水温む春、清流にキセキレイ

スポンサーリンク

宮崎市の加江田渓谷の近くを鏡洲川(かがみずがわ)が流れています。

双石山(ぼろいしやま)をはさんで東側を流れているのが加江田川です。その上流が加江田渓谷。

そして双石山の西側を流れているのが鏡洲川です。

 

今日の主役はこの鏡洲川の清流。

う~ん、清流を写真にするのは難しい。

水が見えますか。

f:id:tonji44:20190213203306j:plain

そこで登場願ったのが脇役のキセキレイ君です。

キセキレイ君よろしく。

 

「分かった。僕の乗っている石の頭だけは水から出ているんだよ。ほら、水が澄んでて、水の中の石まできれいに見えるでしょう」

f:id:tonji44:20190213203331j:plain

 

「ちゃんと水が流れているのが分かるかなあ」

f:id:tonji44:20190213203349j:plain

 

「おーい、白く見える石は水をかぶっていないところだよー」

f:id:tonji44:20190213203407j:plain

キセキレイ君、水を覗き込んで何を探しているの?

「水を見ているだけだよ」

f:id:tonji44:20190213203436j:plain

 

「水の紋が見えるかなあ。流れが光で、石に模様がついているように見えるのだけど」

f:id:tonji44:20190213203502j:plain

 

今日の脇役のキセキレイ君、ありがとう。君のおかげで少しは水が見えたような気がする。

f:id:tonji44:20190213203525j:plain

「どういたしまして。また水を見に来てね。鏡洲というのは鏡のような透き通った水という意味だよきっと。そして、水も少しずつ温んでくるから」