チャウロコタケ  神様の作られた芸術作品

スポンサーリンク

梅雨の森の中の散歩は次々に珍しいものに遭遇します。

どうもこの季節は生き物が生き生きしている時期のようです。

川から急な斜面を木につかまりながら登っていました。

木につかまらないと転げ落ちそうだからです。たぶん誰も歩いたことのないところ。

上のほうに何かキノコがいっぱい着いた老木が見えます。

f:id:tonji44:20180708182001j:plain

f:id:tonji44:20180708181430j:plain

近づいたらこれは見事な色彩。派手過ぎず地味すぎず落ち着いた色。

橙色が基調のようです。環紋のみごとさ。

チャウロコタケのようです。

f:id:tonji44:20180708182116j:plain

f:id:tonji44:20180708182235j:plain

 

一枚一枚のキノコの傘はとても薄っぺらです。

魚のウロコみたい。だから茶色のウロコタケ。