オグロシギ2羽

田んぼの遠くにカラス、セイタカシギそしてその右に2羽の大きいシギ。

オグロシギでした。くちばしが少し赤っぽい。

飛びました。

オグロシギの尾。尾が黒い。だから尾黒シギ。

今の季節、田んぼや海岸を回ると珍しいシギチに出会うことがありますから楽しみです。

 

アオアシシギなど

川が海に流れ込むところ・・・川口・・・にシギが並んでいました。

アオアシシギ、アカアシシギ、コアオアシシギ、ソリハシシギ・・・。

アオアシシギ勢ぞろい。

飛び回ってあっちに下りたりこっちに来たり…落ち着きません。

まだ台風の後遺症が残っているようです。

 

台風の後の海岸

台風14号の爪痕はい当たるところに残されています。

ここは海岸、きれいな砂浜だったのですが木の枝などのごみが堆積しています。

下は南側。

下は北側。

ごみを乗り越えて海に近づくと、波打ち際にはごみはなくてシギやチドリが歩いていました。海も濁っていてどこからか海なのかわからないくらい。

一人物思いにふけるオオメダイチドリ。

 

他のシギもいるので近づいて見ました。

この頭が白いのは?ミユビシギでしょうか。

手前にはトウネンもいます。

波打ち際を飛んでいたシギチ。

全部シロチドリでした。

餌を捕ったり水浴びしたり・・・忙しそうなシギとチドリ達でした。

 

ホウロクシギとオオソリハシシギ

台風14号の去った後の入り江に大きな鳥が2羽いました。

ホウロクシギとオオソリハシシギでした。

こちらは飛びながらホイーンと鳴きました。

オオソリハシシギも飛びました。

オオソリハシは鳴きませんでした。

台風後の入り江や田んぼには色々の鳥がいました。後日。

 

台風後の庭にクロマダラソテツシジミ

台風14号、すごい風と雨でした。宮崎県内大きな被害が出たようです。

土砂崩れ、床上浸水、田畑が浸水、ビニールハウスが壊されたり・・・自然の猛威には無力感しかありません。

うちの庭には、近くの山から飛ばされてきた木の葉がいっぱいでした。

掃除していると変わったシジミチョウがナンテンの葉に止まっているのに気付きました。

何だろうと思って調べてみました。

なんとクロマダラソテツシジミでした。

日南海岸にはソテツがあちこちにあって、クロマダラソテツシジミもよく見ますが、台風に飛ばされて我が家に降り立ったのでしょうか。

アカアシシギ達

台風前、晴れていたかと思うと突然土砂降りになったり・・・。

田んぼにシギが一人ぼっちでたたずんでいました。

アカアシシギかツルシギか。

下の写真、2キロくらい離れた田んぼにまたいました。

そっくりですが別人です。

嘴が未だ赤くありませんが、拡大してみると上下とも赤くなり始めています。

アカアシシギのようです。

3回目の正直で、今度は川の南側の田んぼに2羽いました。別人です。

3回目の正直というのは1羽がクチバシガ上下とも赤くて、これならツルシギでなくはっきりアカアシシギだと私にも分かるからです。

アカアシシギの集団が降りたって、分かれたのでしょうか。

探せばまだいるかもしれませんが今日(16日金曜日)は台風14号のせいで風が強くなりましたので早めに引き上げました。

今日の荒れた海です。明日からは暴風雨になるかもしれません。

ガガイモが咲きました。

ガガイモの花を見に行ってきました。

道路わきの藪、絡みついて伸びあがり、花を咲かせていました。

花の色は赤紫ですが、白い毛に覆われているため感じよく見えます。

宮崎ではめったに出会いませんが、北に行くほど道端の花としてよく見られるそうです。

 

雨の合間、田んぼのシギ

雨続きで、田んぼに水のたまったところがあります。

その真ん中にシギの影。

中位の大きさのシギです。動き回ってエサ探しです。

コアオアシシギでした。



向こうに黒っぽい鳥が一羽。

アカアシシギでした。

コアオアシシギの仲間になって渡っているようです。