ニュウナイスズメがセンダンの木に

畑の中に小さな神社。そこにセンダンの木がありました。 その木にスズメが止まっています。 スズメのいるような環境なのですが・・・よく見たらスズメとちょっと違います。 ニュウナイスズメです。 オスにはスズメの特徴の頬の黒の班点がありません。 にふ(…

尻尾のないオオタカ

池の対岸の木にタカらしき白っぽい鳥が止まっています。 随分遠いです。 双眼鏡で見るとなんだか変な鳥。 だけどよく見るとオオタカのようです。胸が横斑。成鳥です。 尻尾が短い。というかないような感じです。 どうしたのでしょう。 こんなオオタカ初めて…

ふっくらカイツブリ

夏は蓮の花がいっぱいの池。 今は蓮が枯れて、カイツブリが浮いています。 カイツブリの何と可愛いこと。 手のひらに載せてみたい。 私が小さい頃は、家で鶏を飼っていました。 時々ひよこが孵りました 。そのひよこを手のひらに載せて遊んでいました。 それ…

オナガガモの逆立ち

海沿いの池です。今年もカモがいっぱい羽を休めています。 近くで餌取りに夢中なカモもいます。 潜れませんから、浅いところで逆立ちして餌を採ります。 水中の藻を食べているのです。 面白い風景です。 尾が長いからオナガガモ。 手前のオスに比べてメスは…

ワシントニアパームと千切り大根干しの風景

宮崎県の木はフェニックスですが、それよりもよく見られるのがワシントニアパームです。ワシントンヤシとも言います。 フェニックスはずんぐりしていて頑丈そうですが、ワシントニアパームは背高のっぽです。 宮崎市の中心橘通から、空港を過ぎた運動公園当…

ヤマセミとカワセミのいる小さな川

大淀川に流れ込む小さな支流。 その堤防道路を遡っていくとキョッ、キョッ、キョッととぎれとぎれに鳴く鳥の声がしました。 声の方を探すと、川岸の大きな木に何か白っぽいものが止まっています。 ヤマセミでした。 こちらにも。 繁殖の時期になってきたので…

大淀川の朝

お日様が上り始めました。 大淀川の中流の河川敷です。 川にはもやがかかっています。 とても清々しい朝です。冷え込んでいます。 ここでも木の上に小鳥がいます。 イカルと違って騒々しく飛び交っています。 ヒヨドリたちです。ヒーヨ、ヒーヨと鳴いていま…

シロハラがみかんを食べていました。

1月5日「正月、庭に鳥を呼びました」という記事を書きました。 www.nekoton.com その中で シロハラはみかんを食べないと書きましたが、なんと私の面前でミカンを啄ばんでいるではありませんか。おいしそうに。 その後、蜂蜜ジュースも飲んでいました。私の…

波とハマシギ 一糸乱れぬ群舞

日向灘が見える冬の海岸。 今年は暖かい。 海は比較的穏やかで、時々大きな波が来ます。 波打ち際で遊んでいるのはハマシギです。 波に近づいたり逃げたり。 飛ぶ時はみんな一緒。 波の上は気持ちよさそう。 右へ行ったり 左へ行ったり。 向きを変えるときは…

チュウヒ 大陸型成鳥

川辺の木に大きな鳥が止まっていました。 ミサゴかノスリかチュウヒかオオタカか? 背中の羽がきれいですねえ。 チュウヒでした。 チュウヒの大陸型と呼ばれている成鳥のようにあります。 腹の方は見えませんでしたが、見た人によると白っぽかったそうです。…

すぐ近くまで飛んできたカラフトワシ

カラフトワシ君が 「おじいちゃん、丸い筒みたいな物持って何してるの」 と言って私の方に近づいてきました。 近い近い!今までで一番の接近。 「これかい、これはカメラっていうのだよ」「それで何するの」「君の写真を撮るのさ」「僕の写真を撮ってどうす…

美しいお客様 アカウラカギバ

夕方になってメジロたちも来なくなりました。 部屋の床に置いていた真っ白のウエットティッシュの筒の上に、何かがくっついています。 何がついているのかな? 枯れ葉のような。 ガでした。 目を近づけてみるととってもきれいなガです。 落ち着いた色のガで…

イカル

正月気分を抜け出して、綾町の綾北川に行ってみました。 河川敷に大きなセンダンの木があります。 その向こうの山並みは照葉樹の森の入り口です。 木の上の方に点々と小鳥。 キョキョキョと鳴いています。 近づてみるとイカルでした。 センダンの実を食べて…

正月、庭に鳥を呼びました。

正月で帰省していた子や孫たちも、昨日でそれぞれ帰ってしまい、宴が終わって1月5日の今日からは以前の侘び住まい。 そこで小鳥を庭に呼ぶことにしました。 葉の落ちた楓の木にミカンを刺し、エサ台の上に小瓶にいれた蜂蜜ジュースを入れて待ちます。 暫く…

カラフトワシ

カラフトワシが木のてっぺんに止まっていました。 なかなか見れないのですが、小雨の降るこの日は1時間以上止まったままでした。 時々濡れた体を震わせて、水を払います。 小雨のせいかカラスも邪魔しにやって来ませんでした。

アオキの実

令和2年になりました。 今年もいい出会いがありますように。 ほんのありふれた植物、その他いろいろの生きとし生けるものとの出会いも、じっと見つめたら新しい発見があって、多分幸せになれると思っています。 正月らしい植物です。センリョウでもマンリョ…

オオタカ 雨に濡れた後

葉の落ちた大きな木の真ん中付近に鳥が止まっています。 なんだか羽と尾を広げています。 つい先ほどまで雨が降っていましたから、羽を乾かしているようです。 この目つきの鋭さ、オオタカのようです。 胸が縦縞ですからまだ幼鳥です。 枝の間から見る目はと…

ツグミ 風切羽がレンガ色

最近特によく見かける鳥はツグミです。 タヒバリよりずっと大きいので目立ちます。 たくさん渡ってきていますが、群れるのではなく田や畑にぽつりぽつりといます。数は結構多いです。 ツグミはその態度が独特です。 シャンと胸を張っています。そして4,5歩…

フェニックスの木に赤い花が咲いているよ!?

「小学校のフェニックスの木に赤い花が咲いているよ」と教えてもらいました。 フェニックスの花はクリーム色のはず。赤い花が咲くなんてそれは大事件と思って行ってみました。 教えてもらった小学校の正門から入ってすぐのところ。道路からも見える所に、立…

大根やぐら

今年の宮崎県の12月は気温がなかなか下がりません。 それで大根やぐらにもなかなか大根が下がりませんでしたが、正月を目の前にしてあわただしく作業が進んでいます。 ここは宮崎市田野町です。毎年の風物詩です。 大根を引く人、それを洗う人。そして軽トラ…

山奥のそのまた山奥の廃村 白水集落

昔、白水という集落があったと聞きました。 西都市と木城町の境を流れる瀬江川という川の上流だそうです。 なんでも10戸くらいの小さな集落で、学校の分校もなかったそうです。 一体どうして生活していたのでしょうか。 林道で出会った人に聞いたりしながら…

スズガモ

スズガモを近くで見ることはめったにないのですが、この日はすぐ近くにいました。 これはオスのようです。 こっちはメスかな。 「今から潜るよ~。見てて」 「はい!」 「いっち」 「にー」 「さん」 上がってきました。 「そして、潜って何を獲ったの」 「…

カンムリカイツブリ

池の真ん中にいる首の長い鳥。 カンムリカイツブリです。 繁殖期には見事な冠が来ますが今は冬。 これはこれでかっこいいです。

モズ

もずが枯れ木で 作詞 サトウ ハチロー 作曲 徳富 繁 もずが枯木で鳴いている おいらは藁を たたいてる 綿びき車は おばあさん コットン水車も 廻ってる みんな去年と 同じだよ けれども足んねえ ものがある 兄さの薪割る 音がねえ バッサリ薪割る 音がねえ …

ツクシガモがやって来ました。

海の近くの大きな池。 クロツラヘラサギを数えていたら、その向こうにツクシガモが到着していました。 今年は飛来が遅いようにあります。 だけど今から続々と到着するかもしれません。 ツクシガモは以前はとっても珍しいカモでしたが、宮崎では近年飛来数が…

賑やかなカワウ

今年もカワウがたくさんやって来ました。大きな川は大賑わい。 中州の木はカワウだらけ。 川に潜って魚を食べて満腹になったら、この木で休憩です。 そして、お腹がすいたらまた出かけます。 元気元気。 今、一ツ瀬川周辺で一番賑やかなのはこのカワウです。

マガモの色

ここは宮崎市内の海岸近くの小さな川です。 マガモのオスを近くで見ると感動します。 オスのこの輝き! それに比べてメスの地味なこと。 オスのこの輝きは、以前友人に教えてもらった構造色です。緑色の色素ではなくて、光が反射することによって緑色に見え…

サツマイナモリが咲いています。

山道の土手ににサツマイナモリが咲いていました。 殺伐とした冬の山で出会うとほっとする花です。 たくさんあるから見向きもされない花ですが、よく見るととてもかわいらしい花です。 この花を見た後車で進んでいましたら、コシジロヤマドリのオスが道を横切…

カモの水紋

大淀川の中流です。 カモがたくさん遊んでいました。 緩い流れの中を上流に向かって泳いでいます。 水の流れで水紋ができます。 水紋というより水流紋と言った方がいいかもしれません。 カモが飛んできました。 着水。 ここでも水紋ができました。 水紋はだ…

バンのいる蓮の池

宮崎県児湯郡新富町の海岸近くに池があります。 稚児ヶ池という池です。 その池は蓮がいっぱいです。 夏は蓮の花がきれいですが、今は葉が枯れて蓮の収穫の時季です。 時々おじさんが池に入ってポンプで水を汲んでかけながら蓮をとっています。 今日はおじさ…