ミツマタの花の咲く廃村 

スポンサーリンク

昨日は、林道の突き当りで見たコショウノキのことを書きました。

崖崩れで仕方なく車を随分バックさせました。

やっと広いところがあってそこで回転させたのですが、その広いところは、下の川の方に小道のあるところでした。

そこに車を置いて、その小道を歩いてみることにしました。ちょうど雨が上がっていましたが、念のため傘を持って。

坂を下りると小川が流れていて、そこには小さな橋が架かっていました。

 

その小川の付近は、ミツマタの木がいっぱい。葉がなくて花だけ。

f:id:tonji44:20190225183502j:plain

 

ミツマタは咲き始めたばかりでとてもきれいです。

f:id:tonji44:20190225183954j:plain

 

花は下向きなので、しゃがんで上を向けて撮りました。

f:id:tonji44:20190225184022j:plain

 

その1個を随分拡大しました。

ひまわりみたい。

f:id:tonji44:20190225184052j:plain

橋を渡るとそこは昔、畑だったのかなと思わせる、石垣の土地。

f:id:tonji44:20190225184824j:plain

その向こうにもミツマタ。

f:id:tonji44:20190225185314j:plain

f:id:tonji44:20190225231929j:plain

 

更に小道を進みました。

 

杉林を抜けたらまた別の世界が。

集落跡に出ました。びっくり。こんなところに人が住んでいたの?

私が車で林道に入ってからだけでも6キロ位走ったかな。

とても遠い。

 

集落の入り口にあったのはこんな板碑。

f:id:tonji44:20190225185759j:plain

f:id:tonji44:20190225185831j:plain

なんだかそこに住んでいる人が自分で彫ったような文字。

南無大師遍照金剛と刻まれていますが、それがなんと文化4年。

文化4年を調べたら1,808年、光格天皇。徳川時代、徳川家斎の頃。

そんな昔からこの集落はあった。すごい歴史。

残っている屋敷跡らしい土地からして、10戸以上の家があったのかな。

 

石垣の上の丸いものは?

f:id:tonji44:20190225204915j:plain

古い風呂釜。

f:id:tonji44:20190225230831j:plain

 

古い瓦。

f:id:tonji44:20190225212712j:plain

小道の脇には仏像が残されたまま。

f:id:tonji44:20190225204940j:plain

 

仏様は人々のどんな祈りの言葉を聞いたのだろう。

f:id:tonji44:20190225205041j:plain

朽ちてしまった家。いったいいつごろまで人が住んでいたのか。

f:id:tonji44:20190225205147j:plain

山の中で、新しい道路ができなかった所は、やむなくこのように消えて行ったのでしょう。

 

そこに佇んで、昔の人の生活を思います。

山で働いていたお父さん。畑を耕すお母さん。

子供がお風呂を沸かしている。

マキが燃えるようにフーフー火吹き竹を吹いている子供。煙突から上がる煙。

泣いている赤ちゃんの声。

時が移ろって・・・また時が移ろって。

今、私がそこに立っています。