奥山で見た。野生のヒュウガオウレンの白い花。

スポンサーリンク

もうすぐ立春。

春がそこまで来ています。

 

林の中には小川が流れていました。

余り日が当たらず苔が生えています。

その中に小さな白いもの。

f:id:tonji44:20190129211150j:plain

 白いのは花です。

そこに咲いているのはヒュウガオウレン。

立春を待ちきれづに咲いた花。

小さい小さい花。スミレより小さい。

そこら付近、あちらにもこちらにも。

小さいから踏みつけそう。

f:id:tonji44:20190129211307j:plain

f:id:tonji44:20190129211242j:plain

f:id:tonji44:20190129211229j:plain

花を拡大してみました。
黄色は花弁、真ん中の緑色は雌しべ、白く伸びているのが雄しべだそうです。
          

f:id:tonji44:20190129211404j:plain

 

ここにいつまでも残ってくれるのを願うばかり。

f:id:tonji44:20190129214226j:plain

 

その林を小川に沿ってずっと下ってみました。

もうヒュウガオウレンはありません。

花もないし小鳥もいません。それが普通の冬の山。

どこまで行っても川は続いています。

このまま行ったら海に出るのかなあ?

 引き返すきっかけが掴めずにいたら、倒木のため行き止まりになりました。

やっと引き返す決心がつきました。