宮崎の植物

アケボノソウ

山の中を歩いていたら時々アケボノソウに出会いました。 出会ってうれしい花です。 清々しい気持ちになるのです。 とても静かな配色です。 アケボノソウという名前もよいです。

尾根道の秋の花・イヌタデとミズヒキ

尾根道を秋の花を探して歩いた日、狐の嫁入りの日でした。 晴れていると安心しているのに急に雨が降り出すことがあって、慌てて車に駆け戻ったことが何回もありました。 そんな道の脇に咲き誇っているのは、イヌタデの花です。 殆ど誰からも見向きもされない…

尾根道の秋の花・ホトトギスとキバナノホトトギス

小高い山の尾根道を歩きました。 今ちょうどホトトギスの季節です。 ホトトギスとキバナノホトトギスが一緒に咲いていました。 ホトトギスは茎が長くて、いっぱい花をつけています。 キバナノホトトギスは土手に咲いています。 垂れていません。茎が短いので…

タンナトリカブト

山に花を見に行ってきました。 秋の花を色々見ることができました。 秋とはいえ暑い日でした。 見た花の一つタンナトリカブトです。 綺麗な色です。 シカが食べないのでなくなりません。 シカはこの花が毒だということをどうして知っているのでしょうか。

オオバヤドリギの花

川沿いの道オオバヤドリギが咲きました。 いつみても面白い形の不思議な花です。 この花を見ると秋が来て…冬鳥がやって来る頃・・・と思います。

道端の花・ノブドウ

田舎道を長時間運転していて疲れたので、道の広がったところで休憩しました。 見回すとつる性の植物で実のついたのが目に入りました。 ノブドウの実でした。 ノブドウは青い実、紫の実、白い実と一緒に生(な)っているから独特です。 ノブドウは食べられま…

シュスラン

今年は渓谷に咲くシュスランは見過ごしてしまいました。行ったときは花が終わっていたのです。 だけど山の上の林の中で遅咲きのシュスランに会うことができました。 随分花の咲く時期が違います。 とても小さいのです。横の枯葉と比べたらわかります。ほんの…

ツユクサシュスラン

林の中にツユクサシュスランが咲いていました。 葉が大きくて上の方までついています。 花の開きはこれで精いっぱい。 ツユクサシュスランの葉です。 人影のない森の小径。ゆっくり見ることができました。

山の上の花と実

山の上にはいろんな植物がありました。 一日中のんびりと歩き回りました。温度が低いのでさわやかな空気でした。 この日出会った植物達です。 ↑ シモバシラ ↑ ミヤマウズラ ↑ スズコウジュ ↑ シギンカラマツ ↑ ツルニンジン ↑ オオマルバノテンニンソウ ↑ ト…

ヒガンバナ

今日9月23日は彼岸の中日です。 お彼岸というのは仏教の概念ではなく、仏教が日本に伝わる前からあった日本古来の先祖崇拝信仰の名残だそうです。どちらかというとお寺より神社に近いのかなと思います。 田舎の道を歩いていると、小さな神社の鳥居がありまし…

ハマニガナ

浜に行きました。海は少し荒れていました。 砂浜に点々と黄色い花が咲いていました。 ハマニガナの花です。 ハマイチョウと教えてくれた人もいました。そのように呼ばれることもあるようです。葉がイチョウみたいだから。 こんなところにもちゃんと虫が来て…

道端の花・サイヨウシャジン

土手の草の中から、小さな鈴のような花が下がっています。 サイヨウシャジンです。宮崎では畑の土手などでよく出会います。 鈴なりのサイヨウシャジン。 サイヨウは細い葉、シャジンは沙参で咳止めなどの漢方薬だそうです。 1本だけこんなに青い花がありまし…

道端のガガイモ

道端のどこにでもある藪。 よく見ると見慣れない赤っぽい花がありました。 教えてもらって分かりましたがガガイモです。 毛深い花のガガイモ。 やって来たのはアカタテハ。 つる性で、ヘクソカズラと一緒に巻き付いて藪を作っていました。 ガガイモ、私は初…

ホソバヒメトラノオ

草原の中にところどころ咲いていたホソバヒメトラノオです。 緑の中の青が目立ちます。 顔を近づけてみると一つ一つの花びらが綺麗です。 下のように葉が細いから細葉でしょうけど、細葉でないヒメトラノオというのがあるようです。私は見たことがありません…

ミシマサイコとスズサイコ、そしてスズサイコの花

同じ野原にミシマサイコとスズサイコがありました。 この黄色い小さな点々がミシマサイコの花です。右下の赤いのはヒメノボタンです。 ミシマサイコは線香花火みたいです。 野原でミシマサイコの花に目を近づけても、咲いているのか蕾かわからないくらい小さ…

ヤクシマアカシュスラン

日中は暑いので、朝早く川沿いの道を遡りました。 ヤクシマアカシュスランがところどころ咲いていました。 ヤクシマアカシュスランは今が見ごろみたいです。 と言っても花は小さくて、目を近づけてもなかなか見えません。 両手を広げた米粒。 朝の谷に日が射…

草の中で咲くダイサギソウ

草の中に埋もれるようにして咲いていました。 ダイサギソウです。 草の中にあっても、花が咲くと白く目立つのでわかります。 こちらにも。 大きなサギが舞っています。 こちらの株は最後のサギが1羽だけ残っていました。 この最後の1羽も趣があります。

タコノアシの花

海岸近くの道路の土手にタコノアシがありました。 1本だけ花が開いていました。 まだ蕾の株もありました。 秋になると実が赤くなって、茹でたタコのようになります。

グンバイヒルガオ

この日は晴れ時々にわか雨。 にわか雨の後の海に行きました。 海は少し濁りがありました。 海の見える海岸段丘。 グンバイヒルガオが咲いていました。 蔓になって砂の上を伸びています。 雨粒がついています。 葉が相撲の行司さんが持っている軍配の形です。…

ナンバンギセルが咲いていました。

野の小径を歩いていると白い花がありました。 ナンバンギセルでした。 ススキなどの根に寄生ししています。葉がなくて自分では栄養を作れません。 爽やかな色です。 今年初めての出会いでした。秋の声を聞くころ咲き始めます。

ヒュウガギボウシがいいころ

谷筋の道の崖にギボウシの花が満開でした。 ギボウシは崖の水が滴り落ちるような所に着いています。 葉も生き生きとしていて見て感じがいいです。 花は少し紫色が入っているものもあるようです。 岩に着いていますが、どうしてこんな過酷なところに根を張る…

自然の中のカシノキラン

今の季節に咲く着生ランです。 自然の中の木に着いているカシノキランです。 小さなクモがぶら下がっています。 雨の中、傘をさして見ました。

イワタバコの白い花

谷沿いの道で「白いイワタバコの花を見つけた」と教えてもらいました。 後をついて行って指さされた先にあった白い花。 まさしく純白のイワタバコの花。 もちろん初めてみました。 左上には普通のイワタバコもあります。 下が普通のイワタバコの花です。 白…

谷を渡るタニワタリノキの花

宮崎は雨続きです。 そんな中、一日だけ雨の降らない天気予報がありましたから、弁当をリュックに入れて谷を遡って来ました。 谷は濁った水が渦巻いて流れ下っていました。 午前中は人とは出会いませんでしたが、橋のたもとで休んでいると二人連れの人に会い…

神秘的な花、キリシマシャクジョウ

こんな小さな白いものがありました。 枯葉に比べてもこんなに小さくて、なかなか目に入りません。 高さは10センチくらいでした。 ちゃんと茎があります。これでも植物です。 葉のない菌従属栄養植物です。 体は透き通った白。そして一番上に黄色い花? どん…

盆花(ぼんばな)のミソハギ

宮崎では一般的に8月13日から15日がお盆です。 今日は8月13日、お盆の入りの日です。 先日湿地に行きました。 盆花のミソハギがいっぱい咲いていました。 私が小さいころの田舎では、田んぼの脇などに生えていました。 そして、お盆のころ満開になりました。…

シカも食べないマルミノヤマゴボウ

【ヨウシュヤマゴボウで載せていましたが、マルミノヤマゴボウの間違いだと教えていただきましたので訂正しました。】 昔の集落の使われなくなった道。 歩いていると道の脇に赤い花。 マルミノヤマゴボウの実でした。 こんなところには似合わない色です。 拡…

露のようにはかない花ツユクサの花

あちこちでよく見るツユクサです。 うちの庭にも咲きます。だけど庭のツユクサは季節が進んで花の時季が終わってしまいました。 だけどちょと標高の高い山道の崖にはまだ咲いていました。 朝咲いて午前中で萎むはかなさから露のようだとツユクサになったとい…

謎の光、コンテリクラマゴケ

鬱蒼とした森の中を歩いていましたら、なんだか不思議な世界に出会いました。 木漏れ日が当たってそこ付近が青の蛍光色のように輝いているのです。 コンテリクラマゴケ(紺照蔵馬苔)というシダ植物です。 発光しているように見えますがそうではないようです…

未の刻に見たヒツジグサ

ベニイトトンボのいる池です。水草がいろいろありました。 ヒツジグサが咲いていました。 朝は閉じていて、未の刻(ひつじのこく)になると花が開くのでヒツジグサだそうです。 未の刻は13時から15時です。 この写真を撮ったのは13時50分でした。 この池には…