読書・本

ルナールの博物誌 そして油紙のカバーの文庫本の話

「令和」は万葉集だそうですが、 「朋(とも)有り、遠方より来たる。亦(また)楽しからずや」 これは論語です。 友達のK氏が遠くから訪ねてきました。とても楽しかったです。 そしてこれお土産・・・手渡してくれたのは、岩波の文庫本。 「ルナールの博物…