オオマルバノテンニンソウ  満開の頃は葉が虫食い。

スポンサーリンク

宮崎市の鰐塚山の頂上付近です。

道路脇にはこの花がいっぱい咲いています。

f:id:tonji44:20190914170651j:plain

 一緒に歩いている人が「オオマルバノテンニンソウ」と言いました。

「この人、間違っている」と思いました。私が教わったのは「ツクシミカエリソウ」というかわいい名前。

帰って調べたらオオマルバノテンニンソウが正解で、ツクシミカエリソウは別名と書いてありました。

花もきれいですが、このつんつんと立ったつぼみも可愛いです。

f:id:tonji44:20190914170725j:plain

 つぼみです。
ウロコで覆われています。

f:id:tonji44:20190914222855j:plain

 

下の写真バックが紫色になっています。これには訳があります。

実はこの日、その山の上はすっぽり雲の中に入っていて、少し先は雲なのです。漂っている雲の手前で写真を撮ったらこんな色になるのですね。

f:id:tonji44:20190914170756j:plain

 

 

花はまたとてもきれいです。見返りたくなるくらい。筑紫見返り草。 

しばらくするとこの付近一帯がこの花になります。今はまだ咲き初めです。 

f:id:tonji44:20190914170833j:plain

 

ところが花が満開になるとともに毎年事件が起こります。

下の写真、葉がところどころ虫食いです。

しばらくして起こる事件とは・・・・・。

f:id:tonji44:20190914170817j:plain

 

それは・・・下の写真のように葉がすべて虫に食われてしまいます。

下の写真は昨年の9月22日の写真です。

もっとひどく食べられてしまいます。葉脈だけになってしまいます。

ところがいくら探しても虫を見たことがありません。私にとっての謎です。 

山の上はこの花で覆われて、そしてその花がこのようになりますから、大量の虫がいるはずですけど。

f:id:tonji44:20190914170903j:plain

 今年はもう少ししたら、この虫を見つけに行ってみたいと思います。

犯人に対面したいです。