アオサギの婚姻色がきれい

スポンサーリンク

一昨日、雨の中鳥見に行ってきました。

雨の中でも平気な鳥がいます。いわゆる水鳥と呼ばれている鳥たちです。

サギ類も平気です。

 

田んぼにきれいに色づいたアオサギがいました。

 

雨粒が写り込んでいます。

f:id:tonji44:20190220095515j:plain

嘴と足がピンク色。

これが婚姻色と呼ばれているものです。

時期的にはとても早すぎる気がしますが、このオス早熟なのかなあ。

 

婚姻色というのは、普通、魚類のウグイ、タナゴ、紅鮭などが、繁殖の時期になると赤く染まってくるのを言いますが、鳥類でもサギなどについてはそう呼ばれることがあるようです。

鳥類は繁殖期になると鮮やかになるものが多いですが、それは普通「繁殖羽」、または「夏羽」と呼ばれます。

このサギ類については、その繁殖期のうち特に色の発色の鮮やかな短期間を、魚類などになぞらえて婚姻色と呼ぶようです。・・・というのは私の理解です。間違っているかも。

f:id:tonji44:20190220095600j:plain

f:id:tonji44:20190220095640j:plain

昨日、近くにいた婚姻色の出ていないアオサギです。

f:id:tonji44:20190220095702j:plain

 

その隣には、宮崎で唯一越冬しているナベヅル。

宮崎の人を楽しませてくれています。

この前は、ナベヅルを見に延岡から来た人に会いました。

このナベヅル君、出水にいたら見向きもされないでしょうに、宮崎では人気者です。

f:id:tonji44:20190220095724j:plain

しばらくは、サギ類・・・ダイサギ、チュウサギ、コサギなどの婚姻色を探すのも楽しみです。