれないし。 これはいっ…

道端の花・ノブドウ

田舎道を長時間運転していて疲れたので、道の広がったところで休憩しました。 見回すとつる性の植物で実のついたのが目に入りました。 ノブドウの実でした。 ノブドウは青い実、紫の実、白い実と一緒に生(な)っているから独特です。 ノブドウは食べられま…

ツルシギ

湿地にシギ類が休んでいました。 左からアオアシシギ、アカアシシギ、昼寝中のセイタカシギ、そしてまたアカアシシギ・・・かと思いました。 しかし2番目のアカアシシギと4番目のアカアシシギが大きさが随分違います。 それでよく見てみたら大きい方はツルシ…

シュスラン

今年は渓谷に咲くシュスランは見過ごしてしまいました。行ったときは花が終わっていたのです。 だけど山の上の林の中で遅咲きのシュスランに会うことができました。 随分花の咲く時期が違います。 とても小さいのです。横の枯葉と比べたらわかります。ほんの…

蛍のように光る虫の正体はクロマドボタル?の幼虫

漆黒の闇の中を、手にライトを持って一人で歩いておりました。 そこは川沿い山道。何が出てくるかわからない怖い道。 車を止めて随分歩いた頃、歩き疲れたので立ち止まって、どれくらいの闇かなと思ってライトを消してみました。漆黒の闇は、立っていること…

オーストラリアセイタカシギ

池にセイタカシギが沢山いました。 その中に後首が真っ黒ふさふさのセイタカシギがいました。 他のセイタカシギより一回り大きいように感じました。 私が前から見たいと思っていたオーストラリアセイタカシギのようです。 種ではなくセイタカシギの亜種のオ…

クロハラアジサシ

広い池の上をクロハラアジサシが飛び回っていました。 その数100羽くらい。 水面に突っ込むようにして餌を捕っていました。 くちばしで捕るのです。 羽がきれい。 エサ取りが終わったらみんなのいる浅瀬へ戻って来ます。 そして水浴び。 まだ暑いから水浴び…

ツユクサシュスラン

林の中にツユクサシュスランが咲いていました。 葉が大きくて上の方までついています。 花の開きはこれで精いっぱい。 ツユクサシュスランの葉です。 人影のない森の小径。ゆっくり見ることができました。

山の上の花と実

山の上にはいろんな植物がありました。 一日中のんびりと歩き回りました。温度が低いのでさわやかな空気でした。 この日出会った植物達です。 ↑ シモバシラ ↑ ミヤマウズラ ↑ スズコウジュ ↑ シギンカラマツ ↑ ツルニンジン ↑ オオマルバノテンニンソウ ↑ ト…