オキナグサ 『令和』発表の日の翁の銀髪

スポンサーリンク

宮崎市の西の山手の方の丘にオキナグサが咲いています。

人家の裏の山にありますので、人家の前を通って丘に登ります。

それでそこの家の人にあいさつしました。

出てこられたのは翁(おきな)ではなく、竹ぼうきを持った媼(おうな)でした。

「どうぞどうぞごゆっくり」と優しい媼。

 

丘にはたくさんのオキナグサが生えていました。

f:id:tonji44:20190401215009j:plain

上の写真は花ですが、その他の株は花を愛でる時期は通り過ぎています。既に銀髪になった株が殆どでした。

f:id:tonji44:20190401215102j:plain

私としては花よりも、この翁の銀髪が見たかったのでちょうど良いころでした。

f:id:tonji44:20190401215127j:plain

 

翁の銀髪。爽やかに風に揺れています。

f:id:tonji44:20190401215202j:plain

バックの桜の花も今満開。

f:id:tonji44:20190401215238j:plain

オキナグサが咲いていることを教えてくれた友人に「見れたよ。翁の銀髪になっている」とメールしました。するとすかさず「今、新元号の発表があって『令和』だそう」という返信がありました。その時は11時36分でした。

それで私の令和の記憶はオキナグサ。

令和がいい世になりますように。