宮崎の植物

ミズトンボの顔

ミズトンボが咲いているよと教えてもらました。 宮崎県児湯郡高鍋町の高鍋湿原です。 ミズトンボ。 日当たりのいい湿地に生えます。 この湿地にはたくさん生えていました。 今が盛り。 ダイサギソウくらいの大きさでしょうか。4~50センチ。水辺に生える…

オオマルバノテンニンソウ  満開の頃は葉が虫食い。

宮崎市の鰐塚山の頂上付近です。 道路脇にはこの花がいっぱい咲いています。 一緒に歩いている人が「オオマルバノテンニンソウ」と言いました。 「この人、間違っている」と思いました。私が教わったのは「ツクシミカエリソウ」というかわいい名前。 帰って…

ヒガンバナ  もうすぐお彼岸

田舎に行きました。 畑に通ずる小道にヒガンバナが咲いていました。 今あちこちで見かけます。 これを見るとお彼岸が近づいたなあと思います。 田舎の風景です。 畑が私たち日本人の食べ物の原点です。 今年のお彼岸は9月20日金曜日から9月26日木曜日までの7…

オミナエシ 秋の七草のひとつ

季節は秋に向かっています。 野原には秋の花が咲き始めました。 秋の七草 「萩(はぎ)の花、尾花(おばな)、葛(くず)の花、撫子(なでしこ)の花、 女郎花(おみなえし)、また藤袴(ふじばかま)、朝貌(あさがお)」 そこできょうはオミナエシです。 …

ダイサギソウ 草いきれの中で

その季節になったのでダイサギソウの咲いている野原へ行ってきました。 着いたのがちょうどお昼ごろ、今年はどうしてこんなに暑いのかと思うぐらい暑い日でした。 ダイサギソウは咲いていました。草の中に埋もれるように。 草をかき分けて写真を撮りました。…

ネコノチチ  変な名前の木

山道の道路脇にあった木です。 割と低い木です。 黄色の実や、熟した黒い実がなっています。 グミの実より少し大きい実です。 ネコノチチという木です。 「猫の乳」です。面白い名前。 私が小さいころわが家にはいつも猫がいました。 子猫が生まれるとお母さ…

グンバイヒルガオ  夏の終わり

夏の終わりの砂浜、遠くに釣りをする人ひとり。 7月初めから夏の間ずっと砂浜を賑やかにしていたグンバイヒルガオ、花数も少なくなってそろそろ終わりを迎えようとしています。 連日の降ったろ止んだりの天気、その中で雨に濡れています。 グンバイヒルガオ…

ナンバンギセル

今年もナンバンギセルの季節になりました。 いっぱい咲いていました。 ススキなどにに寄生しているということですが・・・ススキがない。。 下の花、横から見るとその煙管に似ているのです。 今頃は煙管(キセル)を見たことがない人がいるみたいです。私の…

キリシマシャクジョウ

初めての山道を車で走っていたら、立派な森がありました。杉林ではありません。 自然のままの照葉樹林です。 木がとても大きいので森の中に入ってみました。 落葉でふわふわ。 しばらく進んで大きな木の根の付近を見ると小さな小さな白い棒が立っています。 …

ヒュウガギボウシ 花が重すぎ

尾根道を走っていると見晴らしのいいところがありました。 反対側は急峻な岩の壁。日当たりのいい崖です。 そこ一面に白い大きな花が咲いています。 下から見上げて写真を撮っています。 ヒュウガギボウシです。 花はこのように崖から垂れています。 重すぎ…

カシノキランはどんな顔?

着生ランを探すのは首が痛くなります。上を見上げて双眼鏡で探しますから。 しかし見つかったときの喜びは一入。 カシノキランが大きな木の幹についていました。 何株もついています。盛りでした。 根がしっかり幹に張り付いています。 さてさてカシノキラン…

キリシマシャクジョウ  不思議な世界

とっても小さくて、葉が無くて、白い・・・。 ヒナノシャクジョウ・・・シロシャクジョウ・・・いえいえ今回はキリシマシャクジョウです。 えびの市からえびの高原に登る県道沿いで、数年前に見つけていました。そこに行ってみました。 今回は1本だけ咲いて…

御崎馬とヒオウギ

都井岬に行ってきました。 今草原の中はヒオウギが満開。 その中で御崎馬(みさきうま)が草を食んでいました。 都井の野生馬と呼ばれいます。 咲いているのはヒオウギ。 ヒオウギの向こうは海。輝く海。 都井岬はとてもいいところです。 広々として道路にも…

登山道の花  ミヤマツチトリモチなど

白岩山に登る途中に出会った花です。 ミヤマツチトリモチ ツルリンドウ キレンゲショウマ ツチアケビ カケスの羽が落ちていました。独特の模様です。 白岩山岩峰はネットで守られていますから花が豊富ですが、登山道はシカが入り込むので殆ど植物が見当たり…

夏の終わりの白岩山の花

7月下旬にも白岩山に行きましたが、1ヶ月経ってまた行ってきました。 今回は大学生の孫と一緒です。 1ヶ月の間に咲き始めた花、変わらない花等色々でした. 岩山を滑り落ちないように気をつけながら探し回ると、次から次に花が現れるので何の花か思い出せな…

ムカゴトンボ  

ムカゴトンボが咲いていました。 大1、中1、小2本の4本。 大の方はもう終盤でしたが中は良い頃。小は今からという所でした。 中の株と小株2本は並んでいます。 近くにあった一番大きい株。少し盛りを過ぎていました。 ランの花はそれぞれ個性があります。 ム…

自生のナツエビネ

エビネは普通春に咲きますが、これだけは夏に咲きますからナツエビネです。 この花には、たまにひょっこり出会います。 今回は教えてもらって行ってきましたが、「え、こんなところにあるの」というような意外な林道の道端でした。 薄紫色の花、1回見たら間…

川沿いの道端にベニシュスランが咲きました。

登山道に通じる薄暗い谷川沿いの道。 今年もベニシュスランを見ることができました。 自然の中に突然花を咲かせるベニシュスラン、すごい! 薄紅色の花。 地面にへばりつくように咲いています。ほんの数センチの高さ。 花は、筒状の長い花。ちょっと葉に比べ…

サギソウの咲く高鍋湿原

宮崎県児湯郡高鍋町の高鍋湿原に行ってきました。 サギソウの真っ盛り。 本当にサギに似ています。 どうしてこんな形に進化したのでしょう。不思議。 結構たくさん咲いていました。 広い草地のあちらにもこちらにも。 だけど湿地ですから人は中には入れませ…

ハマユウ 波が種を運びます。

美々津海岸に咲いていたハマユウです。 一つ一つの花は、近づいてよく見るととてもきれいです 元来海浜植物ですから、海岸に行くと見ることができます。 ところが宮崎県の県の花に指定されていますから、宮崎では公園や街路でよく見られます。 しかし、ハマ…

ハマカンゾウ  もう咲き始めました。

美々津海岸のハマカンゾウが咲き始めました。 炎天下でも元気です。 海岸の林の中にも。 海岸の崖の岩山にも咲いています。 まだしばらくは咲き続けます。 美々津の海岸、延々と遊歩道が続いています。 海風が吹いていればいいのですが、風がないと熱中症に…

トンボソウ

トンボソウが川沿いの道の道路わきに何本も咲いていました。 嬉しい出会いです。 オオバノトンボソウに比べるとなかなか出会わない花です。 トンボには見えないなあ。トカゲみたい。 葉は草で隠れていましたので木切れを拾ってきて、しばし草にどいてもらい…

ノヒメユリ   お盆のころ咲くとっても小さなユリ

ヒメユリは宮崎県の北にある五ケ所高原に咲いていました。 今回の「ノヒメユリ」は宮崎県の南部の串間の草原に咲いています。 この一番暑い今がノヒメユリの花の盛りです。 草が生い茂った中にポツンポツンと咲いています。 カヤなどの他の植物が生い茂って…

ノリウツギの花にイシガケチョウ

山に登る道路の両側には、ノリウツギの花が満開でした。 あちらにもこちらにも咲いていて、今一番目立ちます。 この木は特に高木ではありませんが、結構高い木です。花が天に向かっています。 昔の和紙はこの木の皮でも漉いていたのだそうです。幹を傷つける…

今の季節の鰐塚山の花たち

1,000メートルを超える鰐塚山の頂上付近の花を見に行きました。 色々の花が咲いていました。 クサアジサイ ヤマアジサイに比べると小さいし、目立たない花です。 まだ咲き初めで、今から賑やかになると思います ツクシガシワ これはさらに目立ちません。黒い…

「白い星」のオオカモメヅル?

うだるような暑さの中、少しでも高いところに行けば涼しいかなと思って、宮崎市南部の鰐塚山に登りました。 頂上はテレビ塔がたくさん立っているので車で登れるのです。千メートル少しあります。 登る前に頂上を見ると雲で覆われていました。登ってみると確…

キツネノカミソリ  葉は自分の花を知りません。

今、キツネノカミソリの花の季節です。 今年も田舎の道で出会いました。 「オオキツネノカミソリ」には西の方で出会いましたので、「キツネノカミソリ」はどこか咲いていないかなあと探していましたら、北の方にで咲いていると教えてもらって見に行きました…

シシンラン

シシンランは紳士蘭ではなくて「ししんらん」です。 今が開花の時期です。 下の写真山奥の大きな木と木の間の空間に白い花があります。 見上げなければいけないのでなかなか見えません。 葉がいわゆるランの形ではなくて普通の木のような葉に見えます。 そう…

白岩山岩峰の花たち  

宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町は宮崎県の北西角にあります。 そこに白岩山という石灰岩質の山があり、その頂上付近にはいろいろの珍しい植物が咲きます。標高1,620mの高い山です。 五ケ所高原のあと白岩山の中腹で車中泊しました。 山の中に一人でいるのは怖くな…

ユウスゲが咲きました。

高千穂町の五ケ所高原の最後の花は爽やかにユウスゲです。 到着した午前10時半頃はユウスゲはお眠り中。下の写真。 高原のあちらこちらに、ぽつんぽつんと背を伸ばしていますが、全部お眠り中。 あちこち回った後午後6時半、もう咲いているだろうと戻ってみ…