ナミキソウとコナミキ 波が来るところに

スポンサーリンク

宮崎県北の海岸で、ナミキソウとコナミキを見てきました。

今までなかなか花と時期が合いませんでしたが、今回は丁度良い頃でした。

タツナミソウ属の海浜植物です。

だけど生えている環境が少しだけ違いました。

ナミキソウは砂地。コナミキは海岸の荒地という感じでした。

 

まずナミキソウです。30センチ位の「直立」です。

f:id:tonji44:20190530145927j:plain

葉も感じがいいです。少しのこぎり。

f:id:tonji44:20190530145946j:plain

花の咲いていない様々な植物の中で、突然この色に出会うとどっきりします。

f:id:tonji44:20190530150008j:plain

青紫色というのでしょうか。

f:id:tonji44:20190530150030j:plain

 

次はコナミキです。10センチか20センチ位。

波打ち際から近いのですが、ナミキソウが広い砂浜の上の草地に対して、これは岩場の横の流木とか海藻とか様々なものが打ちあげられている荒れ地でした。

f:id:tonji44:20190530150146j:plain

 

 直立ではなくて這っていました。

f:id:tonji44:20190530150205j:plain

ナミキソウに比べて小さいことはもちろんですが、色も薄いです。

f:id:tonji44:20190530150227j:plain

花は数ミリ。

f:id:tonji44:20190530150248j:plain

殆どが2個づつついていました。

f:id:tonji44:20190530150305j:plain

両方とも台風の時は波が来るところです。

波が来る・・・だから波来草です。