コオバシギの子供の羽には、サブターミナルバンドがあります。

スポンサーリンク

広い休耕田にシギが1羽。

トウネンやヒバリシギよりは一回り大きいシギです。

f:id:tonji44:20190912132735j:plain

なんだか背中の色がとても素晴らしいです。

銀色っぽくくすんだ輝き。渋い!

f:id:tonji44:20190912132758j:plain

 

f:id:tonji44:20190912132815j:plain

 

下の写真、脚の色は黄緑色。

ということはコオバシギのようにあります。

他のシギと一緒なら大きさである程度分かるのですが、1羽だと大きさがいまいち分かりづらいです。

f:id:tonji44:20190912132858j:plain

コオバシギでもこれは幼鳥のようです。

それはサブターミナルバンドがあるからです。

f:id:tonji44:20190912132956j:plain

 

サブターミナルバンドというのは聞きなれない言葉ですが、下の写真の一枚の羽を見てください。

一枚の羽は、付け根から殆ど灰色で、先端近くに黒色があって、その先は白色で終わり。

その黒色の部分をサブターミナルバンドと言います。強いて言えば一番外側の白はターミナルバンドで、2番目だからサブです。

f:id:tonji44:20190912133016j:plain

このサブターミナルバンドはコオバシギのほかにも、サルハマシギやオジロトウネン、コアオアシシギ等の「幼鳥」で見られる特徴だそうです。

 

このコオバシギ、幼鳥だから他のシギとはぐれて一人ぼっちなのかもしれません。