「浜千鳥」 親にはぐれたダイゼンの子

スポンサーリンク

 

         『浜千鳥』

         

             鹿島鳴秋作詞・弘田龍太郎作曲


               青い月夜の 浜辺には
               親を探して 鳴く鳥が
               波の国から 生まれでる
               濡れたつばさの 銀の色


              夜鳴く鳥の 悲しさは
              親を尋ねて 海こえて
              月夜の国へ 消えてゆく
              銀のつばさの 浜千鳥

 

f:id:tonji44:20190630210059j:plain

f:id:tonji44:20190630210213j:plain

 

川口の砂浜に行きました。

一羽のダイゼンの幼鳥がいました。ほかに鳥はいません。

まだ シギやチドリが渡ってくるにはちょっと早すぎます。

ダイゼンはチドリの一種です。

 

どうしたのでしょう。

あっちに行っては鳴き、こっちに来ては鳴き。

親にはぐれてしまったのでしょうか。

f:id:tonji44:20190630210121j:plain

 

ピューイ、ピューイと鳴き続けます。

童謡の浜千鳥の声は、ダイゼンに違いないと思いました。

そのピューイは何だか物悲しい響きなのです。

f:id:tonji44:20190630210137j:plain

 

浜千鳥の作詞者の鹿島鳴秋(かしまめいしゅう)は、6歳の時に父が失踪し、母は再婚したため一人ぼっちになりました。

それで祖父母に育てられたのだそうです。

どんなにか寂しかったことでしょう。

この浜千鳥の歌詞の根底にその悲しみが流れているようです。

その話を聞いたら、なんだか切なくなりました。

この砂浜で鳴いていたダイゼンが早く親に巡り合いますように。