宮崎の植物

ルリミノキの瑠璃色の実

山で出会った美しい実。 ルリミノキの実。 ここには古い道沿いに何本もありました。 いっぱい実がついていて綺麗です。 神様はいろんな色の実を考えられたようです。 瑠璃色。 この道沿いです。昔は村と村を結ぶ道だったようですが、新しい道ができて今はだ…

ノササゲの実は紫

次に出会ったのはこんな実です。 この紫の豆。なんでしょう。 ノササゲです。 なんだか特別の色をしています。 ノササゲは今年の10月2日にそことは別のところで花の写真を撮っていました。 黄色い花です。 花の形も独特です。 花は黄色で、実は紫。面白い。 …

マルバノホロシの赤い実

遠くの山道を歩いていて見つけた赤い実です。今の季節赤い実に時々出会います。 葉の形や実の付き方からマルバノホロシだと思いました。 とってもきれいです。 緑の実もいいですねえ。 下の写真、すぐ近くにあった赤い実です。 これもマルバノホロシかと思っ…

山のアケボノソウ

最近山に行くと出会う花、アケボノソウです。 近づいて花を見るととてもきれいな花です。 ほらね!上品。 あけぼの。 夜が明けて、周りが白っぽくなるころ。 東の空が明るくなりました→白っぽい花冠。 その向こうに黄色い大きな星、そしてまだ夜空に紫黒っぽ…

ヤナギアザミ

秋の草原を賑やかにしている花の一つ。 ひょろっと伸びたヤナギアザミ。 アザミの棘は嫌ですが、このアザミには棘がありません。 柳の葉みたいに細長い。 花に来た虫。 ふわふわで気持ちよさそう。 宮崎でもなかなか見ることのないアザミです。

秋の野のリンドウとムラサキセンブリ

秋晴れの日、野原に秋の花を探しに行ってきました。 草の中にあちらにもこちらにもリンドウ。 リンドウの最盛期でした。 リンドウは生き生きとしていてとても元気そうです。 リンドウの近くに咲いていたもの。 ムラサキセンブリです。 ムラサキセンブリはリ…

キイレツチトリモチ

海風が当たる岩の多い山。 キイレツチトリモチを見に行ってきました。 綺麗なキイレツチトリモチ。 白いぶつぶつが雄花だそうです。 今から出てくるかわいい子。 この木の根に寄生しています。 寄生植物です。 葉はこれです。 トベラのようです。シャリンバ…

カゲロウラン

カゲロウランを教えてもらって見てきました。 林の中の斜面。何本もありました。 枯葉の中にありましたが、教えてもらわないと見過ごしてしまいそうなくらい小さいし地味です。 花も「咲いているつもりなの」と聞きたくなるくらい。 ヤクシマアカシュスラン…

タニジャコウソウ

大きな川沿いの小さな道。 そこの急峻な崖にタニジャコウソウが咲いていました。 もう10年以上前に見つけて毎年見に行きます。 その付近に沢山咲いていました。 タニジャコウソウを見ていたら川のほうからキャラキャラキャラとヤマセミの声。どこにいるか探…

野菊の季節~サツマシロギク

今年の立冬は11月7日だそうですからもう少しですが、宮崎も随分寒くなりました。 今の季節、田舎の道を走っていてよく目にするのは白い菊の花です。 左側の土手に咲いています。 サツマシロギクと教えてもらいましたが、シロヨメナとの違いがよくわかりませ…

ジンジソウとダイモンジソウ

ジンジソウは人字草。人という字に似ています。 ダイモンジソウは大という字に似ています。 両方とも今の季節です。 最近両方に出会いました。生えてる環境は全く別ですけど。 まずジンジソウの花。 人の字かなあ?チンドン屋みたい。 次にダイモンジソウの…

キバナノツキヌキホトトギス

きょうはホトトギス3種に会えました。 まずキバナノツキヌキホトトギスです。 普通、山を登らないと見られないのですが、 道路わきの崖に咲いていました。 崖からこんな感じでぶら下がっていました。 真っ盛り。 こちらはマダツボミも。 つぼみなら葉を突き…

ミズオオバコ

湿地にミズオオバコ咲いていました。 なかなか見る機会のない花です。 葉が見えます。水の中…沈水植物です。 確かにオオバコの葉に似ています。 3枚の花弁・・・とってもきれいです。 一日花だそうです。 もう遅いだろうと思って探しましたらありました。 珍…

サデクサ

サデクサは独特の色合いです。 タデの中では一番好きな花です。 小さいころ食べていた金平糖を思い出します。 ぱっくり咲いている花を見たことがありません。 せいぜいこの程度。 これでも開いているつもりでしょうか。 秋も深まってきます。この湿地にはた…

ミズトラノオ

この前ミズネコノオを書きましたが、ミズトラノオというのもあると聞いて出かけてきました。 ありました、ミズトラノオ。 もう盛りを過ぎていて、ほとんどは花が終了寸前でしたが、小さな花穂が数本残っていました。 ミズネコノオより背が高く、花は少し大き…

クロホシクサ

小さな池の水の引いた砂地。 クロホシクサです。 線香花火のように白い丸がついています。 池の周りには踏みつけるくらい沢山ありました。

野山のアケビ

小高い山の中の道です。 道を塞ぐように頭の上に覆いかぶさっているのはアケビのつるです。 アケビの実がついています。 葉が三つ。ミツバアケビ。 ミツバアケビは実が自分で割れます。小鳥の食べ物です。 今の季節あちこちにぶら下がっています。 下の青い…

尾花・薄・ススキ・すすき・芒

吾亦紅すすきかるかや秋草のさびしききわみ君におくらむ 若山牧水 人皆は萩を秋と言ふよし我れは尾花が末を秋とは言わむ 万葉集作者不詳 秋の野の尾花が末に鳴くもずの声聞きけむか片聞け我妹 万葉集人麻呂 夕立の雨降るごとに春日野の尾花が上の白露思ほゆ …

ミズネコノオ

虎の尾でなくて猫の尾・・・いい響きですね。 水辺の猫の尾です。 その通り水辺で見つけました。 尾なら垂れていそうですが直立しています。 高さは20センチくらいでした。 肉眼ではわかりませんでしたが小さな花が咲いています。 珍しい花に出会えて幸せな…

オオバヤドリギ

今年もオオバヤドリギの花を見に行ってきました。 半寄生のオオバヤドリギ。桜の木に寄生しています。 すごく元気で桜の木が困っているかも。 ところどころに咲いた花がついています。 とても面白い形の花です。

イヌタヌキモの黄色い花

池に黄色い花が沢山立って咲いています。 これはイヌタヌキモの花です。 池の中のこの葉は別です。 イヌタヌキモの葉は藻のような葉ですが水中にあって見えません。 葉には捕虫嚢があり、水中のプランクトンなどを捕まえて食べる食虫植物だそうです。 イヌタ…

ソハヤキミズ

珍しい植物を見に連れて行ってもらいました。 川沿いの崖に小さな植物。 指さされたこれはいったい何? なんだかどこにもあるような植物だけど、ソハヤキミズという珍しい植物だそうです。 10センチから20センチくらいの、か弱そうな植物が崖のコケにしがみ…

ツユクサシュスラン

こちらは渓谷に咲いていました。 シュスラン?ツユクサシュスラン?アケボノシュスラン? ツユクサシュスランだと思いました。 ツユクサシュスランというのは、葉が波打っていて、ツユクサに似ているからツユクサシュスランだそうです。そういわれれば葉はそ…

シュスラン

シュスランを見に山に行ってきました。渓谷ではありません。 ちょうどいいころで、きれいい咲いていましたが、見始めたら曇っていた空から雨粒が落ちてきました。 急に寒くなりました。 葉が赤黒っぽいです。 こんなにきれいに開いているのを写真に撮ること…

ヒガンバナ

今、お彼岸です。 仏壇に頂いたおはぎを供えました。 一昨日は田舎道を走りました。 いたるところにヒガンバナが咲いていました。 ヒガンバナは都会の公園より田舎に似合います。 ヒガンバナに来ている黒いチョウ。 カラスアゲハでした。 お彼岸の意味はよく…

ヤクシマアカシュスラン

滝の音に負けないくらいツクツクボウシが鳴く夕方、やっとヤクシマアカシュスランの谷に辿り着きました。 咲いていました、ヤクシマアカシュスラン。 ここには沢山はなくて、探している中で見つけたのは5本だけでした。 少なかったら少ないで趣があります。 …

タコノアシ

今年もタコノアシの花の季節になりました。 毎年見ている海岸近くの道路わきのタコノアシ。 目立たない花です。アリさんが来ています。 秋が深まるころ、ゆでだこのように赤くなります。 その時の方がタコノアシという名前にぴったりです。

猫の乳

最後の人家を過ぎて山の上の方に登って行きました。 すると道端に見たことのある黄色い実。 ネコノチチです。1回聞いたら覚える名前です。 この黄色が赤ちゃんを育てている猫の乳首。 黄色が赤くなって、そして黒くなります。 わが家で猫を飼っていて、子猫…

萩の花にキタキチョウ

山の上では道路わきに次々と萩(はぎ)の花が現れます。 萩の花は雑草のごとく・・・あまり気に留めたことがありませんでした。 やはりざわざわっと花が着いているので、一つ一つの花の良さがあまりわかりません。 一つ一つの花はこんな花でした。 マメ科の…

この花何の花、サフランモドキ

宮崎市内のはずれにある溜池の堤防です。 カヤ類やシダ類など草が生い茂った中にピンクの花が点々と。 これはまた艶やかな花です。 この艶やかさは外来種に違いありません。 帰って調べてみました。 サフランモドキでした。思ったとおり外来種です。 江戸時…