イイギリ  冬の山に目立つ大木

スポンサーリンク

林道を走っていたら、緑の山に赤。

f:id:tonji44:20181223204229j:plain

f:id:tonji44:20181223204246j:plain

 

大きな木に赤い実がいっぱい。今の季節目立つイイギリです。

こちらにも。

f:id:tonji44:20181223204424j:plain

実が房になってブドウのように垂れさがっています。

食べられるそうですが、高くて実に手が届きません。

f:id:tonji44:20181223204504j:plain

ヒヨドリがよく食べています。

f:id:tonji44:20181223204523j:plain

イイギリは漢字で飯桐だそうです。葉が桐の葉に似ていて、ご飯をその葉で包んで食べるから飯桐。

万葉集に

   家にあれば笥(け)に盛る飯(いひ)を草枕旅にしあれば椎(しひ)の葉に盛る

というのがあります。

昔の旅は、手近の木の葉が食器代わりだったのですね。

逆光のイイギリ。

f:id:tonji44:20181223210025j:plain