ルイヨウボタン 花ではなく葉がボタンに似ています。

スポンサーリンク

これも六峰街道で出会った植物です。

ハシリドコロと同じ森にありました。

 

なかなか出会わない珍しい植物です。

そこにはたくさんありました。花が咲いているのはところどころ。

f:id:tonji44:20190510134926j:plain

背丈は70センチ位。結構背が高いです。

f:id:tonji44:20190510135000j:plain

花のように見えるのは萼片です。花の直径は1センチくらい、小さいです。

f:id:tonji44:20190510135030j:plain

f:id:tonji44:20190510135050j:plain

ルイヨウボタンといいながら花はボタンに全然似ていません。

葉が似ているのだそうです。

ルイヨウは類葉(るいよう)で、葉が同じ類という意味のようです。

 

だけどどうして鹿が食べていないのでしょうか。毒草ではなさそうです。一つ考えられるのは、毒草のハシリドコロがいっぱいあるから、それで鹿も用心して食べないかもしれません。もしかしてここのルイヨウボタンは賢いのかな。

ほら下の写真のようにルイヨウボタンとハシリドコロが並んで生えています。

左下の小さいのがハシリドコロです。

f:id:tonji44:20190510141658j:plain

 

次は写真倉庫から。

8月中旬に撮影したルイヨウボタンの実です。

f:id:tonji44:20190510135137j:plain

ブルーベリーの実みたい。