落石の上のウラギンシジミ

スポンサーリンク

標高の高い山道を走っていると前方道の真ん中に動くもの・・・いえいえ今回は動きません。落石です。

時々こんな場面に出会います。動かせるときは動かしますが、一人ではどうしても動かせないときは引き返して別な道を走ります。

f:id:tonji44:20200828135331j:plain

今回は動かせるくらいの石でしたから動かそうと思って近づくと・・・。

その落石の上に動くもの。

白いチョウチョ。

f:id:tonji44:20200828135339j:plain

 

割と小さいチョウ。

ウラギンシジミでした。

f:id:tonji44:20200828135355j:plain

 

落石の上の黒い塊をみんなで食べている感じです。

近づいても逃げません。

裏の銀色が輝いてきれいです。

裏銀シジミ。銀一色かと思ったら、小さな黒い点々。

脚の模様が面白い。

f:id:tonji44:20200828210502j:plain

 

別の少し小さめのシジミチョウもやって来ました。

黒っぽい斑点があります。

f:id:tonji44:20200828135440j:plain

 

ルリシジミでしょうか。うーん、シジミチョウは難しい。

f:id:tonji44:20200828135452j:plain

ところでウラギンシジミの裏は銀色でしたが表は・・・。

暫く表が出るのを待ちましたが、結局写真が撮れませんでした。

それで以前の写真です。

下がオスです。

f:id:tonji44:20200828135431j:plain

下がメスです。

f:id:tonji44:20200828135422j:plain

結局チョウたちを飛ばせて、石を動かして車を通しました。

あの落石についていたチョウの好物は何だったのでしょう。

ゆっくり観察すればよかったのですが。後の祭り。