空調ジャンバーを着て見て回ったノヒメユリ

スポンサーリンク

長いこと雨が降りません。

草原の植物たちは大丈夫かなと思って見に行ってきました。

f:id:tonji44:20200823151032j:plain

大丈夫でした。

野原の植物というのは強いものだと感心しました。

 

ノヒメユリが顔を出していました。

私の好きな花です。

f:id:tonji44:20200823151035j:plain

小さなユリです。

下の写真、こんなに小さいのです。

この写っている左腕は長袖?

そうです。草原に着いたのは真昼。

曇りの予報だったのですがカンカン照りです。

たぶん34度くらい。

そこで車の中から取り出して着てみたのが空調ジャンバー(空調服)・・・です。

空調ジャンバーとは背中に小型の扇風機が2個付いていて、それが空気を服の中に送り込むというシステムです。

f:id:tonji44:20200823151047j:plain

 

下が表(おもて)です。扇風機のような小型ファンを背中側の両側に取り付けます。

f:id:tonji44:20200823154748j:plain

 

下は裏側です。バッテリーがあって、それを充電して扇風機につなぎ、バッテリーは内ポケットに入れます。バッテリーはスマホより少し重くて210g位です。

さてさてその効果のほどは?

空気が外から送り込まれますので服がぷ―っと膨れます。そして空気が背中を通って首筋に抜けていきます。

結構効き目があって涼しいです。

所が草原で長い間歩きまわると体に熱が溜まってしまうし、外気温は高くなるわで思ったほど涼しくなくなりました。だけど脱いでしまおうとは思いませんでした。やはり着ていた方が涼しいです。

ということで着てみる価値はありそうです。面白いし・・・。

因みにこれは息子が買ってくれました。格安5千円以下だったとか。

もうちょっと高いのならまだ効果があったのかなあ?

f:id:tonji44:20200823154803j:plain

それを着て見て回った真夏の草原のノヒメユリ。あちこちに咲いていました。
f:id:tonji44:20200823151056j:plain

綺麗です。

f:id:tonji44:20200823151107j:plain

 

熱中症にならないように、時々車に戻って冷房に当たります。空調ジャンバーの背中から、冷たい空気が送り込まれます。

ノヒメユリのほかにもいろいろの花を見ることができて幸せでした。