ミヤマガラスとコクマルガラスと・・・

スポンサーリンク

 

山手の方の広い田んぼの電線に、沢山のカラスが止まっていました。

f:id:tonji44:20200224221309j:plain

 

田んぼを見るとそこにも沢山。

f:id:tonji44:20200224221430j:plain

 

鳴き声からコクマルガラスが混ざっているようです。

私にはミャーミャーと猫のように聞こえます。

電線の方をよく見たら小さめのカラスがいました。

これです。上の電線の2羽ならんでいる右。

その他にもいます。


f:id:tonji44:20200224221609j:plain

下りている方のカラスの中にもコクマルがいました。

f:id:tonji44:20200224221819j:plain

電線のミヤマガラス。

渡ってきたころは嘴の黒いものが多かったのですが、今はすっかり白っぽくなりました。

f:id:tonji44:20200224221912j:plain

 

下は、「この騒ぎは何事」とあっけにとられている地元のハシブトガラス。

嘴(くちばし)がおみごと~。嘴太。

f:id:tonji44:20200224222021j:plain

ハシブト君、暫くはうるさいだろうけど付き合ってね。