オオイヌノフグリはコバルトブルー?

スポンサーリンク

今を盛りと咲き誇っているのはオオイヌノフグリ。

道端の土手にも、畑の脇にも、田んぼにも。

 

密集して咲いているところもありますが、私はちらほらと咲いているところが好きです。

f:id:tonji44:20190218115416j:plain

背丈は10センチちょっとの小さな花です。

f:id:tonji44:20190218115641j:plain

f:id:tonji44:20190218195712j:plain

f:id:tonji44:20190218115658j:plain

色がなんともさわやか。

コバルトブルー。

花も小さくて、しゃがみこんで目を近づけないと見えません。

f:id:tonji44:20190218115857j:plain

これは早春の短い期間の花で、春の終わりには実になります。そこで花は終わり。

 

オオイヌノフグリという名は、イヌノフグリという植物より大きなイヌノフグリ。

イヌノフグリとは「犬のふぐり」で、その実が2個並んでできるところが、犬のふぐり・陰嚢に似ているからだそうです。

時々植物にはとんでもない名前があります。

ママコノシリヌグイとか、ヘクソカズラとか。

誰だそんな変な名前つけたのは。