ハヤブサとお話ししました。

スポンサーリンク

f:id:tonji44:20190424203741j:plain

 

 昨日、4月24日のことです。

午前中大雨でしたが昼頃から晴れてきました。それでいつもの浜に行きました。

シギとかチドリはいそうにないので、タカラガイ(宝貝)を探そうと思って波打ち際をゆっくり歩いていました。

1個を見つけました。

名前が知りたくて、タカラガイが趣味の息子の嫁に写真を送りましたら

「ハツユキダカラかな?」

と返信が来ました。

今はスマホで簡単に写真が送れて便利です。

f:id:tonji44:20190424221028j:plain




貝探しの途中目を上げたら、砂浜の向こうに何かぽつりと鳥の影。

カモメかなあと思って双眼鏡で覗くとそれはなんとハヤブサ。

今の時季どうして?

もう宮崎に来ていたハヤブサはとっくに帰ったはずなのに。

f:id:tonji44:20190424203802j:plain

 

波打ち際を知らんふりしてゆっくり近づきました。

随分近くまで行ったのに逃げません。

そこで話しかけてみました。

 

「隼君、君はどこから来たの」

「南の島からだよ」

「そしてどこに行くの」

「北の国だよ」

 

f:id:tonji44:20190424203834j:plain

 

「君のお年はいくつ」

「5、5、5」 

f:id:tonji44:20190424203908j:plain

「ほう、5歳か。ハヤブサなら立派に青年だなあ」

 

「僕は今から餌を探しに行くんだ。それから北の国を目指すよ」

f:id:tonji44:20190424204015j:plain

 

「休憩の邪魔して悪かったな。行っていいよ」 

f:id:tonji44:20190424203945j:plain

「じゃ行くよ」

f:id:tonji44:20190424204038j:plain

 

「北の国に着くまで元気でね」 

f:id:tonji44:20190424204055j:plain

「ありがとう。じいちゃんも元気でね」

f:id:tonji44:20190424204120j:plain

 

「サンキュウ」

f:id:tonji44:20190424204156j:plain

「また来年の春、ここで会おうねーー」