キョウジョシギとメダイチドリと・・・

スポンサーリンク

宮崎も夏が近づいてきました。

川口には川に入って魚釣りする少年。

その手前の岸右側にキアシシギ。

のんびりとした風景です。

f:id:tonji44:20190524172600j:plain

満ち潮です。

釣りをしている少年の近くに、鳥が何羽も飛んできました。シギのようです。

他の所にいたけど、満ち潮で陸がなくなって飛んできたのだと思います。

f:id:tonji44:20190524170854j:plain

だけど色が少し変。顔が黒い。


キョウジョシギでした。

f:id:tonji44:20190524170915j:plain

 

川岸に一列に下りました。

f:id:tonji44:20190524171039j:plain

餌を採り始めました。

お腹いっぱいになったら、北国に向かって旅立つでしょう。

f:id:tonji44:20190524171057j:plain

 

キョウジョシギは京女鴫です。京都の舞妓さんのような艶やかなということではありません。

京友禅の黒留袖を着た京都の女です。この色の組み合わせがそれを連想させるのでしょう。

この色彩は和を感じさせるのかもしれません。

 

こっちの頭が白っぽくて羽の色が鮮やかののがオス。

f:id:tonji44:20190524171133j:plain

こっちの頭が茶色っぽくて羽の色が地味なのがメス。

f:id:tonji44:20190524171207j:plain

隣に別のシギが来ました。

f:id:tonji44:20190524171232j:plain

メダイチドリの夏羽です。

夏羽はきれいですね。ここまできれいなのにはなかなか出会いません。

f:id:tonji44:20190524171313j:plain

f:id:tonji44:20190524171334j:plain

今度は大きなシギもやってきました。

ホウロクシギです。

f:id:tonji44:20190524171358j:plain

潮の満ちてくる夕方の川口は面白いです。

釣りの少年はいつの間にか帰ってしまって、私一人になっていました。