ムクドリ ねぐら入り前の集合場所

スポンサーリンク

午後4時ころから、ムクドリの集まる電線の近くでムクドリの様子を観察しました。

ムクドリは夜寝るのは、みんな一緒に集まって寝ます。そこが塒(ねぐら)です。

塒は竹などの生い茂った藪のようなところだったり、木の生い茂ったところあるいは大きな木だったり。

面白いのはその塒に入る前、どこかに集まるということです。そしてある時刻になると塒に移動します。

今回、私が見たのはその塒に入る前の集まる電線です。

 

田んぼの近くに養鶏場があり、その近くの電線には、昼間から20羽くらいのムクドリがいます。

そこに夕方4時ころから少しづつ帰って来始めました。10羽くらいだったり20羽位だっりの小さな群れがいろんな方向から帰ってきて、電線のムクドリの数が次第に多くなります。

最終的にここに集まるのは300羽位。

f:id:tonji44:20181215185814j:plain

こっちにも。

f:id:tonji44:20181214212225j:plain

この電線で日暮れになるのを待つようです。

f:id:tonji44:20181214213402j:plain


4時30分くらいになると大体メンバーがそろうようです。ときどき下に下りて、草を食べたり、虫を食べたりします。寝る前の腹ごしらえ。

f:id:tonji44:20181214213436j:plain

こっちでも。

ホシムクドリも混ざっています。

f:id:tonji44:20181214213557j:plain

この日は晴れていました。

この日の「日の入り」の時刻は国立天文台によると17時11分。そこは東も西も見晴らしがいいところです。

確かにその時刻17時11分ころ西の空に太陽が赤く染まって沈みました。それでも西の空は明るいのですがあたりが薄暗くなりました。

下の写真は北方向を写しています。

f:id:tonji44:20181214213813j:plain

ムクドリも赤っぽく写ります。

f:id:tonji44:20181214213704j:plain

 

5時15分電線の右側から10羽くらいが飛び立ち北の方に見えなくなりました。

右下の飛んでいく姿。

f:id:tonji44:20181214213900j:plain

 

そして10秒間隔くらいで、10羽とか20羽とか少数ずつが飛び立っていきます。瞬く間に少なくなりました。あと5分の1くらいが残っていましたが少し間をおいて、今度は残り全部一斉に飛び立ちました。

ところがそれまでは北方向でしたが、今度は一斉に西の方角に消えました。

塒が違うようです。

一羽もいなくなりました。17時18分。西の空は夕日。

f:id:tonji44:20181214213953j:plain

3分間劇場でした。

近くの住宅に灯がともりました。夕餉の準備。