コショウノキの花とアリさん

スポンサーリンク

昨日は曇りの天気予報でしたから、山の方に早春の花のコショウノキを見に行きました。

ところが林道に入った途端雨が降ってきました。

せっかくなのでそのまま林道を走りました。

その後は、雨は降ったり止んだり。

林道はガタガタ道です。パンクしないか心配。

 

 

以前コショウノキを見たところにたどり着きました。

ありました。道路脇です。

f:id:tonji44:20190224202016j:plain

上の林の中にも1本。雨に濡れています。

f:id:tonji44:20190224201955j:plain

コショウノキは50センチ位の常緑の低木です。なかなか見ることはできません。

あるところにはあるのでしょうけど。

花は真っ白。白無垢。

だけど葉は虫食い。

f:id:tonji44:20190224202321j:plain

f:id:tonji44:20190224202343j:plain

 

花に鼻を近づけるといい香りがします。花は沈丁花に似ていますが、そう沈丁花の仲間です。

この香りで虫を呼ぶ? だけどこの時季だから虫がいない。

 

花の一つをよく見たら、何か小さなものが動いています。

花の一番左の黒い点。

f:id:tonji44:20190224202555j:plain

f:id:tonji44:20190224202641j:plain

姿が見えました。アリさんでした。

虫は飛んでいないと思いましたが、受粉の手助けはアリさんがしているのでしょうか。それなら納得。

 

コショウノキという名前は、実が胡椒の実のようにとっても辛いのだそうです。まだかじったことはありませんけど。

 

自然はよく観察すると面白いことがいっぱい。

帰り、林道から見た山並み。雨が上がって、霞か雲か?

f:id:tonji44:20190224203317j:plain

コショウノキの他にもいろいろ見ましたがまた後日。