ソハヤキミズ

スポンサーリンク

珍しい植物を見に連れて行ってもらいました。

川沿いの崖に小さな植物。

指さされたこれはいったい何?

f:id:tonji44:20200923212459j:plain

なんだかどこにもあるような植物だけど、ソハヤキミズという珍しい植物だそうです。

10センチから20センチくらいの、か弱そうな植物が崖のコケにしがみついていました。

f:id:tonji44:20200923212515j:plain

よく見ると花のようなものがついています。

花は2~3ミリととても小さくて「咲いているつもりかい?」と聞きたくなるくらいよくわかりません。

f:id:tonji44:20200923212542j:plain

 

写真を撮って拡大したら見えました。

f:id:tonji44:20200923212552j:plain

こうしてみると、花が咲いているつもりみたい。

f:id:tonji44:20200923212602j:plain

葉は丸っこい。

f:id:tonji44:20200923212614j:plain

葉は2~3センチ。

f:id:tonji44:20200923212652j:plain

葉の裏です。

f:id:tonji44:20200923212627j:plain

ソハヤキといえば、ソハヤキトンボを書いたことがありますが、そのソハヤキです。

「ソハヤキ要素の植物」というのだそうです。

ソハヤキとは、襲(南九州)の国ののソ、豊予海峡の旧名である速吸瀬戸(はやすいのせと)のハヤ、紀伊の国のキをつないだ言葉だそうですが、大昔は陸続きだったのでしょう。