エナガとヤマガラ  小鳥の混群

スポンサーリンク

小丸川川沿いの道で、クサヤツデを見ている時、川側の木に小鳥の賑やかな混群がやってきました。

小鳥の混群というのは、いろいろの鳥が一緒に餌を採りながら移動していることです。

 

今回はコゲラの声、エナガの声、ヤマガラの声、メジロの声・・・4種の混群のようです。

木を移りながら、木の実や虫を啄ばんでいます。

動きが速すぎるし、木の枝が邪魔してなかなか写真が撮れません。

 

何とか写真が撮れたのは、エナガとヤマガラ。

まずエナガから。

f:id:tonji44:20181103194815j:plain

スズメより小さいです。

エナガという名前は、しっぽが長くて体が小さいので、柄杓(ひしゃく)の柄(え)が長いのに似ているということのようです。

f:id:tonji44:20181103194841j:plain

f:id:tonji44:20181103194905j:plain

 

次にヤマガラ。

シジュウカラに似ていて、橙色が目立ちます。

うちの庭に巣箱をかけていますが、シジュウカラはそこで何回も子育てします。

だけどヤマガラは巣箱を覗きには来ますが、まだ1回も抱卵したことがありません。

シジュウカラのほうが人間に慣れているようです。

f:id:tonji44:20181103194948j:plain

f:id:tonji44:20181103195011j:plain

 

アケビを食べているヤマガラ。

f:id:tonji44:20181103195047j:plain

しばらくすると賑やかな声がしなくなりました。下流に移動してしまって、また静かになりました。