昆虫

ホタルガ

山道を歩いていると、何か白っぽいものはひらひらと飛んでいます。 葉に止まりました。 ホタルガでした。 蛍に似ていますが、蛍よりずっと大きくて3センチ位ありました。 触角は幅があります。鳥の羽みたいです。 櫛歯状だそうですが、そこまで写っていませ…

シマアメンボは背中に卵を載せて泳ぐ?

森の中を静かに流れる小さな川。 ヤッコソウを見ての帰り道です。 川には時々淀みがあります。 下の写真、水を写しています。 その川底の砂に写る4個の小さな丸い影。 その周りにできる水面の波紋のその影。 思わず見とれてしまいました。 両方ともそれぞれ…

オオウラギンスジヒョウモン、メスグロヒョウモン、ウラギンヒョウモン

高千穂町の野原や山で出会ったチョウです。 もう時期が遅いので期待していなかったのですが、わりと珍しいチョウに会えました。 オオウラギンスジヒョウモン表 その裏 メスグロヒョウモン表 その裏 ウラギンヒョウモン表 その裏 現場で写真を撮っているとき…

緑色のトゲナナフシとヤクシマアカシュスラン

渓谷沿いの道の崖にヤクシマアカシュスランがあったので見ていると、左下に何か変なもの。 右の黄色の中がヤクシマアカシュスラン、左の赤の中に何かが・・・。 手で捕まえてみました。トゲが痛くてそして動いたのでびっくりして手を放しました。 トゲナナフ…

ミカドガガンボ  巨大な蚊?

串間市の町はずれの古い池に行きました。 トンボを探していたのですが、とても変わった昆虫に出会いました。 これです。 ミカドガガンボ。 ただのガガンボではありません。大きいのです。羽を広げたら8センチくらい。 トンボくらいの大きさです。 見た感じは…

アゲハチョウいろいろ 翅の微細さ!

最近出会ったアゲハチョウです。 それぞれ色がとても輝いています。 カラスアゲハ カラスアゲハの翅を拡大。 シニャックの点描画よりすごい。 オナガアゲハ モンキアゲハ アゲハ アオスジアゲハ それぞれに特徴的な色と模様です。 山道を歩くと色々出あいま…

ギンヤンマの産卵

高鍋湿原の小さな池の周りをギンヤンマが飛び回っています。 止まったら写真を撮ろうと思うのですが止まりません。 しばらくするとつながったギンヤンマが目の前に飛んで来て、産卵を始めました。 ギンヤンマの腹部(胸部?)の色はきれいです。 オスとメス…

シロコブゾウムシ ゆっくりのんびり生きています。

畑の脇の道を歩いていたら、チガヤの葉に何か止まっているのを見つけました。 変わった虫です。 割と大きくて15ミリくらい。 なんだか作ったおもちゃの怪獣みたいです。 これがシロコブゾウムシです。ゾウムシの1種です。 足先はまるでロボット。 白こぶと…

コシアキトンボは腰が空いています。

山道を車で登って行きました。ずいぶん遠くまで登りました。 たどり着いた先には数軒の建物がありました。 昔は集落があったらしいですが、今は空き家になっているようです。畑は健在です。 多分下の方から通ってきて、キャベツなど高地野菜を作っておられる…

ノリウツギの花にイシガケチョウ

山に登る道路の両側には、ノリウツギの花が満開でした。 あちらにもこちらにも咲いていて、今一番目立ちます。 この木は特に高木ではありませんが、結構高い木です。花が天に向かっています。 昔の和紙はこの木の皮でも漉いていたのだそうです。幹を傷つける…

ベニトンボ 翅の隅々まで紅色

ベニトンボもいろいろですが、とってもきれいなベニトンボがいました。 山の上の池にいました。 まさしく紅蜻蛉です。

オオハラビロトンボ

えびの市の農業用ため池にオオハラビロトンボがいました。 幅広の胴体の赤が目立ちます。 知人の話しによると、オオハラビロトンボは最近宮崎県内のあちこちに生息域を広げているのだそうです。

野原で見たチョウ達

宮崎県北部を旅の途中、野原で見たチョウ達です。 主にオカトラノオに飛んで来ていました。 今オカトラノオの最盛期です。 オカトラノオの蜜はおいしいのかなあ。 色々飛んでくるので、時間を忘れて見とれました。 (昆虫も素人ですから名前の間違いがあるか…

波打ち際のイカリモンハンミョウ

波打ち際の砂の上で動くもの。 砂の色に似ているのでなかなか分かりません。 しゃがんでそっと見るとハンミョウでした。おんぶハンミョウ。繁殖期。 ハンミョウにもいろいろあります。 海岸の砂浜で見るハンミョウ、川の砂浜で見るハンミョウ、山道で見るハ…

タマムシ 繁殖期です。

木城町の小丸川のほとりをゆっくり歩いて見ました。 川にせり出した木の周りを何か昆虫が飛び回っていました。 飛び方が甲虫っぽい。 葉に止まったところを双眼鏡で覗くとタマムシでした。 タマムシ、きれいですねえ。 タマムシで有名なのが、法隆寺の玉虫厨…

ベニイトトンボ 久しぶりの出会いです。

池の端っこの草の上に赤いイトトンボ。 リュウキュウベニイトトンボなら普通にいます。それなら複眼が緑です。 これはよく見ると複眼が赤い。 ベニイトトンボのようです。 ベニイトトンボにはなかなか出会いません。 嬉しい出会いです。 連結もいました。 拡…

オオミズアオは若緑色の美しい蛾

土曜日、美しいガに出会いました。 10センチ位の大きいガです。 オオミズアオ(大水青)です。 この翅の色、なんともきれいです。薄い黄緑色。 大日本インキ化学発行の「日本の伝統色・第6版」を取り出して色を比べてみました。「若緑色」が一番近い色でした…

ムラサキシジミ 木漏れ日に輝く

家から30分ほどで行ける小高い山に登りました。 登り道は小さな川沿いで、台風の倒木所々で道を塞がれますが、なんとか乗り越えて進みました。その川は水は流れているのかいないのかわからないほど。 川岸の流木の上にきれいな小さいチョウが止まっていまし…

サツマニシキ  薩摩錦・焼酎ではありません

日南市南郷町の海岸近くの小道を歩いていました。 ポッカポカの陽気です。 道端に派手なチョウ発見。 いや、間違い。ガです。 サツマニシキ。 もう10月末、そろそろいなくなる時期ですが、陽に当たって体を温めているようです。 大きさは40ミリくらい。モン…

美々津海岸にいたクロコノマチョウ

美々津海岸を植物を探したり貝殻を探したりしながら北上。 もうそろそろ引き返そうかと思ったとき、遊歩道の横の崖に何やら飛ぶもの。 チョウ? ガ? 止まったのを見るとなんだか色が変。今までチョウでもガでも見たことのない金属的な色。紫色? クロコノマ…

オオアオイトトンボ  ミズヒキの花に止まっている

木城町の水のしたたり落ちる道路脇を歩いて、崖に何か咲いていないか見ていました。 ミズヒキの花が咲いていました。今の季節よく見かけます。 露草と並んで日本の花という気がします。 その花に、何か小さなものがとまっているのが目にはいりました。 小さ…

ムスジイトトンボにクロイトトンボにアオモンイトトンボ

日南市の山道を登ったところにある溜池を見に行ってきました。 ヒシがいっぱい。花を咲かせたのは少し。 そのヒシの葉の上に小さな小さなトンボ、イトトンボがいました。 肉眼ではよく見えないくらい小さい。 どれも2センチちょっとの長さ。見えないはずです…

クロマダラソテツシジミ  ソテツが危ない!

都井岬でヒオウギの次に目に付いたのはこれ。 この可愛い小さなシジミチョウ。 どこに行ってもこの小さなチョウが舞っていました。 このシジミチョウは大問題。 ソテツを枯らすのです。 葉が枯れかかったソテツがあちらにもこちらにも。 遠くから見てもソテ…

おにぎり君  君は誰?お名前は?

変わった花があると思って、カメラを近づけ、大きさを見るために私の手をその葉に置いたところ、手に何か白いものが。 車の中に入って、写真を右手で撮っていたら、カメラのレンズに移動。 なんだか三角おにぎりみたいな顔。 もちろん初めて見ましたが、何蜘…

ノシランの花に何か小さいものが?

道端のノシラン。ほかの植物と一緒のところに雑然と生えているのを見ることが多いですが、このように、1本ですっくと生えているときれいなものです。 と思って見ていたら、なんだか花の先が動いている。 花の先に止まっている虫は何だろうと思ったら虫ではな…

キイトトンボ キコキコと体を振りながら飛ぶ 

池の傍を歩いていたら小さなイトトンボ。 キイトトンボです。黄色の糸トンボ。緑の中で結構目立ちます。 その飛び方がユニーク。 壊れたおもちゃみたいにキコキコと体をゆすりながらゆっくり飛ぶのです。 残念ながらこのブログでは動画は無理みたい。 ほらね…

アソノコギリソウにジャノメチョウ 高原の夏

最終目的地の五ケ所高原に着いたのは午後4時ころ。 まだまだ日が高い。 車から降りると遠くにカッコウの鳴き声。これだけでもう高原の気分。 少し歩くだけで見晴らしのいいところに出ます。 この付近は牧草地がとても広いのです。あっちもこっちも牧草地。…

ショウジョウトンボのオスは「猩々緋」

体も顔も真っ赤なショウジョウトンボのオス。 とっても鮮やかです。すごい赤です。 トンボの種類としてはそんなに珍しいというわけではなく、時々出会います。 ショウジョウとは、「猩々」のことのようです。 では猩々とは何でしょう。 古代中国の伝説上の生…

正解はショウジョウトンボのメスでした

ショウジョウトンボは、オスもメスも時々逆立ちします。 何のためでしょうね。 色もいいし、模様もいいですね。 ところがオスは真っ赤っか。次回に。

これな~に?

これは何でしょう?