フウラン 風に揺れて

家から車で2時間くらいの北の方の山に着生ランを見に行ってきました。 大きな高い木の上でフウランが咲いていました。 自然の中のフウランはなかなか見ることができません。 人が木に登れるようなところの着生ランはなくなっていますので、随分高いところの…

ヤクシマラン    ランの花らしくない花

午前中雨でしたが、昼になったら止みましたので、渓谷のある森にヤクシマランを見に行きました。 何株も咲いていましたが、どれも小さいこと小さいこと。 私の目にはなかなか入ってきませんでした。 ここのヤクシマランの多くはほんの3、4センチ位。黄色い…

ウリ坊たちが元気に遊んでいました。

山際に作られた公園、梅雨の時期は訪れる人もありません。 広場の奥で何かうごめくもの。 ウリ坊でした。 ここに4頭。手前に1頭で計5頭。 あっちに走り、こっちに走り本当に公園で遊んでいます。 ちょっと離れたところにいた1頭は何だか色が薄いです。 なぜ…

マヤラン メキシコのマヤではありません。

マヤといえばメキシコ・ユカタン半島のマヤかと思います。 そのマヤ文明の何かの色合いからついた名前かと思いましたが、そうではなくて、日本の神戸市六甲の摩耶山(まやざん)で見つかったからマヤだそうです。 深い森の、落ち葉の積もった場所を丹念に見…

トノサマガエル  どこにいるでしょう?

最後の人家から1時間位入った山奥の渓流沿いにトノサマガエルがいました。 ぴょんと飛んでそこにいるはずなのに、そこを見てもなかなか見つけることができませんでした。 下の写真トノサマガエルがどこにいるか分かりますか? 写真の真中に緑の筋があるので…

ツチアケビ もうすでにウインナーソーセージ。

6月3日にツチアケビの花のことを書きました。 その時、「秋にはウインナーソーセージ」と書きました。 所がもうウインナーソーセージになっていました。はや~い! 6月3日に載せたツチアケビの花の写真です。 それがもうこんな姿になっているのです。 その変…

キバナノセッコク これも着生ランです。

キバナノセッコクが咲いているということで見に行ってきました。 大木の幹に付いていました。 花がちょうど良い頃でした。 ところでキバナでないセッコクというのがあります。 下の写真。わりとよく見られる植物です。花が白。 セッコクの花の黄色いのがキバ…

オサラン 何がオサ?

森の中の大きな木の幹にオサランが咲いていました。着生ランです。 今はオサランの花の咲く時期です。 花が咲いてみて、こんなところにオサランがあったのかとびっくりします。 花がないと見過ごしてしまいます。 別の森。 下はまた別の森。この日は三つの森…

ヒクイナの赤ちゃんは「真っ黒くろすけ」

小雨が煙る中、田んぼに行ってみました。 田んぼではもう稲穂が垂れている所があると思えば、まだ植えたばかりの田んぼもありました。 少しだけ稲が育った田んぼの端にヒクイナがいました。 左の草の方をずっと向いていると思ったら、草の中に真っ黒な頭。 …

ギボウシラン やっと見つけて万歳!

ギボウシランは全国的に数が少なくて、なかなか見る機会がありません。 それでそれを見に友人と鹿児島県の大隅半島まで出かけてきました。 とっても遠い。 ありそうな林道は最近の雨で土が流され石ゴロゴロ。 悪路過ぎるので車を置いて歩くことにしました。 …

波打ち際のイカリモンハンミョウ

波打ち際の砂の上で動くもの。 砂の色に似ているのでなかなか分かりません。 しゃがんでそっと見るとハンミョウでした。おんぶハンミョウ。繁殖期。 ハンミョウにもいろいろあります。 海岸の砂浜で見るハンミョウ、川の砂浜で見るハンミョウ、山道で見るハ…

オオバヨウラクラン 赤い紐がぶら下がっています。

雨上がりの森の大木。マメヅタが着いています。 その中に赤い線。このぶら下がったもの、これがオオバヨウラクランの花です。 マメヅタの葉と比べて分かるようにとても小さいです。10センチから20センチ。 紐には赤い花がびっしりついています。 葉が面白い…

フシグロ 初めての出会いでした。

「フシグロ見たことがありますか」 「フシグロセンノウ、見たことありますよ」 「フシグロセンノウではなくてただのフシグロ」 「そんな植物があるのですか?」・・・ ということでフシグロを見に行ってきました。 ありました。 フシグロは節黒・・・確かに…

コクラン 黒っぽい花で目立ちません。

小さな川沿いの道を歩いていたら、その土手にコクランが何本もありました。 日の当たらない薄暗いところです。 花は小さくて暗い紫色なので、顔を近づけて目を凝らさないと、咲いているのかどうかさえ分からないくらいです。 今回は運よく丁度花が咲いていま…

イヌワシ  宮崎県に11年以上住んでいました。

大雨が降り続く中で、写真の整理をしていたらイヌワシが出てきました。 宮崎県に、私が知っている期間だけでも11年間住んでいました。 今ではあまり知る人もいなくなりました。 忘れられてしまうのはイヌワシがかわいそうな気がしますので、ここに書いて一人…

ナギラン 雨の中見に行きました。

これを書いているのは7月3日水曜日です。 私の住んでいる宮崎市も雨が降り続いています。 今日は一時(いっとき)も止みません 災害が起きそうな雨です。これだけ雨が続くと、土砂の中の水が飽和状態になります。土砂崩れが心配です。 書いているのはナギラ…

ハクセキレイの幼鳥

宮崎県でもハクセキレイは年中います。 あちこちで繁殖しています。 今回幼鳥を見ましたが、それは古い養鶏場でした。 そこのどこかで繁殖しています。 以前は冬鳥といわれていました。もちろん今でも秋になるとすごい数が宮崎にも入ってきます。 しかし、留…

ネムノキネムノキ合歓の花

〈ねむの木の子守歌〉 美智子皇后陛下作詞・山本正美作曲 ねんねの ねむの木 眠りの木そっとゆすった その枝に遠い昔の 夜(よ)の調べねんねの ねむの木 子守歌 薄紅(うすくれない)の 花の咲くねむの木蔭(こかげ)で ふと聞いた小さなささやき ねむの声ねんね …

タマムシ 繁殖期です。

木城町の小丸川のほとりをゆっくり歩いて見ました。 川にせり出した木の周りを何か昆虫が飛び回っていました。 飛び方が甲虫っぽい。 葉に止まったところを双眼鏡で覗くとタマムシでした。 タマムシ、きれいですねえ。 タマムシで有名なのが、法隆寺の玉虫厨…

タシロラン 幽霊みたい。 

静かな森の小道を歩いていました。 小道というより小径という方が似合いそうな道です。 「哲学の小径」 だけど最近誰も歩いていないような道です。 落葉の中に何か白いものが。 この白い色はタシロランです。 イモネヤガラと同じく、葉のない菌従属栄養植物…

ムカゴソウはよく見ると?

綺麗に育ったムカゴソウに会いました。とても元気そうで高さは50センチ位。 せいたかのっぽさんです。 花がびっしり、稲の穂みたいです。 花も綺麗に揃っていて丁度良い頃です。 花一つ一つをよく見ると何に見えますか?? 私には「ドジョウすくい」を踊って…

バンの子無事誕生

23日にバンの巣のことを書きました。 その時は抱卵中でした。 池の近くに住むNさんから「行ってみたら1羽は巣の中で抱卵中。もう1羽が雛2羽を連れて泳いでいる」というメールが来ました。 それでバンの雛を見に行ってきました。 巣は空っぽになっていました…

イモネヤガラ  葉はないのに 立派な花が咲いていました。 

イモネヤガラは変な植物です。 イモネヤガラは南方系の植物で、宮崎県、鹿児島県以南で見ることができます。私が見た一番北は宮崎県日向市です。 最初に出会ったのはもう10年以上前のことです。 同じところに毎年出そうですが、それが必ずしもそうではありま…

クロハラアジサシ ちょっと立ち寄って餌の補給

一ツ瀬川の中州に40羽位のアジサシ類が来ていました。 旅の途中の休憩です。 クロハラアジサシが殆どでその他アジサシ、コアジサシ、ハジロクロハラアジサシが少しづつ。 クロハラアジサシは餌取りに夢中です。 皆で砂州に下りました。 だけど遠すぎてよくわ…

ベニイトトンボ 久しぶりの出会いです。

池の端っこの草の上に赤いイトトンボ。 リュウキュウベニイトトンボなら普通にいます。それなら複眼が緑です。 これはよく見ると複眼が赤い。 ベニイトトンボのようです。 ベニイトトンボにはなかなか出会いません。 嬉しい出会いです。 連結もいました。 拡…

ササバラン 小さなお猿さん

一昨日の土曜日、6月22日は夏至でした。 今から少しずつ日が短くなると思えば、ちょっと寂しい気持ちになりますが、いやいやそんな感傷に浸る気になれない「うだるような暑さの夏」が目の前に。 その一昨日は曇ったり晴れたりの日、一人で野山を歩いておりま…

バン  始めて見たバンの巣

村はずれにある小さな溜池。 周りは田んぼ、そしてその向こうに人家があります。 溜池の堤には遊歩道が作ってあって、1周できます。 その池にはヒシがいっぱい。 ヒシの花です。 その池にはカイツブリ家族5羽とバン1羽がいました。 バンは最近あまり見なく…

ヒツジグサ 丁度未の刻(ひつじのこく)に開花しました。

ジュンサイの池にもう一つ水草が咲いていました。 ヒツジグサです。 ここで面白いことがありました。到着してすぐヒツジグサの花の写真を撮りました。 下の写真、花が開き切っていません。これが12時34分です。写真のファイルを調べればわかります。 この写…

ジュンサイの花

ジュンサイの花が咲いている頃だと思って行ってきました。 宮崎県の西の方の山手にある小さな池です。池の向こうは木が茂っていて近づけません。 付近にはぽつりぽつりと農家があります。 この池のジュンサイは栽培ではなくて自然のジュンサイです。 自然の…

コアジサシ 川の中流の中州に

昨年の6月2日のブログは「コアジサシ~夏はやっぱりコアジサシ」でした。 海岸の砂浜に100羽以上のコアジサシが群れていて、集団で沖に行って魚を獲ったり、戻ってきたり賑やかでした。 ところが今年は・・・。 最近の鳥仲間の話題は「今年はコアジサシが来…