ハマニガナ  砂に花咲く砂の花

スポンサーリンク

砂がきれいです。

海岸の砂は汚れていません。波が砂を洗い、そのきれいな砂を強い風で砂浜中にばらまきます。

だから砂浜の砂は、踏まれた足跡も次に日にはきれいに何もなかったようになります。

 

そんな砂浜にとてもよく似合う植物。それはハマニガナです。

葉や茎で砂を必要以上に覆うことがありません。

まるで砂の植物です。

下の写真のまん丸い葉と黄色い花がハマニガナ。

 

f:id:tonji44:20190312205924j:plain

f:id:tonji44:20190312205942j:plain

 

茎は砂の中にあって、葉と花だけをちょっとだけを砂の上に出しています。

砂と同化しています。自己主張の少ない植物。

f:id:tonji44:20190312210005j:plain

葉が砂地にペタッとくっついています。

f:id:tonji44:20190312210027j:plain

f:id:tonji44:20190312210053j:plain

私はこの花をハマイチョウというのが本当かと思っていました。

そのように教わったからです。今回一緒に花を見た友人はハマニガナと言います。この人間違っているのかなと思いましたが、帰って調べたらハマニガナが正式名称で、ハマイチョウは別名でした。

前から、宮崎のハマイチョウは、イチョウの葉に似ていないと思っていましたが、葉にはいろいろあるようです。

 

こんなに小さいのですよ。

f:id:tonji44:20190312210113j:plain

虫がやってきました。こんな砂浜に何の虫だろう。ミツバチにしては小さすぎるし。

花にとっては貴重な虫。

f:id:tonji44:20190312210132j:plain

夏のころまでは砂浜に行けばこの花が見られます。