メダイチドリ  広い浜辺の小さな千鳥

スポンサーリンク

ミサゴを見た後、その砂浜を歩いて北上してみました。

砂浜というのは面白い。

昨日人が歩いた跡や、車を乗り入れた後も、夜のうちに風が吹くと、その跡に砂が風で運ばれ、朝には何もなかったようにきれいになります。風紋ができています。

昨日は昨日、今日は今日。

人の心に着いた傷も、夜の間に全部消されればいいのですが。

 

昼間風が吹く日は、私が歩いた足跡も瞬く間に消えてしまいます。

面白いです。

風に背を向けて歩かないと砂が目に入ります。

そして帰ったらすぐシャワーを浴びます。体中砂でザラザラだから。

 

きょうの砂浜は誰の足跡もありません。昨日の足跡は消されています。

 

20分くらい歩いたところで砂浜に動く影。

f:id:tonji44:20180911160309j:plain

チドリです。チドリの歩き方は独特です。

5、6歩歩いたら立ち止まり,また5、6歩歩いたら立ち止まります。そして胸を張ります。だから「シギではないな」と分かります。

チドリにもいろいろありますが、このチドリを双眼鏡で見たら、胸のあたりが少し橙色が残っています。そして割と小さくてかわいい。メダイチドリのようです。

もう少し早い時期なら、橙色がもっと鮮やかなのですが。

f:id:tonji44:20180911164337j:plain

f:id:tonji44:20180911164350j:plain

 

 

1羽かな、ほかにもいるのかなと付近を探しましたら、合計5羽のメダイチドリがいました。家族かな。

メダイチドリは、春と秋の渡りのころ、宮崎にも休憩のため立ち寄ります。

シベリアで子育てして、秋になると東南アジア方面に渡っていくのです。こんな小さいのに大変な旅です。

メダイチドリは目の周りが黒っぽいので、目が大きいように感じます。だから「目大」なのでしょうね。

f:id:tonji44:20180911160449j:plain

また秋にここで会いましょう。メダイファミリー。