「キブシが咲きました。 これが咲くとほら夏ですね」

スポンサーリンク

「キブシが咲きました。これが咲くとほら夏ですね」

これは以前、植物博士と呼んでる方と一緒に歩いていたと時、咲きだしたキブシの花を見て口にされた言葉です。

その時は、まだ春なのに…と思いましたが、今キブシが咲いているのを見ると、にわかに暖かくなるその空気がなんとなく夏を感ずるのだなと思いました。

 

f:id:tonji44:20190407140240j:plain

キブシの木は山道を走ると所々で出会います。今の季節だから分かる木です。

淡い黄色の花をたくさんぶら下げていますから。

f:id:tonji44:20190407140255j:plain

f:id:tonji44:20190407140313j:plain

f:id:tonji44:20190407140337j:plain

キブシは漢字で書くと木五倍子と書くのだそうです。

実が黒色染料として使われるヌルデのフシ(五倍子)の代用として使われるからだそうです。

 

f:id:tonji44:20190407140404j:plain雌雄異株で雄花と雌花があるそうですが、これはどちらだろう?

雄花かな。

確かにこの木五倍子の花を見たころから、光が夏を感ずるようになりました。