エイザンスミレかそれとも?

スポンサーリンク

台地のはずれの山肌にスミレが沢山咲いています。

花は少しピンクが入ってとてもきれいです。

写真ではそのピンクがあまり出ませんけど。

 

普通のスミレと全然違う所。

それは葉です。

切れ込みが多い。

f:id:tonji44:20190309155920j:plain

宮崎ではあまり見かけないスミレです。

エイザンスミレかヒゴスミレ?

図鑑で調べると、エイザンスミレは葉の基部が3葉に分かれて、ヒゴは5葉。

葉全体を広げると、エイザンは3角形、ヒゴは5角形。

この葉の基部、5枚のようだけど一番茎側は基部からではなく2,3枚目の途中から出てきているようにあります。そして葉の全体を広げた時の形はきれいな5角形ではないと思います。そしてヒゴは葉の裂片がとても細いはず。

そういうことから葉はエイザンかな?

f:id:tonji44:20190309173604j:plain

 

エイザンとヒゴのもう一つの区別点は、花の縁だそうです。

エイザンは波打っていて、ヒゴは波打っていないそうです。

f:id:tonji44:20190309174223j:plain

え、ほとんど波打ってない?ヒゴ?

難しいけど少しは波打っているのでしょうか.

 

ということで難しい。

私の見た感じではエイザンです。私が知っているヒゴの花は、白くて丸っこい感じ。

そして葉が細い。

だから私の判定はエイザン。最後は感覚(笑)

しかし待てよ、もしかするとエイザンとヒゴの中間型と言われるナンザンスミレ?

ナンザンスミレは長崎県対馬特産。それが宮崎に。それは大変。

 

f:id:tonji44:20190309160425j:plain

人間が決めた花の名前。このスミレにとっては「私は私」

f:id:tonji44:20190309160443j:plain

 

ここで咲いているだけ。ただそれだけ。

f:id:tonji44:20190309160535j:plain

f:id:tonji44:20190309160615j:plain

 

f:id:tonji44:20190309160727j:plain

ここの山に咲いているのを見つけたのは2010年ですから随分前です。

毎年咲きます。見に行くのが楽しみです。

今回現地から、スマホで写真撮って、京都に住む友人に「エイザンスミレですよ」とラインしましたら、「今比叡山が見えるところにいます。エイザンスミレのエイザンは比叡山の叡山で、ここで見つかったかららしいですよ。今朝は比叡山にまだ冠雪がありました」と返信が来ました。なるほど比叡山のエイザンだったのですね。