ドバト よく見るととてもきれい。

スポンサーリンク

 

ドバトというのは野鳥には含まれませんから、普通野鳥図鑑には載っていません。

ニワトリが載っていないのと同じです。

神社でも公園でもどこでもいますが、山に行くといなくなります。

カワラバトという原種のハトがいて、それを人間が長いことかけて家禽化し、食料などにしていましたが、それが野生化したもののようです。伝書バトもそうです。

だから人間の近くにいるのです。

 

野鳥の写真を撮っている私は、ドバトを撮ったことはありませんでしたが、港の広場で休んでいると黒っぽいドバトが近づいてきて、その羽が光の当たり具合(構造色の原理)で輝いてきれいだったので写真を撮りました。 

f:id:tonji44:20200214113337j:plain

 

何でもそうですが、よく見るととても素晴らしいということに気付くことがあります。

f:id:tonji44:20200214113359j:plain

ここには3羽しかいませんでした。

本当はまだまだいろいろのパターンがあります。

f:id:tonji44:20200214113408j:plain

 

昼下がりの小さな港。

川南町通浜漁港。昼の時間で働く人の影はありません。

f:id:tonji44:20200214114720j:plain

コンビニのサンドイッチを食べながらドバトを見て過ごしました。