キャベツ畑の上を舞うタカ?

スポンサーリンク

宮崎県高鍋町の染が岡は一面のキャベツ畑です。

私の友達のKさんもそこでキャベツを作っています。

彼と会ったとき「キャベツ畑の上をいつもタカが飛んでいるよ」

「何タカ?」

「行けば分かるよ」

ということで早速行ってみました。

キャベツはまだ植えたばかりのところが多いです。

これが一面のキャベツ畑になるのです。

 

いました。

その新芽のキャベツ畑の上を動く大きなタカ?

f:id:tonji44:20181011155520j:plain

タカ?正体はこれでした。

鳥が来て新芽を啄ばまないように、鳥よけのタカの凧。

f:id:tonji44:20181011155927j:plain

紐で結び付けてありますが、飛び続けて落ちません。今頃の凧は落ちないのです。

私たちが子供のころ遊んでいた凧はすぐ地面に落ちていました。

 

この染が岡の有名なのは、「キャベツ畑のひまわり祭り」です。例年8月に開催されます。

キャベツの終わった畑にヒマワリを植えます。その数なんと1千百万本。

見事です。写真倉庫から。

f:id:tonji44:20181011160158j:plain

広いこと広いこと。

夕方になると趣が変わります。

f:id:tonji44:20181011160445j:plain

 

ヒマワリは、お盆過ぎたころ、肥料として鋤き込まれます。

今年も今から育つキャベツが豊作でありますように。