櫨の木食堂~ハゼノキ食堂

スポンサーリンク

荒れ地があってその中に大きなハゼノキがありました。

ハゼノキはいっぱい実をつけています。

何か鳥が来ています。

f:id:tonji44:20210113212738j:plain

ツグミでした。

f:id:tonji44:20210113212750j:plain

f:id:tonji44:20210113224416j:plain

これはシロハラ。

山に鳥のエサとなる実が少なくなってきて、まだ実がついている木には次々にお客さんが訪れます。

f:id:tonji44:20210113212758j:plain

ヒヨドリもヒーヨと鳴きながらやって来ました。

f:id:tonji44:20210113212809j:plain

ムクドリは団体さん。

f:id:tonji44:20210113212818j:plain

おいしそうに食べています。

f:id:tonji44:20210113212827j:plain

ツグミの下の緑はメジロ。

メジロも実を食べるのかなあ。

みんなが来ているから来てみただけかも。

f:id:tonji44:20210113212836j:plain

カワラヒワは1羽で来て高みの見物。

f:id:tonji44:20210113212848j:plain

 最後にやってきたこれは・・・アカハラ?

f:id:tonji44:20210113212901j:plain

次から次にいろいろな鳥がやってくるので面白くて、長い間眺めていました。

するとそこで気付いたことがあります。

この木には「この木は俺のものだ」と思って守っている鳥がいるということです。ほかの鳥が食べ始めると必ず出てきて、追っ払おうとするのです。

1羽の鳥は逃げますが、数羽できたときは逃げるふりして他の枝に飛び移ってしまいます。

だけどこの食堂の主は威張っています。その鳥は下の写真です。

シロハラです。

f:id:tonji44:20210113221223j:plain

今日はハゼノキの横で、鳥たちの「鳥模様」を眺めたり、写真撮ったりの楽しい日でした。