宮崎の植物

キバナノショウキラン  きれいな株でした。

ショウキランは見たことがありますが、キバナノショウキランを見たことがありませんでした。 ところがその機会が訪れました。きれいに咲いていると教えてもらって、川沿いの道でキバナノショウキランを見ることができたのです。 大雨の天気予報の中、傘を持…

ナゴラン 沖縄の名護出身です。

フウランの花を探していたら、ナゴランもありました。 ナゴランのナゴは沖縄の名護だそうです。名護岳で見つかったとき名前が付いたそうですが、沖縄でも自然のものはほとんどなくなったようです。かえって宮崎の方が残っているのかもしれません。 下の横に…

フウラン 風に揺れて

家から車で2時間くらいの北の方の山に着生ランを見に行ってきました。 大きな高い木の上でフウランが咲いていました。 自然の中のフウランはなかなか見ることができません。 人が木に登れるようなところの着生ランはなくなっていますので、随分高いところの…

ヤクシマラン    ランの花らしくない花

午前中雨でしたが、昼になったら止みましたので、渓谷のある森にヤクシマランを見に行きました。 何株も咲いていましたが、どれも小さいこと小さいこと。 私の目にはなかなか入ってきませんでした。 ここのヤクシマランの多くはほんの3、4センチ位。黄色い…

マヤラン メキシコのマヤではありません。

マヤといえばメキシコ・ユカタン半島のマヤかと思います。 そのマヤ文明の何かの色合いからついた名前かと思いましたが、そうではなくて、日本の神戸市六甲の摩耶山(まやざん)で見つかったからマヤだそうです。 深い森の、落ち葉の積もった場所を丹念に見…

ツチアケビ もうすでにウインナーソーセージ。

6月3日にツチアケビの花のことを書きました。 その時、「秋にはウインナーソーセージ」と書きました。 所がもうウインナーソーセージになっていました。はや~い! 6月3日に載せたツチアケビの花の写真です。 それがもうこんな姿になっているのです。 その変…

キバナノセッコク これも着生ランです。

キバナノセッコクが咲いているということで見に行ってきました。 大木の幹に付いていました。 花がちょうど良い頃でした。 ところでキバナでないセッコクというのがあります。 下の写真。わりとよく見られる植物です。花が白。 セッコクの花の黄色いのがキバ…

オサラン 何がオサ?

森の中の大きな木の幹にオサランが咲いていました。着生ランです。 今はオサランの花の咲く時期です。 花が咲いてみて、こんなところにオサランがあったのかとびっくりします。 花がないと見過ごしてしまいます。 別の森。 下はまた別の森。この日は三つの森…

オオバヨウラクラン 赤い紐がぶら下がっています。

雨上がりの森の大木。マメヅタが着いています。 その中に赤い線。このぶら下がったもの、これがオオバヨウラクランの花です。 マメヅタの葉と比べて分かるようにとても小さいです。10センチから20センチ。 紐には赤い花がびっしりついています。 葉が面白い…

フシグロ 初めての出会いでした。

「フシグロ見たことがありますか」 「フシグロセンノウ、見たことありますよ」 「フシグロセンノウではなくてただのフシグロ」 「そんな植物があるのですか?」・・・ ということでフシグロを見に行ってきました。 ありました。 フシグロは節黒・・・確かに…

コクラン 黒っぽい花で目立ちません。

小さな川沿いの道を歩いていたら、その土手にコクランが何本もありました。 日の当たらない薄暗いところです。 花は小さくて暗い紫色なので、顔を近づけて目を凝らさないと、咲いているのかどうかさえ分からないくらいです。 今回は運よく丁度花が咲いていま…

ナギラン 雨の中見に行きました。

これを書いているのは7月3日水曜日です。 私の住んでいる宮崎市も雨が降り続いています。 今日は一時(いっとき)も止みません 災害が起きそうな雨です。これだけ雨が続くと、土砂の中の水が飽和状態になります。土砂崩れが心配です。 書いているのはナギラ…

ネムノキネムノキ合歓の花

〈ねむの木の子守歌〉 美智子皇后陛下作詞・山本正美作曲 ねんねの ねむの木 眠りの木そっとゆすった その枝に遠い昔の 夜(よ)の調べねんねの ねむの木 子守歌 薄紅(うすくれない)の 花の咲くねむの木蔭(こかげ)で ふと聞いた小さなささやき ねむの声ねんね …

タシロラン 幽霊みたい。 

静かな森の小道を歩いていました。 小道というより小径という方が似合いそうな道です。 「哲学の小径」 だけど最近誰も歩いていないような道です。 落葉の中に何か白いものが。 この白い色はタシロランです。 イモネヤガラと同じく、葉のない菌従属栄養植物…

ムカゴソウはよく見ると?

綺麗に育ったムカゴソウに会いました。とても元気そうで高さは50センチ位。 せいたかのっぽさんです。 花がびっしり、稲の穂みたいです。 花も綺麗に揃っていて丁度良い頃です。 花一つ一つをよく見ると何に見えますか?? 私には「ドジョウすくい」を踊って…

イモネヤガラ  葉はないのに 立派な花が咲いていました。 

イモネヤガラは変な植物です。 イモネヤガラは南方系の植物で、宮崎県、鹿児島県以南で見ることができます。私が見た一番北は宮崎県日向市です。 最初に出会ったのはもう10年以上前のことです。 同じところに毎年出そうですが、それが必ずしもそうではありま…

ササバラン 小さなお猿さん

一昨日の土曜日、6月22日は夏至でした。 今から少しずつ日が短くなると思えば、ちょっと寂しい気持ちになりますが、いやいやそんな感傷に浸る気になれない「うだるような暑さの夏」が目の前に。 その一昨日は曇ったり晴れたりの日、一人で野山を歩いておりま…

ヒツジグサ 丁度未の刻(ひつじのこく)に開花しました。

ジュンサイの池にもう一つ水草が咲いていました。 ヒツジグサです。 ここで面白いことがありました。到着してすぐヒツジグサの花の写真を撮りました。 下の写真、花が開き切っていません。これが12時34分です。写真のファイルを調べればわかります。 この写…

ジュンサイの花

ジュンサイの花が咲いている頃だと思って行ってきました。 宮崎県の西の方の山手にある小さな池です。池の向こうは木が茂っていて近づけません。 付近にはぽつりぽつりと農家があります。 この池のジュンサイは栽培ではなくて自然のジュンサイです。 自然の…

深い森の中、ダルマエビネが咲き始めていました。

雨上がりの日、リュックにペットボトルの冷たい水を入れて、熱帯雨林みたいな湿度の高い森に分け入りました。 去年ダルマエビネを見た森です。 去年見たのはどこだっかか、目印をつけていないのでなかなか辿り着けませんでした。 そして苦労の末やっとダルマ…

ヒメコウホネにクロイトトンボ

延岡市北川町の家田湿原に行ってきました。 真中を流れる小川にはヒメコウホネがたくさん咲いていました。 水量が豊富で、藻が繁茂しています。水底からスーッとヒメコウホネが伸びてきて、真ん丸の黄色い花を咲かせています。 そのコウホネの1本にイトトン…

梅雨はアジサイ

梅雨の時期です。 宮崎は降ったり止んだり。 6月14日、きょうは降っています。 田舎道を走っていると畑の向こうに屋敷があり、その周りにアジサイ。 うーん、なんだか感じがいい。 昔、私が住んでいた家の周りもアジサイで囲まれていました。 昔のアジサイは…

ハマボウフウ 砂浜に落ちているカリフラワー

波打ち際から少し陸側に行くと草地になります。 そこは海浜植物の生育地。 こんな花がありました。 ハマボウフウです。 浜防風と書きます。風を防ぐ? 一説には、この花が砂浜に深く根を下ろして葉を広げ、砂が風で飛ばないように頑張っているとか。 砂浜の…

チョウジソウの自生地に行ってきました。

全国的に絶滅が心配されている植物の一つです。 今回私が行ったところは数少ない自生地ですが、荒れ野で、ほかの植物がいっぱい繁茂しており、ここも危機的な状況でした。 時期が遅かったのか、花はほんの数えるほどでした。 植物自体は80センチ位の背丈です…

ピンクのコガクウツギの花が咲いていました。

私に一番好きな花は何かと聞かれたら「コガクウツギ」と答えます。 今の時期ちょっと山道に入ればどこにでもある花です。 それも道沿いにずっと並んでいることもあるくらい普通の花です。 初夏の花です。 花びらが純白でとてもきれいです。 小鹿を見た後車を…

シソバタツナミソウ 葉がシソの葉っぱ?

少し高い尾根の上を林道が走っていました。眼下に一ツ瀬川が見えました。 西に向かって延々と続いています。 10キロ位走ったかなと思った頃、何か鳴き声がしました。 クェーン、クエーン。 甲高い声。 車を止めて崖の方を見ると、小さな青紫色の花がたくさん…

キキョウラン 潮風を受けて

高い岩の上に咲いていました。 随分茎が長くて、その先に小さなキキョウ色の花が咲いています。 それでキキョウラン。 まだ咲き始めたばかり。 蕾が多いです。 沖縄に行ったときは畑の道端にたくさんあってびっくりしましたが、宮崎ではここで見ただけです。…

ハタザオ  芯の強い人

海岸近くの草原の中に全く目立たない植物がありました。 どうしてこんなにひょろっとしているの思うくらい長い茎と花穂。 そして小さな花。 どこからどこまでが植物かわかりにくいですから、一番高い所と根元に赤い矢印をつけてみました。 「長いですねえ、…

ツチアケビ 秋にはウインナーソーセージ

雨模様の日が続いています。 気象庁は九州南部が5月31日梅雨入りしたと発表しました。 そんな中、落葉の多い近くの森にツチアケビを見に行きました。 ランの花です。 だけどこれも葉がありません。菌従属栄養植物です。 ナラタケ属の菌糸を取り込んでラン菌…

ナミキソウとコナミキ 波が来るところに

宮崎県北の海岸で、ナミキソウとコナミキを見てきました。 今までなかなか花と時期が合いませんでしたが、今回は丁度良い頃でした。 タツナミソウ属の海浜植物です。 だけど生えている環境が少しだけ違いました。 ナミキソウは砂地。コナミキは海岸の荒地と…