タシロラン 幽霊みたい。 

スポンサーリンク

f:id:tonji44:20190628103456j:plain

静かな森の小道を歩いていました。

小道というより小径という方が似合いそうな道です。

「哲学の小径」

だけど最近誰も歩いていないような道です。

 

落葉の中に何か白いものが。

この白い色はタシロランです。

イモネヤガラと同じく、葉のない菌従属栄養植物です。

 

f:id:tonji44:20190628103515j:plain



葉緑素を持たない・・・。この色ならなんとなくそれっぽく感じます。

背の高さは40センチ位ありました。

f:id:tonji44:20190628103539j:plain

なんだか幽霊ラン呼びたくなります。

f:id:tonji44:20190628103603j:plain

だけどちゃんときれいな花が咲いています。

f:id:tonji44:20190628103624j:plainタシロランがこのように地上に痕跡を残すのは2、3週間だそうです。

枯れてしまうと地上には何もありません。

その代り地下には芋状の塊茎が年中あるということです。

タシロランの世界は地下です。

もしかしたら、人間も同じようなものかもしれません。地上に100年くらい生きていますが、本体は宇宙にあって、そこからぷくっと100年間地球に現れただけかも。