千切り大根干し  宮崎の冬の風物詩

スポンサーリンク

大根やぐらのことを12月20日に書きました。それは大掛かりなやぐらに、大根を一本のまま干すことでした。漬物用です。

今日はやぐらはなくて、手で届くくらいの台に切った大根を干す、「千切り大根干し」のことです。

f:id:tonji44:20190112171005j:plain畑に出来た「千切り大根干し」。せんぎりだいこんほし。

今の季節は田舎に行くと必ずどこかで見かけます。

遠くにいくつもの干し台。

f:id:tonji44:20190112172156j:plain

こちらは長~い。

f:id:tonji44:20190112172124j:plain

何が干してあるかというと細切りにした大根。

f:id:tonji44:20190112172355j:plain

f:id:tonji44:20190112174757j:plain


これは商品になって売っています。一袋100円。

f:id:tonji44:20190112172834j:plain

宮崎県は日本一の生産量。

これを干すことの一番の苦労は天候だそうです。寒くて日が照って、西風が吹く日。

今日は少し雨が降ったから、干すのは無理だったかな。苦労が多い。