コキンバイザサ 公園の木の下に

スポンサーリンク

コキンバイザサは小さな植物です。

地面からササの葉のような葉が出て、そこから花茎が出ています。

なかなか見られない花で、最初に見たのは都井岬の馬の通る丘でした。

 

今回、宮崎市の大きな公園の大樹の下に出ていました。こんな所にとびっくりしました。

 

のどかな公園。母と子がのんびりしています。

f:id:tonji44:20191023151750j:plain

 

そんなところの木の下を探していると・・・ありました。

大きな根っこが広がっている地面。

f:id:tonji44:20191023152433j:plain

 

落葉と比べてもその小ささが分かります。

f:id:tonji44:20191023151928j:plain

 

 

探すと所々で見つかりました...

f:id:tonji44:20191023152027j:plain

花は小さすぎるけど、拡大するととてもきれいです。

コキンバイザサの特徴の花弁の毛が見えます。

f:id:tonji44:20191023152057j:plain

彼らはいい住処を見つけたようです。

 

因みにキンバイザサは葉の幅が広くて脈が何本もあり、花茎が殆どないのだそうです。

どこかにあるのでしょうけどまだ行き当たりません。