マメヅタランの花 大きな木に着生

スポンサーリンク

マメヅタランというのは、大きな木とか岩などにくっついいている着生ランです。

なかなか見ることができない花です。

 

今回、家から車で1時間半以上走った山の方の木に着いているのを教えてもらって、見ることができました。

それも手の届くようなところにも。

感動の一瞬。

なかなか見れないのは、花の咲く時季に出会えるか、そのタイミングが難しいからです。

f:id:tonji44:20190518123700j:plain

 

小さな黄色の花が着いています。

f:id:tonji44:20190518123808j:plain

f:id:tonji44:20190518123902j:plain

 

葉の大きさはこのくらい。本当に大豆の大きさ。1センチ無いくらいです。

f:id:tonji44:20190518124423j:plain

 

唇弁は肉眼では見えないくらいですけど赤みがついています。

f:id:tonji44:20190518123944j:plain

ミヤマムギランと一緒に。

f:id:tonji44:20190518125541j:plain

 

マメヅタランという名前が付いたその元の植物はマメヅタです。

シダ植物です。

着生しているところもほとんど同じ環境です。マメヅタはどこにでもあるというくらい山にも里にもあります。

下の写真がマメヅタです。。

このように胞子葉が残っていれば分かりますが、そうでないときは見分けにくいです。

マメヅタの葉の方が少し大きいみたい。

f:id:tonji44:20190518124035j:plain

今回でなんとなく葉だけでも見分けがつきそうな気がしてきました。