エビネ 北のエビネと南のエビネ

スポンサーリンク

宮崎県の北の六峰街道と、南の霧島山系に行きました。

両方とも標高千メートル位の車で行ける所です。

 

両方でエビネを見ました。

エビネといっても色が違うなあと思いました。

まず下の写真は六峰街道のエビネ。

f:id:tonji44:20190522084800j:plain

 

次に霧島山系のエビネ。上に比べて色が濃いです。

たまたまかも知れません。

f:id:tonji44:20190522084854j:plain

次は六峰街道の方の環境など2枚です。ここは杉の植林してあるところでした。

山の中を歩いていて、ひょっこり出会うととってもうれしいものです。

何か所もありました。

f:id:tonji44:20190522085131j:plain

f:id:tonji44:20190522085153j:plain

 

次は霧島山系の2枚です。遠目でも色が濃いなあと思いました。

f:id:tonji44:20190522090030j:plain

f:id:tonji44:20190522144220j:plain

 

このエビネは通称「ジエビネ」と呼ばれています。最も一般的で最も多い基本種です。

1970年代から1980年代にかけてエビネブームが起きました。

それまでは山に普通にあったのですが、宮崎県でも採り尽くされてしまいしました。

ジエビネはあまり人気がなかったので、かろうじて残ったのが今少し復活しています。