山猫発見の記

スポンサーリンク

私は山猫を見つけました。

 

ヤマネコと言えば、ツシマヤマネコ、イリオモテヤマネコが有名ですが、私が見つけたのは第3のヤマネコ、名付けて「サンメンヤマネコ」です。

大変です。ナイショの話です。

 

最近の話です。

私は山奥の古い道を歩いておりました。

f:id:tonji44:20190215111034j:plain

多分,昔は随分利用されていた道だと思いますが、今は通る人もなく荒れ果てていました。そして途中が崖崩れで行き止まり。

その行き止まりで引き返そうかと思いながら、山手の方に目をやったら何やら仏像が目に入りました。こんなところに仏像。

f:id:tonji44:20190215111114j:plain

近づくためには、登らなければいけません。四つん這いになるようにして登って近づきました。

お顔が三つ。三面の仏像のようです。手も沢山。千手観音様?

私は仏像のことをよく知りません。勉強しなくては。

f:id:tonji44:20190215111140j:plain

とても感じのいいお顔。

f:id:tonji44:20190215111206j:plain

手を合わせてお参りしました。もう誰もお参りに来ないでしょうから。

しばらく佇んでから、道路に下りようと振り向くと、何やら視線を感じます。

道路の向こうの藪です。

黄色いものが少し動きました。しっぽのようです。

f:id:tonji44:20190215111224j:plain

イタチだな・・・と思って鳥を撮る用の望遠レンズの付いたカメラを向けました。

f:id:tonji44:20190215111254j:plain

しかしどうも耳が違う。慌てていてなかなかピントが合いません。

やっととらえることができました。

f:id:tonji44:20190215111323j:plain

 

猫でした。

猫は私をじっと見ています。私が三面仏像に何をするのか見ているようです。

こんな山奥に猫?付近には人家もないし。

山の猫。ヤマネコ?

 

私は思いました。

「このヤマネコはこの仏像を守っているのだ」と。

私がちょっと仏像の方に振り返って、また眼を猫の方に戻したらもういません。

ほんの一瞬のヤマネコとの出会いでした。

 

もしかしたら新種のヤマネコかもしれない。大変。

この話はナイショです。ツシマヤマネコ、イリオモテヤマネコに次いで「新種ヤマネコ発見」と報道されたら、静かに暮らしているヤマネコが困ると思いますから。

 

私はこのヤマネコに「三面の仏像を守っているヤマネコ」・・・略して「サンメンヤマネコ」と名付けました。

いつかまた会いに行きます。