野生のツクシスミレ

スポンサーリンク

山の登る途中の土手にツクシスミレ(筑紫菫)が咲いていました。

この場所を見つけたのはもう何年も前です。

最初見つけた時は夏で、葉と花殻でした。

たぶんそうだろうと思って、次の春に花が咲くのが待ち遠しかった記憶があります。

数は最初からしても、増えもせず減りもしない感じです。

宮崎県ではほかの場所では見たことがありません。

 

小さくてかわいいスミレです。

f:id:tonji44:20190314212252j:plain

ツクシスミレはなんといっても葉が変わっています。スプーン型です。

f:id:tonji44:20190314212353j:plain

 

f:id:tonji44:20190314212436j:plain

 匍匐茎(ほふくけい)といって、根元から茎が伸びて着地し、また新しいツクシスミレが生まれます。赤ちゃんみたいな。

f:id:tonji44:20190314212505j:plain

 

岩にもくっついていました。

f:id:tonji44:20190314212524j:plain

f:id:tonji44:20190314212614j:plain

 

左はタチツボスミレです。比べると花が小さいです。

f:id:tonji44:20190314212636j:plain

まだしばらくは咲き続けることでしょう。