昆虫

ベニイトトンボ 久しぶりの出会いです。

池の端っこの草の上に赤いイトトンボ。 リュウキュウベニイトトンボなら普通にいます。それなら複眼が緑です。 これはよく見ると複眼が赤い。 ベニイトトンボのようです。 ベニイトトンボにはなかなか出会いません。 嬉しい出会いです。 連結もいました。 拡…

オオミズアオは若緑色の美しい蛾

土曜日、美しいガに出会いました。 10センチ位の大きいガです。 オオミズアオ(大水青)です。 この翅の色、なんともきれいです。薄い黄緑色。 大日本インキ化学発行の「日本の伝統色・第6版」を取り出して色を比べてみました。「若緑色」が一番近い色でした…

ムラサキシジミ 木漏れ日に輝く

家から30分ほどで行ける小高い山に登りました。 登り道は小さな川沿いで、台風の倒木所々で道を塞がれますが、なんとか乗り越えて進みました。その川は水は流れているのかいないのかわからないほど。 川岸の流木の上にきれいな小さいチョウが止まっていまし…

サツマニシキ  薩摩錦・焼酎ではありません

日南市南郷町の海岸近くの小道を歩いていました。 ポッカポカの陽気です。 道端に派手なチョウ発見。 いや、間違い。ガです。 サツマニシキ。 もう10月末、そろそろいなくなる時期ですが、陽に当たって体を温めているようです。 大きさは40ミリくらい。モン…

美々津海岸にいたクロコノマチョウ

美々津海岸を植物を探したり貝殻を探したりしながら北上。 もうそろそろ引き返そうかと思ったとき、遊歩道の横の崖に何やら飛ぶもの。 チョウ? ガ? 止まったのを見るとなんだか色が変。今までチョウでもガでも見たことのない金属的な色。紫色? クロコノマ…

オオアオイトトンボ  ミズヒキの花に止まっている

木城町の水のしたたり落ちる道路脇を歩いて、崖に何か咲いていないか見ていました。 ミズヒキの花が咲いていました。今の季節よく見かけます。 露草と並んで日本の花という気がします。 その花に、何か小さなものがとまっているのが目にはいりました。 小さ…

ムスジイトトンボにクロイトトンボにアオモンイトトンボ

日南市の山道を登ったところにある溜池を見に行ってきました。 ヒシがいっぱい。花を咲かせたのは少し。 そのヒシの葉の上に小さな小さなトンボ、イトトンボがいました。 肉眼ではよく見えないくらい小さい。 どれも2センチちょっとの長さ。見えないはずです…

クロマダラソテツシジミ  ソテツが危ない!

都井岬でヒオウギの次に目に付いたのはこれ。 この可愛い小さなシジミチョウ。 どこに行ってもこの小さなチョウが舞っていました。 このシジミチョウは大問題。 ソテツを枯らすのです。 葉が枯れかかったソテツがあちらにもこちらにも。 遠くから見てもソテ…

おにぎり君  君は誰?お名前は?

変わった花があると思って、カメラを近づけ、大きさを見るために私の手をその葉に置いたところ、手に何か白いものが。 車の中に入って、写真を右手で撮っていたら、カメラのレンズに移動。 なんだか三角おにぎりみたいな顔。 もちろん初めて見ましたが、何蜘…

ノシランの花に何か小さいものが?

道端のノシラン。ほかの植物と一緒のところに雑然と生えているのを見ることが多いですが、このように、1本ですっくと生えているときれいなものです。 と思って見ていたら、なんだか花の先が動いている。 花の先に止まっている虫は何だろうと思ったら虫ではな…

キイトトンボ キコキコと体を振りながら飛ぶ 

池の傍を歩いていたら小さなイトトンボ。 キイトトンボです。黄色の糸トンボ。緑の中で結構目立ちます。 その飛び方がユニーク。 壊れたおもちゃみたいにキコキコと体をゆすりながらゆっくり飛ぶのです。 残念ながらこのブログでは動画は無理みたい。 ほらね…

アソノコギリソウにジャノメチョウ 高原の夏

最終目的地の五ケ所高原に着いたのは午後4時ころ。 まだまだ日が高い。 車から降りると遠くにカッコウの鳴き声。これだけでもう高原の気分。 少し歩くだけで見晴らしのいいところに出ます。 この付近は牧草地がとても広いのです。あっちもこっちも牧草地。…

ショウジョウトンボのオスは「猩々緋」

体も顔も真っ赤なショウジョウトンボのオス。 とっても鮮やかです。すごい赤です。 トンボの種類としてはそんなに珍しいというわけではなく、時々出会います。 ショウジョウとは、「猩々」のことのようです。 では猩々とは何でしょう。 古代中国の伝説上の生…

正解はショウジョウトンボのメスでした

ショウジョウトンボは、オスもメスも時々逆立ちします。 何のためでしょうね。 色もいいし、模様もいいですね。 ところがオスは真っ赤っか。次回に。

これな~に?

これは何でしょう?

ハンミョウは道を教えてくれる

きょうの宮崎市は、台風12号の周りの雨雲のせいで、時々土砂降りがやってきます。それで家にいます。 ゴミを捨てようと裏のドアを開けると、目の前をピョーンと何かが横切りました。小さな虫です。目で追っかけると壁に止まりました。それがこれです。 家…

これはな~に?

列車が走っています。 丸い窓から光が漏れています。 そうです。銀河鉄道999。(ぎんがてつどうスリーナイン) 懐かしいなあ。 ずいぶん昔のアニメだから今の人はもちろん知らないでしょうね。 実はこれはきょう裏庭で見つけたイモムシです。 きょうは迷走台…

オオハラビロトンボのメス発見 腹が広い

この私のブログの7月5日には、オオハラビロトンボのオスを見つけて載せていますが、その時「本当はメスがいれば、いっそう腹が広いのですが・・・」と書きました。それから、時々オスのいた池に足を運びましたが、メスは見つからずオスもいなくなっていま…

アサギマダラ かっこいい黒の騎士団

一体これは誰の顔? アニメで見た黒の騎士団? これはチョウの顔です。アサギマダラという大型のチョウです。 鰐塚山の頂上を何羽も飛び交っていました。 このチョウはあることで有名です。 渡りをするのです。秋になると南西諸島や台湾まで渡っていきます。…

サカハチチョウ 夏生まれと春生まれは模様が違う?

鰐塚山に車で登り始めてすぐ。3合目付近の道路端には、平地にはない花が現れ始めました。ふさふさした白い尾っぽのようなテリハアカショウマです。 道路端に次々に現れます。その中の一つに、チョウが止まっているのに気づいて車を止めました。最初イチモン…

オニヤンマ 車で渡れる川

昨日のことです。 暑いので山の上に行こうと思って鰐塚山に登ってきました。 鰐塚山は1,118メートルあります。結構高い山です。家から30分で登り口に到着します。歩いて登るのではありません。この山のてっぺんはテレビ塔、無線塔がいくつもあるので…

コフキコガネ 扇子の角(つの)はなーに?

シルビアシジミに出会った海浜の、松林よりの草地に変なコガネムシがいました。 何が変かというと角です。まるで扇を広げたよう。 虫の大きさはセンチコガネよりだいぶ大きいです。3センチ位。 横から見ると・・・扇子が閉じちゃった。 図鑑で調べるとどう…

シルビアシジミ ハマゴウの花の蜜を吸う?

シジミチョウというのは貝のシジミの殻を開いたくらいの大きさの蝶という意味でしょうか。 シジミチョウにはいろいろの種類がありますが、小さくて肉眼ではなかなか見分けがつきません。そこで望遠レンズの出番です。私がチョウやトンボを撮るとき主に使うの…

ウチワヤンマ こんなところに

オニバスの池でオニバスを見ていると、杭の上に大きめの黒っぽいトンボが止まっていました。どうせまたタイワンウチワヤンマだろうと思いました。 念のため双眼鏡でのぞくとしっぽの下のほうのうちわが大きくて、うちわの中に白い点が見えます。(本当は黄色…

クロイトトンボ うだるような暑さでもイトトンボは元気

家の中にいても暑いのでちょっと遠出して、トンボや植物などを見に行ってきました。 そこは山の中腹にある溜池。トンボがいろいろ。 まずイトトンボ。 イトトンボ類は細いので、池の淵にしゃがみこんでをよーく見ないと見つかりません。 きょう見たトンボで…

ハグロトンボは静かな森をそっと飛ぶ

森の中の小道はそこだけが風の通り道みたいでひんやりしていました。 今度は細くて黒いものが目の前を横切りました。 ひらひらとまるでチョウチョみたいな飛び方。 目で追うと葉の上に止まりました。 その静かなたたずまい。葉に止まっても葉は揺れません。 …

ネアカヨシヤンマ 1回見たかったトンボ

オオハラビロトンボに出会って晴れ晴れとした気持ちで、もうきょうはこれで満足と思いながら、森の中の小道を歩いていました。 するとどこからか大きめのトンボが目の前を横切りと、小道の上の竹の枝に止まりました。 大きさと動きからするとどうもサナエ系…

オオハラビロトンボが目の前にいてびっくり! 幻のトンボ

午後散歩しようと思って近くの池に行きました。トンボがいろいろ出て来るので写真を撮ったり。 タイワンウチワヤンマが多いですが、私の目的はウチワヤンマ。残念ながらタイワンばっかり。池側だけ見ていましたがひょいと反対側の木に目をやると、そこになん…

リュウキュウベニイトトンボも生息域北上中

台風7号が東シナ海を北上中。 だから宮崎市の私の家も雨が降ったり止んだり。 することがないので、庭の花壇の草むしりです。雨が降ってきたら縁側に避難します。 草むしりの手の先を小さいトンボがスーと横切りました。 目で追っかけたらヨメナの葉の先に…

ザトウムシ  Daddy Longlegs

そうなんです。足がとっても長いクモです。いや厳密にいうとクモではないそうですけどまあいいか。 森の中で時々見かけます。8本の長ーい足の中央に豆粒より小さいからだ。 その体を足で支えて、体をゆらーり、ゆらーりしながら慎重に前に進みます。 その慎…