クサヤツデ もうすぐ秋の終わり

スポンサーリンク

11月に入ってここ宮崎もとても寒くなりました。

もう冬かなと思うくらいです。

冬はいつから?

テレビで「暦の上では○○になりました」という言い方をよく聞きます。

それは二十四節気による区分のようです。

それからいくと冬は立冬から始まります。

今年の立冬は11月7日ですからきょうはまだ秋。

 

児湯郡木城町の小丸川の川沿いの道を歩いてきました。

そこは北向きで、かつ、水がしたたり落ちるような崖です。

季節によってはヒュウガアジサイが咲いたり、ヒュウガギボウシが咲きます。

今の季節はほとんど花がありません。

シラネセンキュウとサツマシロギク位・・・と思っていたらクサヤツデがありました。何本も。とても地味なのでなかなか目に入りませんでした。

花はとても魅力的な色と形。

f:id:tonji44:20181102115550j:plain

 

f:id:tonji44:20181102115615j:plain

 

花の先までは50センチ位ありました。

f:id:tonji44:20181102115640j:plain

根元に葉があります。ロゼット状。そこから細い針金のような茎が伸びて、それに花が着いています。花は小さすぎて目を近づけないと見えません。

f:id:tonji44:20181102115920j:plain

 

葉はこのような形。ヤツデの葉っぱに似ています。だから草のヤツデ。

f:id:tonji44:20181102115827j:plain