オオルリ 輝くルリ色の羽

スポンサーリンク

f:id:tonji44:20190414180158j:plain

夏鳥の代表のキビタキとオオルリ。

私が行った海岸林には、同じ所に両方がいました。

オオルリはなんといってもそのルリ色の体。

お腹の白色との対比が見事です。

f:id:tonji44:20190414183947j:plain

f:id:tonji44:20190414180119j:plain

f:id:tonji44:20190414180139j:plain

 

この後山に入って繁殖しますが、キビタキとの違いは、オオルリは目立つ木の枝の上できれいな声で囀ることです。

日本三鳴鳥の一つです。(他はウグイスとコマドリ)

今から先、山に行くと、美しい声が聴かれます。

ピーリーリーピピリーリージィジィ、ピーリーリーピピリーリージィジィ

と山中に響き渡ります。

それに比べてキビタキの方は木の梢で囀るよりも、暗い林内で囀ります。

 

オオルリのメスもキビタキのメスと同じようにとても地味です。

そのうえ素人目には似ていてなかな区別がつきません。

下はオオルリメスです。(写真倉庫から)

f:id:tonji44:20190414200309j:plain