ウスキキヌガサタケに来た虫たち

梅雨に入ったけど1日中晴れの予報の日、山に行きました。

丁度昼になったので、車を止めてお昼ご飯を食べた後付近を散歩しました。

すると落ち葉の中にウスキキヌガサタケ。

スマートでほっそりのウスキキヌガサタケ。

午前中早い時間帯ならもう少し傘が開いてまん丸っぽいのでしょうが、遅いのでもうマントが閉じかかっています。

そして小さな虫が・・・

虫がだんだん増えるのが面白くて暫く倒木に腰かけて様子を見ることにしました。

虫がだんだん増えました。こんなにびっしりになりました。見事!

下の写真、真ん中に大きな虫が見えています。

これがベッコウヒラタシデムシです。キノコを食べてしまいます。

その他大勢さんはショウジョウバエです。キノコショウジョウバエというのもありますがよくわかりません。この虫たちがあちらこちらに胞子を運んでくれます。

この虫たち、どうしてここにウスキキヌガサタケがあることが分かったのでしょう。

匂い?