オサラン 何がオサ?

スポンサーリンク

森の中の大きな木の幹にオサランが咲いていました。着生ランです。

今はオサランの花の咲く時期です。

 

花が咲いてみて、こんなところにオサランがあったのかとびっくりします。

花がないと見過ごしてしまいます。

f:id:tonji44:20190711151346j:plain

f:id:tonji44:20190711105740j:plain

別の森。

f:id:tonji44:20190711105808j:plain

下はまた別の森。この日は三つの森でオサランの花を見ることができました。

f:id:tonji44:20190711105820j:plain

f:id:tonji44:20190711105854j:plain

黄色に少し赤が入ったような唇弁(リップ)です。

f:id:tonji44:20190711105909j:plain

 

オサランのオサとは何でしょう。
人が一人で織る織機(おりき)があります。
昔、私の近所のおばさんは、織機で大島紬を織っていました。
おばさんが織機に座ると経糸(たていと)が織物の幅で向こうからおばさんの方に流れています。
そこに緯 糸(よこいと)を通すのですがその時、その経糸(たていと)のおばさんの手の届くところに 、横に経糸(たていと)をはさむように道具が吊るされています。それが筬(おさ)ですが、竹の薄片を櫛の歯のように並べて木の枠で固定したものです。

その櫛の歯のようなところを経糸(たていと)が通してあります。

おばさんは緯糸 (よこいと) をすっと通したら、その筬をトントンと手前に引いて緯糸 (よこいと) が布になるようにしていました。多分それだと思います。もしかしたら私の理解は間違っているかもしれませんけど。
その筬の竹片が並んだ様子がオサランの偽球茎(ぎきゅうけい)が並んでいるのに似ているということだと思います。

下の写真がオサラン独特の偽球茎が並んだ様子です。毎年増えていきます。

新しい偽球茎の上に2枚の葉が出て、その葉の間から花茎をのばして花が咲きます。

f:id:tonji44:20190711105926j:plain

オサランの森ではゴジュウカラが大きな声で鳴いていましたが、高すぎて姿が見えません。まだ雨が降ったり止んだりの天気が続いています。梅雨明けはもう少し先。