宮崎の植物

タコノアシ

今年もタコノアシの花の季節になりました。 毎年見ている海岸近くの道路わきのタコノアシ。 目立たない花です。アリさんが来ています。 秋が深まるころ、ゆでだこのように赤くなります。 その時の方がタコノアシという名前にぴったりです。

猫の乳

最後の人家を過ぎて山の上の方に登って行きました。 すると道端に見たことのある黄色い実。 ネコノチチです。1回聞いたら覚える名前です。 この黄色が赤ちゃんを育てている猫の乳首。 黄色が赤くなって、そして黒くなります。 わが家で猫を飼っていて、子猫…

萩の花にキタキチョウ

山の上では道路わきに次々と萩(はぎ)の花が現れます。 萩の花は雑草のごとく・・・あまり気に留めたことがありませんでした。 やはりざわざわっと花が着いているので、一つ一つの花の良さがあまりわかりません。 一つ一つの花はこんな花でした。 マメ科の…

この花何の花、サフランモドキ

宮崎市内のはずれにある溜池の堤防です。 カヤ類やシダ類など草が生い茂った中にピンクの花が点々と。 これはまた艶やかな花です。 この艶やかさは外来種に違いありません。 帰って調べてみました。 サフランモドキでした。思ったとおり外来種です。 江戸時…

2枚の花びらハグロソウ

台風10号が過ぎ去った近くの林の中、小さな枝や葉が一面に落ちていました。 小さな川沿いを登っていくと、可愛い花が一面に。 近づいたらハグロソウでした。 遠くの山では見たことがありますが、こんな身近にたくさんあるなんてびっくり。 2枚の花びら、…

ミヤマウズラ

大きな台風が近づいていますがまだ大丈夫な日。 尾根伝いに林道が走っていますが、車は全然通りません。 遠くまで眺望がきいてとても気持ちのいい道です。 それでそこで車を止めて休憩しました。 反対側の崖を見るとミヤマウズラが咲いていました。 まだ三分…

この山道の葛(くず)の花

今、葛の花が満開です。 山道を行くとこれもいたる所で繁茂しています。 少なかったら大切にされるのでしょうが。 外来種・・・いえいえれっきとした日本の花。 秋の七草のひとつです。 秋の七草は万葉集の山上憶良(やまのうえのおくら)の歌からきているよ…

ヤマジオウ

山道に沢がありました。 水が少し流れ落ちています。 その沢を登ってみました。 ヤマジオウが花を着けていました。 地面に這いつくばった葉に、花もその葉にくっついています。 低姿勢の花です。 葉が綺麗です。 とても小さな花ですが、こちらも低姿勢になっ…

シデシャジン

シデシャジン。 花が面白いです。まるで船のスクリューです。 藪の中に何本か固まって咲いていました。 シデとは、神社で玉串などに付ける白い切れ込みのある紙、あれが四手だそうです。 それに似た切れ込みだからシデシャジン。スクリューシャジンではあり…

ノシランとヤブラン

今の季節、里山の山際に行くといっぱい咲いている白い花と紫色の花です。 白い花はノシランです。 宮崎では至る所に咲いています。 葉がとても元気に繁茂します。それに比べて花は葉から少しだけ顔を出しています。 ノシランは傾斜地が特に好きなようです。 …

ヒュウガギボウシ

林道を走っていたら、突然水の音が聞こえました。 車を止めてどこでその音がしているのか探しましたら、見下ろす下に大きな滝があってびっくり。 水しぶきで霞んでいます。 滝の途中の岩に葉が見えます。 双眼鏡で見たらヒュウガギボウシのようです。 近くの…

今頃カシノキランの花

カシノキランが大きな木の高いところに花を咲かせていました。 今8月下旬。 私の感じでは他の山では6月中が開花時期と思っていたのですが。 昨年もここの木のカシノキランの花は今頃でした。 何かが違うのでしょうか。 チョウに春型と夏型があるように、カ…

空調ジャンバーを着て見て回ったノヒメユリ

長いこと雨が降りません。 草原の植物たちは大丈夫かなと思って見に行ってきました。 大丈夫でした。 野原の植物というのは強いものだと感心しました。 ノヒメユリが顔を出していました。 私の好きな花です。 小さなユリです。 下の写真、こんなに小さいので…

ナツエビネ

今年も自然の中のナツエビネを見ることができました。 崖の途中、急峻で登れません。 望遠レンズで写真を撮りました。 薄い紫色の花、なんとも涼しそうな色です。 まだ五分咲き位。 渓谷の近くの日の当たらない所で割と涼しい所です。 車を止めて、ナツエビ…

ベニシュスラン

今年もその時期になりましたので、秘密の場所のベニシュスランを見に行ってきました。 咲いていました。 だけど小さくて探すのが大変です。 やっと目に入りました。 葉に比べて花が大きすぎ。 不釣り合いです。 付近に何本かありました。 ベニシュスランは私…

サイゴクイワギボウシ

わりと標高のある山道の崖に咲いていました。 サイゴクイワギボウシです。 イワギボウシの変種だそうです。 茎に茶褐色の斑紋があるのが特徴だそうです。 この淡い青紫の色がとてもきれいです。 例年は崖の高いところばっかりにあるのですが、今年は手の届く…

ツクシトラノオ

高原の夏、ツクシトラノオが咲いていました。 房状の花が上を向いて咲いています。 とてもきれいです。 下の写真、葉は柄があってかつ鋸葉です。 ツクシトラノオは珍しい植物のようです。 ところが今は同じ草原に紫の穂の花がたくさんあります。 それはクサ…

陸の妖精シロシャクジョウ

まあこの写真を見てください。 海の妖精クリネオ、それに匹敵しそうな陸の妖精シロシャクジョウです。 小さな植物です。 小さいこと小さいこと高さ5センチくらいでした。 これも葉がありません。菌従属栄養植物です。 こんなに小さくてひ弱そうなのに、今ま…

ノギランの白い穂

昔は村と村を結ぶ大切な道だったのでしょうが、今はトンネルが抜けて、山越えの道は通る車もいません。 そんな古い道の土手に白い穂がいっぱい。 この白い穂は何。 ノギランのようです。 ノギランをよく見るのは実になった時期で、花の時期に巡り合ったのは…

シシンラン

シシンラン 車を降りて随分歩きました。木陰とはいえ汗をかきます。 谷川にたどり着きました。 見上げる大木の、苔やらシダ類やら着生している中にシシンランの白いラッパ状の花が見えました。 ちょうど満開の時季でした 。 シシンランと言っても想像の中の…

キバナノセッコク

木の幹から垂れさがった葉の先に白っぽい花。 これは一体何の花。 宿り木? ほかの幹にも纏まって下がっています。 キバナノセッコクでした。 自然の中のキバナノセッコクが見れて幸せです。 もう盛りを過ぎていますからちょっと黄色が足りません。 あと10…

イワタバコの花は星型

渓谷沿いの道。 所々、山の方から小さな川が流れてきています。 そこの岩にイワタバコの花がありました。 岩に着いた、タバコの葉に似た葉の植物・・・だからイワタバコです。 歩いていくと道路わきの崖にイワタバコがいっぱい現れました。 渓谷沿いの道はこ…

ナツズイセンとウバユリ

山奥に集落がありました。 人の住まなくなった家の並ぶ小さな道を進んでいると、道端のあちこちに綺麗な紫がかったピンクの花が咲いていました。 高さは50ンチ以上ありました。 ナツズイセンです。 葉が無いし、なんだかヒガンバナに似ています。やはりヒガ…

ここのシュスランは赤っぽい。

ここは梅雨が上がったばかりの渓谷です。 薄暗くて、湿気の多いところです。 小さな花のシュスランが咲いていました。 高さは12センチくらいでした。 独特の葉のシュスラン。 この渓谷のシュスランは、全体に赤みがありました。 今まで見たのはもうすこし…

マルミノヤマゴボウの赤紫

渓谷沿いの道を車でゆっくり走っていました。 この長雨で所々崩落した石がありますから、時々それを道路脇に動かして進みます。 するととっても鮮やかな赤い花がありました。赤というより赤紫でしょうか。 背丈が1メートルくらいです。 マルミノヤマゴボウ…

フウラン、風の蘭

時季を失してしまいましたが、着生ランを見に行ってきました。 フウランとナゴランです。 見上げた大きな木の、大きな枝に着いていました。 フウランの方は丁度綺麗に咲いていました。 風に揺れて・・・風蘭です。 ナゴランの方は沢山株が着いていましたが、…

ハナイカダ

森の中で3週間前にハナイカダの実を見ました。それが下の写真です。 緑の実が多いです 3週間経っての写真が下です。 全部黒い実になりました。 ハナイカダ・・・花は終わって、葉っぱの真ん中に立って筏を漕ぐ黒い実の船頭さん。 私の背丈より低い位の木で…

ハカマカズラ

宮崎市の青島から南下すると海岸沿いを国道が走っています。 海の見える国道でとても景色がいいところです。 そこは日南海岸国定公園に指定されています。 日南海岸国定公園は、宮崎県だけではなく南下して鹿児島県志布志市の肝属川までが含まれるそうです。…

オオバヨウラクラン

雨の合間の森の中、大きな木に赤い紐が沢山ぶら下がっています。 この独特の花の形はオオバヨウラクランです。 この木に着生している着生ランです。 オオバヨウラクランはなかなか出会いません。 ここは毎年見ることのできる貴重な場所です。

広い砂浜、ハマユウにナガサキアゲハ

日南海岸を南下して串間市の海岸に行ってきました。 広い広い砂浜。 まだ梅雨が明けませんが雨は止みました。 砂浜が切れる所の崖にはハマユウがいっぱい。 ハマユウはの花。 そこにやってきたチョウ。 最近見かけなかったナガサキアゲハでした。 チョウを見…