チョウセンイタチがすぐ近くに来ました。

スポンサーリンク

 

 

大きな森のはずれに小さな池がありました。

夏は蛍が飛び交う池です。

その池の脇で、小鳥たちが水飲みに来るのを待ってカメラを構えていました。

 

暫くして左手のすぐ近くに何か気配を感じました。

びっくりしてカメラを向けましたが近すぎ!

f:id:tonji44:20200122214148j:plain

少しづつ近づいてきます。

f:id:tonji44:20200122214201j:plain

私をじっと見ています。初めての経験。

「じいちゃん何してるの」

「小鳥が来るのを待っているんだよ。君は何してるの」

「僕も小鳥が来るのを待っているんだよ。小鳥が来たらどうするの」

「撮るんだよ」

「一緒だね。僕も獲るんだよ。そして食べるのさ」

「そこがじいちゃんと違うけどまあいいか」

f:id:tonji44:20200122214308j:plain

何と可愛い目。

f:id:tonji44:20200122214722j:plain

そしてどこかへ行ってしまいました。

その時撮った頭が入らなかった写真。

尾の長さが胴体に比べて随分長いです。だからニホンイタチではなくて、チョウセンイタチだと思います。

f:id:tonji44:20200122214920j:plain

 

きょうはイタチとこんなに近くで会えて、とっても幸せな日でした。