宮崎の植物

オサラン

森の中の大きな木の、手の届かいない高いところに綺麗な着生ランの花が咲いていました。 オサランです。 着生ランは、花もそうですが、葉と根とバルブも見る価値があります。 バルブというのは葉と根の間についている大豆のような丸い塊です。 種類によって…

サクララン

日南海岸にある神社の杜のサクラランを見に行ってきました。 綺麗に咲いていました。 手毬のようなサクララン。 今年は豊作です。見に行った時期もよかったのかもしれません。 ここは港町。 その昔、南からやってきたのでしょうか。 アコウの木に着いていま…

ミヤマムギラン

森の中をひたすら歩いていると大きな木が朽ちて倒れていました。 黄色の矢印のところに着生ランが着いています。 花が赤い。ちょうど咲いていてよかった。 ミヤマムギランでした。 反対側にも。 何ヵ所かに着いていました。 偽球茎も可愛いです。 花は小さな…

タシロラン

今回は宮崎県の北の方の山に行ってみました。 ヤイロチョウのいる山です。 鳴いている森に近づいて声を聞いていると、近くにこんな植物がありました。 茎も花も白い植物。 タシロランです。 見渡すとあちこちにありました。 タシロランは菌従属植物ですから…

ネジバナ

草原にネジバナが咲いていました。 今の時季あちこちで出会います。 この花がめったに見られない花なら、見つけたら大喜びすることでしょう。 いつも通り過ぎてしまうけど、しゃがみ込んでよく見たらなんと綺麗なこと。 色の薄いネジバナもありました。。 前…

ナギラン まだ梅雨

ナギランを見に行ってきました。 宮崎の梅雨はまだ開けません。 小降りになった時を見計らって薄暗い林内に入りました。 咲いていました。 ナギランの花、綺麗な花。 まだ蕾もありました。 ナギランの葉は木の葉みたいです。 梅雨の真っ最中なのでそれほど暑…

コクラン

コクランは山に行けば時々出会いますから、いつでも写真は撮れると思っているといつの間にか時機を失してしまいます。 今年は何とかまだ咲いている株に出会いました。間に合ってよかった。 コクランの花は? 一人一人は面白い形です。 下の真ん中の人、野球…

過酷な条件で細々と生きるヤマジソ

海岸の岩場。 小さな小さな花が咲いていました。 どのくらい小さいかというと・・・。 一円玉に比べ花がこんなに小さい。 ヤマジソはなかなか見れない植物で、絶滅の可能性が高いそうです。 しかし見つけた所は海岸の岩場。磯釣りをする人が通る岩の隙間です…

イモネヤガラ

今年もイモネヤガラが咲いていました。 梅雨時の雨の合間に会いに行きました。 イモネヤガラは葉がありません。菌従属栄養植物です。 共生する菌類から栄養を貰っています。 だけどシンビジュウムのような立派な花です。 大柄です。30~50センチ位ありまし…

オカトラノオ~暑くなってきた草原

草原では、虎の白い尾っぽがなびいています。 オカトラノオです。 やってきたのはベニシジミ。 そしてイチモンジセセリ。 ツマグロヒョウモン。 あまり咲いている花がないので、オカトラノオは今人気者です。 ユーラリユラリ、ユーラリユラリ 、ユーラリユラ…

ササバラン

ササバランが咲いているよと教えてもらって、見に行ってきました。 そろそろ梅雨が上がるころの晴天。まだうだるような暑さということではないですが、それでも暑いので、時々車に戻ってクーラーに当たったり、昼寝をしたりしながらの野山散策です。 ササバ…

ギョクシンカ

木の花、ギョクシンカ・・・玉心花 宮崎では、海岸近くの鬱蒼とした森に行けば比較的容易に出会えるので、そんなに珍しい花とは思っていませんでしたが、北の方にはないのだそうです。 私の背の高さ位の常緑の低木です。 梅雨の時期、ダルマエビネを見に行く…

ダルマエビネ

小雨の森の中、まるで熱帯の森みたいに蒸し暑いところです。 藪を分けて入っていくと、ダルマエビネが咲いていました。 1週間くらい前行ったときはつぼみでしたから、もうそろそろかなと思ったのです。 今日はちょうど見頃。 今年も見ることができました。 …

ムラサキニガナ

森の小径。 せいたかのっぽのムラサキニガナ。 1枚の写真に入れるのが大変。 花が少し開き始めました。 時々花と葉に木漏れ日が当たります。 遠くでシカの鳴き声。

カキラン~高鍋湿原

高鍋湿原に沢山咲いていた花。 草に埋もれて咲いています。 カキランです。 カキラン以外の花。 ハッチョウトンボの先の黄色い小さな花や紫の小さな花。 黄色いのはミミカキグサ。 紫はムラサキミミカキグサです。 こんなのも出ていましたが、これはニラバラ…

梅雨空・・・山の中のヒュウガアジサイ

梅雨空です。 山奥に行きました。 小さな滝がありました。 そこの崖にヒュウガアジサイの花が咲いていました。 アジサイは今の時季街の街路でも見かけますが、山の中に咲く自然のものはまたいいものです。 感動します。 滝の水しぶきがかかるので葉もきれい…

ツルコウゾの実は黄イチゴ。

山に黄色いイチゴがなっていました。 背が高くて、高いところの実は手が届きそうにありません。 ツルのようです。絡まっています。 葉がモミジではありません。 ツルコウゾでした。 ツルコウゾの実はもうすこし赤いと思っていましたが、ここのは黄色い。 食…

ジャケツイバラ

綺麗な花が咲いていました。 写真にしたらランの花のよう。 実体は下の写真のように山の斜面に生えていた結構大きな木です。 ジャケツイバラ。 木の下に入ると蔓性の植物で蔓の枝がもつれ合って異様な感じです。 ヘビがもつれ合っているように見えるというこ…

夕暮れ時のヤマボウシ

山道がどこまで続いているのか、ずっとずっと車を走らせておりました。 そのうち日が沈んでしまいましたがまだ明るいのです。 すると木の上面に花をいっぱい着けた木に出会いました。 手前の木は赤い花、その向こうの木は白い花。 どちらも同じ花でした。 近…

廃屋の石垣にユキノシタ

山奥に行くと時々廃屋に出会います。 古い石垣でそれと分かります。 昭和40年代から50年代の高度経済成長期に、道路状況の悪い山奥の家は少しずつ街に出て行って、家だけが残されたようです。 先祖代々受け継がれた家を去るのはどんなにつらかったことで…

可憐だけど強い花・・・チリアヤメ

青い小さなプロペラ! 公園の隅っこに沢山咲いていました。 初めてみました。 チリアヤメ。 草丈は10センチ位。花は3センチ位。 大正時代の初め、南米チリから移入されたそうです。 生命力旺盛で、今では野生化し宮崎までやって来ました。

サイハイラン

曇りの日、森に行きました。藪の中にサイハイランが5か所。 今年は丁度花が一番きれいな頃に行き当たりました。 垂れ下がった花、不思議な花です。 葉を探しましたがありません。 花が終わってから出てくるのでしょうか。

コケイラン

コケイランの花が満開でした。 少し高度のある沢です。 よほど水が好きなようで、薄暗く水しぶきがかかるようなところでよく見ます。 葉もあります。 ランの葉ですねぇ。 夕暮れ時に2株見つけました。今年も見つかってよかった。

マルミカンアオイ

山道の崖に綺麗な亀甲葉のカンアオイがありました。 数株の中で花が咲いているものがありました。 崖ですから花が見やすいのです。 萼筒が丸っこい。マルミカンアオイだと思います。 宮崎では割とこのマルミカンアオイが多いのです。 花の付いていない株。 …

オオヤマフスマ

一緒に草原に行った人が、足元の小さな小さな白い花を指さして「これがオオヤマフスマ」と教えてくれました。 何とこんなに小さな花。 オオヤマフスマ。 草丈は10センチ位、花の直径は1センチもない位。 なんでもない花ですが宮崎ではなかなか見られない花…

ツクシイバラがきれいです。

今の季節、宮崎の大きな川の川岸に行くとたくさん咲いています。 他の場所でも出会うかもしれません。 小雨の中私が行ったのは、宮崎市の清武川と加江田川の海近くです。 雨が降っていなければ青島が望める所です。 たくさんありました。 雨でほこりが洗い流…

サダソウ

サダソウの咲いている海岸に連れて行ってもらいました。 え、咲いている? 花は? この緑の棒についている白い点々が花? サボテンみたい。 海岸の崖にいっぱいありました。 とても珍しい植物で四国と九州だけにあるのだそうです。 鹿児島の佐多岬で発見され…

ウスギムヨウラン

薄暗い森の中。 ウスギムヨウランが咲いていました。 まだ咲き初め。 唇弁の紫の斑点がきれいです。 もうすこしパッチリ開いてほしい。

ハマウツボ

すっかり夏になった砂浜。 そこで珍しい植物に出会いました。 ハマウツボです。 浜靫と書きます。靫というのは武士が背中に背負って矢を入れている入れ物だそうです。 一本全体がきれいに咲き誇ったハマウツボを見たいのですが、いつも出遅れてしまいます。 …

ウワミズザクラ

山への途中面白い花に出あいました。 「白い試験管洗い」 試験管を洗う試験管洗い。 中学校の理科室に置いてありました。 ウワミズザクラです。花の1個1個はサクラです。 ウワミズとは何でしょう。亀甲占いの時使う材で、その上面に溝を彫って使ったところ…